仮面ライダーV3 [必殺技辞典]

TOPへ
TV版 1973年2月17日〜1974年2月9日放映 全52話
劇場版 『仮面ライダーV3対デストロン怪人』 1973年7月封切

<ストーリー>
仮面ライダー1号&2号は長い戦いの末、遂にゲルショッカーを倒し、地球に平和が訪れた。が、それは束の間の平和だった。 本郷猛の後輩である風見志郎はある日、自分の両親と妹を怪人ハサミジャガーに惨殺されてしまう。家族の仇をとりたい志郎は、自分を改造人間にしてくれと1号&2号ライダーに頼む。が、個人の復讐の為に力は貸せない、との理由で2人は志郎の頼みを断った。 1号と2号は、とあるアジトの部屋に潜入するが、そこで2人は聞き覚えのある声を耳にした。それは滅んだはずのゲルショッカーの首領の声だった。首領はゲルショッカー壊滅後、密かに新たな組織デストロンを結成したのだ。志郎の家族を皆殺しにした怪人ハサミジャガーはデストロンの一員だったのである。 首領は改造人間分解光線を1号と2号に浴びせ、2人は絶体絶命のピンチとなった。が、そこへ現れた志郎が2人をかばって光線を浴び、瀕死の状態になってしまった。志郎を死なせたくはない、と思った2人は志郎の体に改造手術を施した。こうして志郎は仮面ライダーV3として蘇ったのである。 志郎はV3に変身してハサミジャガーを倒した。だが1号と2号は、同じくデストロン怪人であるカメバズーカを道連れに、海の彼方へと消えてしまった。自らを犠牲にした1号と2号の正義の心に打たれたV3は、2人の意志を継いでデストロンと戦い抜く事を誓ったのである。

<作品解説>
本作品は、『仮面ライダー』の続編として企画され、当初は主役のライダーは1号&2号が操るロボットである、というアイデアもあったが、紆余曲折を経て2人が改造手術して誕生したライダー、という事になり、番組タイトルは『仮面ライダーV3』に決定した。 本作品は2話で1つのストーリーが完結するというパターンが採られ、V3の体に秘められた26個の特殊能力[26の秘密]が、1回のストーリーごとに1つずつ解明されていく事になった(但しこのパターンは途中で路線変更により消滅するが)。 アクションにおいてはV3の必殺のキック技に多くのバリエーションを持たせ、多種多様なキック技で敵怪人を倒す、という娯楽性に富んだ内容となった。 更に忘れてはならないのが第43話から登場したライダーマンである。デストロンに裏切られ、処刑されそうになった結城丈二は自らを改造し、ライダーマンとなってデストロンに復讐を誓う。当初は正義の為に戦うV3を敵視するが、次第にV3の正義の心に打たれ、51話では地球を救うべくプルトンロケットに乗りこんで空中で爆死する、というハードでドラマチックなストーリーは、今でも多くのライダーファンの間で名作として語り継がれている。 これらの魅力に加え、体当たりの演技を見せた主役の宮内洋氏に多くのファンがついた事も手伝って、仮面ライダーV3は全ライダー作品で最高の視聴率と人気を獲得するに至ったのである。


● 劇場版
2作公開されているが、1作目の『仮面ライダーV3』はTV版第2話をそのまま上映したものである。

○仮面ライダーV3対デストロン怪人
核物理学者の沖田博士は、幻といわれた放射性物質“サタンニウム”の鉱脈を発見し、悪用を恐れて封印した。だが世界征服を企むデストロンは博士を誘拐し、鉱脈の場所を教えるように迫る。デストロンの陰謀を察知した風見志郎と立花藤兵衛は、そのアジトに乗り込み博士を救出しようとするが、怪人“タイホウバッファロー”の攻撃で博士は殺害されてしまった。
今はの際にある博士から、サタンニウムの鉱脈が四国にあること・その場所を記した地図を高知に住む博士の妹が持っていることを聞いた志郎たちは四国に乗り込む。だがデストロンもまたその情報を入手しており、彼らを抹殺せんと再生怪人軍団を率いて待ち受けていた。
四国を舞台に繰り広げられる地図争奪戦。仮面ライダーV3と仲間たちは、デストロンの陰謀を阻止できるのであろうか!?
『東映まんがまつり』にて公開された劇場版。TV第20〜第21話と同じく四国ロケが行われている。

逆ダブルタイフーン 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
「逆ダブルタイフーン」とは、V3・26の秘密のひとつで、 ダブル・タイフーンを逆回転させ、強力な小型ツイスターを放出させ、近隣の敵や物を吹き飛ばすかなり危険な技でした。 一度放出するとその後3時間は変身不能となり、V3にとっては諸刃の剣とも成りうる能力です。 こっから先は余談なのですが……TV版・第37話「怪しの寺 ムササビ族の呪い!」では、 闘いの最中戦闘で出来たぼやを消火する為に……なんと逆ダブルタイフーンを使用!!(何でーーーー!?) ………しかしその後、何も無かった様に闘いに復帰するというシークエンスも存在します。(しかもキッチリ勝ってますV3)(汗(おおがみたいちさんより)

[1]V3キック
[2]V3回転三段キック
[3]V3きりもみ反転キック
[4]V3スクリューキック
[5]V3反転キック
[6]V3ボディアタック
[7]V3マッハキック
[8]V3チョップ
[9]V3ダブル反転キック
[10]V3トリプルパンチ
[11]V3回転ダブルキック
[12]V3ダブルアタック
[13]V3ドリルアタック
[14]V3きりもみキック
[15]V3回転フルキック
[16]V3回転キック
[17]V3反転パンチ
[18]V3フライングキック
[19]V3スカイキック
[20]V3脱出パンチ
[21]V3電撃チョップ
[22]V3きりもみチョップ
[23]V3ドリラー
[24]V3フルキック
[25]V3必殺キック
[26]V3バリヤー
[27]V3バックスイング
[28]V3ロングシュート
[29]V3リターンキック
[30]V3横転キック
[31]V3火柱キック
[32]V3ハンマースイング
[33]V3三段飛びキック
[34]V3顔面パンチ
[35]V3ダイナマイトパンチ
[36]V3ヘッドクラッシャー
[37]V3ダブルキック
[38]V3ファイヤーキック
[39]V3ミサイルキック
[40]V3ダイナマイトキック
[41]V3トライアングルキック
仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
[1]空中に飛び上がり、1回程きりもみ回転をしてからキックを繰りだす技。

[2]空中で全宙を3回おこなったあとに、両足で3回連続蹴りを繰りだす。 何故両足で蹴って、空中で連続で三回蹴りが当たるかは不明。

[3]キックを入れ反転してV3きりもみキックを放つ技、有名なところでいえば大幹部ドクトルG(カニレーザー)のとどめに使用。(ドクトルのししゃさんより )

[4]空中で2回程きりもみ回転しながらライダーキックを決める技。

[5]キックを入れ反転してさらにキックを放つ技。チナミニこれはV3(26の秘密のうちの一つである)

●仮面ライダーSPIRITS
まず敵に対してV3キックを放ち、そしてその反動を利用して空中に飛びあがり反転。その時反転により発生したエネルギーをダブルタイフーンにチャージし、再びより強撃となったV3キックを炸裂させる必殺の二段キック。 強靭な甲殻を持つカニロイドに対して放たれた。 (ドクトルのししゃさん、喜愉塚部波さんより)

[6]V3自らが体当たりする幻の技…カメラモスキートに使った技です。(参照V3第29話ドクトル・ゲー最後の挑戦!より) (ドクトルのししゃさんより )

[7]V3マッハキックとは、身体全体で大回転、そして円盤の様に滑空し、 両足でキックする大技で(TV版・仮面ライダーV3第40話必殺!V3マッハキック!で登場します)
 ※以下、第四十話の特訓、そして会得までの道のりです。

●仮面ライダーSPIRITS
浮き船より飛び上がったV3が、同じく飛び上がり反転した(つまりタイヤ部を上に向けた)愛車ハリケーンの後輪に着地。高速回転する後輪タイヤの反動を利用して再び急上昇しながら円盤のように回転し、敵を追尾しつつ滑空。滑空と回転によって加速した状態から片足でキックを放ち、空中の敵を薙ぎ落とす。 第一部「熱砂のプライド」において翼による飛行能力と羽根飛ばし攻撃でV3キックを破ったタカロイドに対して放たれ、タカロイドの下半身と自慢の翼を奪い去った。 (おおがみたいちさん、喜愉塚部波さんより)

[8]空高くジャンプして手刀を振り下ろす技。 見た目は後のシリーズに登場するアマゾンの「大切断」そのもの。

[9]敵に飛び蹴りをおこなってから、左右に一回ずつ反転をおこない、そのまま両脚で飛び蹴りをする。 スカイライダー編でも何気に登場していて敵(マントコング)にとどめをさしている。

[10]空中からパンチを3回連続で叩き込む。原作では木霊ムササビを倒した技。 原作では何故か3発目のパンチのヒット時に鐘の音が鳴ったが、ゲーム 「仮面ライダー-正義の系譜-」では通常の打撃音に修正されている。 ゲームではLv.2でゲージを50%以上溜めてから出すと出るパンチ系必殺技になっている。(T'sさんより)

[11]初めてデストロンと戦った時に使用した必殺技。体を回転させながら敵にキックを放ち、その反動で再び空中へ。そしてもう一度キックを放つ、V3スクリューキックとV3反転キックの複合技。これで家族を皆殺しにしたハサミジャガーを倒す。 (IG88さんより)

[12]第8話でノコギリトカゲを倒した必殺技。空高く投げ飛ばしたノコギリトカゲが落下してきたところをV3キックで蹴り付ける。 (ABCさんより)

[13]第8話でナイフアルマジロを倒した必殺技。V3・26の秘密の1つであり、身体をドリルのように回転しながら体当たりする事でそのままナイフアルマジロを破壊してしまう。 (ABCさんより)

[14]第10話に初登場した代表的な必殺技。空中にジャンプした後、きりもみ回転してからキックで敵を蹴り付ける。 レンズアリ,カミソリヒトデ,ハリフグアパッチ,サイタンクの4体の怪人達を倒した。 (ABCさんより)

[15]第16話に初登場した代表的な必殺技。空中前転を3回した後に身体を真っ直ぐに伸ばして、両足のキックで敵を蹴り付けるのだが、話数によって『V3フル回転キック』とも言う。 ミサイルヤモリ,ウォーターガントド,カマキリメラン,ヒーターゼミ,オニビセイウチ,ガルマジロン,吸血カメレオンの7体の怪人達を倒した。 (ABCさんより)

[16]第21話でギロチンザウルスを倒した必殺技。空中できりもみ回転をした後、素早いスピードによるキックでギロチンザウルスを蹴り付ける。 (ABCさんより)

[17]第2話でハサミジャガーに対して使用した必殺技。 ハサミジャガーに一度キックで蹴り付けて、空中反転した後に今度はパンチを放つのであり、この必殺技で家族の仇であるハサミジャガーを倒したと思い込んだ。しかし爆発は何かの身代わりでハサミジャガーは逃げたのであった。 (ABCさんより)

[18]第31話でドクロイノシシを倒した必殺技。ドクロイノシシを上空に放り投げた後、自分も上空にジャンプして、両足によるキックでドクロイノシシの腹部をを蹴り付ける。 (ABCさんより)

[19]第39話でバショウガンを倒した必殺技。空中前転をした後、バショウガンの目の前で背面ジャンプによる反転をしてから両足によるキックでバショウガンに蹴り付ける。 (ABCさんより)

[20]第44話でカマクビガメに飲み込まれた際に使用した必殺技。自分を飲み込んだカマクビガメの体内から強力なパンチで破壊してしまうのであり、この必殺技を受けたカマクビガメはそのまま倒された。 (ABCさんより)

[21]第13話でジシャクイノシシに対して使用した必殺技。「V3チョップ」の応用技と思われ、手先にエネルギーを集中した後にV3チョップを放つのであり、この必殺技でジシャクイノシシの左腕に装着されているスーパー磁石を切断した。

[22]第33話でユキオオカミを倒した必殺技。身体をきりもみ回転しながらジャンプして、ダブルライダーが空高く放り投げたユキオオカミにV3チョップを放つで攻撃する。 (ABCさんより)

[23]第37話に登場した必殺技。空中で身体をドリルのように回転させた後、そのまま土の中に潜り込むのであり、この必殺技で住職と珠シゲルが捕らわれていた地下に潜り込んだ。 (ABCさんより)

[24]第45話でサイタンクに対して使用した必殺技。空中前転を3回した後に両足のキックでサイタンクを蹴り付けるのだが、『デストロン最強の怪人』と呼ぶには相応しい怪人サイタンクには「ハリケーンダッシュ」と「V3マッハキック」同様通用しなかった。(ABCさんより)

[25]第48話でデストロン首領に対して使用した必殺技。「V3キック」の強化版と思われるのだが、大して変わっていないように見えるのであり、この必殺技はその首領を庇ったライダーマンが受けてしまう。 (ABCさんより)

[26]V3・26の秘密の1つ。特殊な装置によって全身の表面に特殊なコーティングバリヤーを張って、敵の攻撃を防御する必殺技。初登場した第11話ではピッケルシャークの必殺技「ピッケルフラッシュ」を打ち破った。第19話ではデストロン島を囲うバリヤーを破壊する為にも使用されて、この時は技名の発生はしなかったが、「V3バリヤー」を発生させる際と同じ描写が見られる。このバリヤーは100万Vの電気を吸収できる力を持つが、それ以上の電気は吸収できない為に設定では「4つの死の弱点」の1つとされている。(ABCさんより)

[27]空中で相手の背後をとって、 そのままバックドロップの要領で地面に叩きつける必殺技。

[28]両手で相手を掴んで、スローイングの要領で 遠くまで投げ飛ばす必殺技。

[29]空中に飛び上がってから壁を蹴り上げて 方向を変化させてライダーキックを繰り出す必殺技。

[30]空中で横に回転しながら蹴りを繰り出す。 敵に目をくらまされたためにとっさに使用した技である。

[31]V3の26の秘密の一つで、設定としては 脚に内蔵された小型原子炉で脚部を赤熱化させてキックを放つというもの。 実際に作中で見る限りでは脚部を赤熱化させるように見えず、蹴り上げてるだけのように見える。 威力自体は敵怪人を一撃で爆破している。

[32]相手の象のような長い鼻を掴んで、 おもいっきり叩きつけるようにスイングをする。

[33]他の敵を足場に空中を連続で飛びながら、 目標の敵に向かってライダーキックを繰り出す必殺技。

[34]敵の顔面めがけて繰り出されるライダーパンチ。 相手の顔面を貫くというグロい表現となっている。

[35]勢いよく相手に突進していき強力なパンチを繰り出す必殺技。 敵の怪人を一撃で倒す威力がある。

[36]2体の怪人の頭部同士を挟みこむようにしてぶつけて攻撃をする。 同時に2体の怪人を倒すほどの強力な技である。

[37]空中に飛び上がって開脚をすると共に2体の怪人を同時に蹴りつける。

[38]山火事の際の風を利用して変身をおこない、 そのままライダーキックを繰り出す必殺技。

[39]逆タイフーンの勢いを利用して、 飛びかかってライダーキックを繰り出す必殺技。

[40]逆さまになったようなポーズから空中でライダーキックを繰り出す必殺技。

[41]壁や天井などを利用して三角飛びをおこなってから繰り出されるライダーキック。

V3ドリルキック 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
テレビランドに登場した必殺技。空中前転を行った後、ドリルのように高速横回転をしながらキックを繰り出す。(ABCさんより)

V3火柱アンドスクリューキック 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
テレビランドに登場した必殺技。両足を超高熱火炎を包み込み、そのままスクリューのように高速横回転しながらキックを繰り出す。(ABCさんより)

[1]ハリケーンダッシュ
[2]ハリケーンラストダッシュ
[3]ハリケーン・ブレイカー
[4]ハリケーンスマッシュ
[5]ハリケーンロッククライムジャンプ
[6]ハリケーンジャイロカッター
仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
[1]専用のスーパーマシン、ハリケーンを使った技。最高速度に加速したハリケーンで敵に強力な体当たりを放つ。NEXT版のV3はこの技で1号を吹き飛ばし、一時的に戦闘不可能まで追い込む(IG88さんより)

[2]空中の敵に放つハリケーンダッシュ。通常のハリケーンダッシュより加速が加えられており、その破壊力は計り知れない。主に飛行能力を持つ、ツバサ一族の怪人に使用した。(IG88さんより)

[3]ハリケーンに乗った状態で空中で1回転してから、 ハリケーンを上から叩きつけて攻撃をする必殺技。

[4]ハリケーンに乗った状態で、 素早くターンをおこない周囲の敵を薙ぎ払う。

[5]空中から大量の岩が降ってきたことで使用した技で、 ハリケーンに乗った状態で落下してくる岩を足場にして 飛び上がっていく。

[6]ハリケーンのホイールの横から棒を伸ばして、 それを軸に旋回しながら周囲の敵を薙ぎ払う必殺技。

反動ジャンプ 仮面ライダー1号、仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
テレビランドに登場した必殺技。「パラシュートストップ」でサイクロン号が止まった時の反動を利用してジャンプする。(ABCさんより)

[1]ビッグスカイキック
[2]ビッグスカイパンチ
仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
[1]第36話で火炎コンドルを倒した必殺技。対ツバサ軍団の怪人用に立花藤兵衛と共に開発したのであり、空を飛ぶ専用マシン「ハリケーン」を踏み台にして、大ジャンプした後に空飛ぶ火炎コンドルをキックで蹴り付ける。 (ABCさんより)

[2]第36話で火炎コンドルに対して使用した必殺技。対ツバサ軍団の怪人用に立花藤兵衛と共に開発したのであり、空を飛ぶ専用マシン「ハリケーン」を踏み台にして、大ジャンプした後に空飛ぶ火炎コンドルにパンチを放つ。 (ABCさんより)

必殺きりもみキック 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
第47話でシーラカンスキッドを倒した必殺技。「V3きりもみキック」の強化版と思われるのだが、大して変わっていないように見える。 (ABCさんより)

ライダー遠心キック 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
第4話でテレビバエとイカファイヤを倒した必殺技。V3・26の秘密の1つであり、上空を大旋回した事で発生する遠心力で威力を増した両足による急降下キックでパワーを増幅させた急降下キックでテレビバエとイカファイヤの2体の怪人を同時に蹴り付ける。 (ABCさんより)

ライダーV字キック 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
空中に飛び上がって両足を開いてV字を作るようにして 両足でキックをする必殺技。

レッドボーンパワー 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
V3・26の秘密の1つである必殺技。胸間部にあるレッドボーンに全エネルギーを集中させる事で仮面ライダーV3に強力な破壊力を発揮させる。初登場となった第19話では酸素が抜かれていく上に海底に沈んでいく潜水艇から立花藤兵衛と共に脱出する為に使用された。(ABCさんより)

レッドランプパワー 仮面ライダーV3
仮面ライダーV3
V3・26の秘密の1つである必殺技。変身ベルト「ダブルタイフーン」の真ん中のあるレッドランプが点滅する事で仮面ライダーV3のエネルギー倍増する。初登場となった第10話ではレンズアリが放つ5,000℃の熱光線を発射して、第12話ではピッケルシャークが時限爆弾をセットしたアジトから脱出する為に使用された。(ABCさんより)

ドリルアーム ライダーマン
仮面ライダーV3
このモードはTVでは、第47話「待ち伏せ!デストロン首領!」にたった一度だけ登場したレアなアームなのですが…… 番組中ではなんとバッテリー切れで使えず、5000ボルトの外部電力でないと使用できない為(なんじゃそりゃ) V3&オヤジさんと3人で電源を探し回るというお茶目なシークエンスが印象に残るカセットアーム。(笑) (おおがみたいちさんより)

パワーアーム ライダーマン
仮面ライダーV3
「ロープアーム」と同じく、これも結構ポピュラーな技で先端に三日月状の刃がセットされているのが特徴。 その名の通り、パワーに秀でた(ホントにそのまんま「笑」)アームで、大岩おも切裂く力をもっている。 (おおがみたいちさんより)

マシンガンアーム ライダーマン
仮面ライダーV3
1秒間に1000発の銃弾を連射するというこのマシンガンアームは
TVシリーズの準備設定でのみ存在する物で、TVでの日の目は結局は見れなかった……
「マガジンZ」のコミックスである「仮面ライダーSPIRITS」という本の2巻の作中で遂に使用された!
(おおがみたいちさんより)

ロープアーム ライダーマン
仮面ライダーV3
その名の通り、右腕のアームから特殊ロープを射出し、敵を拘束、もしくは絡めとる為の技。 (おおがみたいちさんより)

ライダーハンマー投げ 仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
相手を叩きつけるように投げ飛ばす必殺技。

エネルギー全開 仮面ライダー1号&2号
仮面ライダーV3
文字通り、仮面ライダーの全エネルギーを開放する技。 V3の起動に際して行った他、体内に核爆弾を持つカメバズーカの動きを封じ、 そのまま太平洋上まで空を飛んで空輸した。 感覚的には、1号がミミズ男の罠を解く際に使った「ライダーパワー」に近いと思われる。(T'sさんより)

パラシュートストップ 仮面ライダー1号、仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
テレビランドに登場した必殺技。本編のOPでも見られるのだが、技名が明らかになったのはリバイバル作品である。専用マシン 「サイクロン号」の後部からパラシュートを射出し、物凄いスピードで走るサイクロン号をストップさせる。(ABCさんより)

トリプル逆タイフーン 仮面ライダーV3&仮面ライダー1号&仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
3人が手を取り合って輪を作って、 ベルトの風車を回転させることによって巨大な竜巻を発生させる。 自身らにも被害が及ぶ捨て身の必殺技となっている。

ライダートリプルキック 仮面ライダーV3&仮面ライダー1号&仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
3人同時にライダーキックを繰り出す必殺技。 ただし一人の敵に繰り出す訳ではなく、それぞれの敵に同時に繰り出すというもの。

ライダートリプルパワー 仮面ライダー1号+2号+V3
仮面ライダーV3
牙男爵と原始タイガーの罠にはまり、窮地に陥った風見志郎。 彼を救ったのはかつて東京を守りカメバズーカと共に海に散った本郷猛と一文字隼人だった。 ついに集結したトリプルライダー。その際に原始タイガーにはなったのがライダートリプルパワー。 1号、2号がサイクロンに乗り、V3が2台のサイクロンの後部に立つ。そしてトリプルライダーのパワーを全放出、 サイクロンのフロントカウルの収束しながら敵に体当たりする。(IG88さんより)

ライダーハリケーンアイ 仮面ライダーV3&仮面ライダー1号&仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
3人が車輪になるように組み合わさり、 空中で高速回転することによって回転する輪の中心部分に 敵を吸い込むことが出来る合体技。

サンドストーム イカファイヤ
仮面ライダーV3
口から砂を吐き出して攻撃をする必殺技。 その真価は命中させた相手のパワーを吸い取ることにある。

インカの呪われた火 火炎コンドル
仮面ライダーV3
第36話に登場した必殺技。南アフリカのインカ帝国遺跡に伝わる炎を自分の特殊能力にしたと思われ、 超高熱を誇る火炎を口から吐き、その炎を浴びた普通の人間は焼き殺されてしまい、 敵のいる所に命中すると爆発を起こす事もできる。 この必殺技でデストロンに従わない人間の抹殺に使用されて、 仮面ライダーV3(風見志朗)を苦戦させる威力を見せた。(ABCさんより)

妨害電波 火炎コンドル
仮面ライダーV3
第36話に登場した必殺技。 特殊な電波で仮面ライダーV3の両目を 一時麻痺させる事により自らの行方を晦ますのであり、 この必殺技でV3が怯んだ隙に空中戦に連れて行ったが、火焔コンドルが電波を流そうとする場面は無かった。(ABCさんより)

カタツブラーの渦巻攻撃 カタツブラー
仮面ライダーV3
第42話に登場した必殺技。 鋼鉄の殻から渦巻状の光線を発生させて目を眩ませる。(アーリマンさんより)

ガルマジロンバック攻撃 ガルマジロン
仮面ライダーV3
第41話に登場した必殺技。 背中に付いているトゲを突き刺して攻撃する。(アーリマンさんより)

血の霧 吸血マンモス(キバ男爵)
仮面ライダーV3
第35話に登場した必殺技。鼻から噴出される赤い毒の霧で敵を撹乱させる。(ABCさんより)

スネークチェーン クサリガマテントウ
仮面ライダーV3
17・18話に登場した怪必殺技。 左手の鎖で敵を縛り付けてから、3千ボルトの高圧電流を流し込んで感電死させる技。(アーリマンさんより)

ダブル毒ミサイル 木霊ムササビ
仮面ライダーV3
第37話に登場した必殺技。人間が浴びるとムササビの死骸にしてしまうムササビ毒が入った砲弾「毒ミサイル」を両腕から2発同時に撃つのであり、毒ミサイルは武器だがコレは射撃技である為に決して武器ではないと思われるが、仮面ライダーV3を苦戦する事はなかった。そのまま止めの『V3トリプルパンチ』を喰らってしまい、そのまま御臨終様です。 (ABCさんより)

甲羅崩し ザリガーナ
仮面ライダーV3
自らの背中に付いている甲羅を足で砕いてから投げつけて攻撃する。(アーリマンさんより)

磁力バリアー ジシャクイノシシ
仮面ライダーV3
第13話に登場した必殺技。左腕に装着しているスーパー磁石の強力な磁力で特殊電磁バリアーを張って、敵からの攻撃を防御する。 しかし、このバリアーは背後には張れないと言う欠点があり、 自分の弱点が背中であると仮面ライダーV3に突き止められてしまった。(ABCさんより)

イノシシダッシュ ジシャクイノシシ
仮面ライダーV3
第13話に登場した必殺技。猛烈なスピードで敵に体当たり攻撃を仕掛けるパワーとスピードのある技。(ABCさんより)

ヒマラヤの悪魔 死人コウモリ(ツバサ大僧正)
仮面ライダーV3
第40話に登場した必殺技。死人コウモリが名付けた細菌を長い舌で人間の身体に注入する事でその人間を自分の意のままに操る。死人コウモリは自分が注入した細菌に堪えられたキヨシの兄を使い、団地の住民全員を細菌を植えつける事によって住民達をデストロンの仲間にしようと企んだ。因みにこの話は前作「仮面ライダー」の第31話「死斗!ありくい魔人アリガバリ」が元ネタである。(ABCさんより)

V3キラー高速回転 死人コウモリ
仮面ライダーV3
V3要に用意した必殺技で、書いてあるとおり、V3の両足首を掴み、 そのままきりもみ状態で叩きつけるというものです。(おおがみたいちさんより)

サンゴミサイル スパナサンゴ
仮面ライダーV3
自身の体の一部であるサンゴを切り取って投げつけて攻撃をする必殺技。 着弾と共に大爆発が発生する。

デビルスプレー スプレーネズミ
仮面ライダーV3
17・18話に登場した必殺技。 鉄の爪が付いている右腕から40度以上の高熱にかかる細菌入りの液体を浴びせる。(アーリマンさんより)

タワーライト セミライト
仮面ライダーV3
体のライトを光らさせることによって、 その眩しさによって相手の目をくらませる技。

催眠テレビ テレビバエ
仮面ライダーV3
第3・4話に登場した必殺技。両目の部分となっている2つの小型テレビから渦巻状の催眠光線を発射して、光線を浴びた事で催眠状態となった相手にデストロンへの忠誠心を持つようになるのであり、テレビバエは東京中の人間をデストロンの意のままに操ろうと企んだ。この必殺技で立花藤兵衛を操る事に成功したが、改造人間である風見志郎(仮面ライダーV3)には通用しなかった。 (ABCさんより)

殺人電波 テレビバエ
仮面ライダーV3
第4話に登場した必殺技。両目の部分となっている2つの小型テレビから強力なフラッシュ光線を発するのであり、催眠テレビが通じなかった仮面ライダーV3も両目にダメージを与える威力を見せた。このフラッシュ光線は普通の人間なら一撃で殺してしまうと思われる。(ABCさんより)

テレビ光線 テレビバエ
仮面ライダーV3
顔面のモニターの目の部分から光線を発射して攻撃をする。 命中と共に大爆発を巻き起こす。

コントロールヴィールス ドクバリグモ
仮面ライダーV3
第20・21話に登場した必殺技。特殊能力として右手の注射器に入っている毒液であり、ドクバリグモの注射器に刺された者は体内に毒液を注入される事でデストロンの意のままに操られてしまうのだが、仮面ライダーV3(風見志朗)のような改造人間には何の効果は出ない。毒液を注入された人間を元に戻すには、ドクバリグモの左脇にある血清のカプセルを使う以外に方法はない。 (ABCさんより)

弾丸鋼鉄球 ナイフアルマジロ
仮面ライダーV3
7・8話に登場したナイフアルマジロの必殺技。 自らの体を丸めて突撃する。しかもその状態では鋼鉄のように硬い。この技でV3を一度は破った。(アーリマンさんより)

ピッケルフラッシュ ピッケルシャーク
仮面ライダーV3
11・12話に登場した必殺技。 ピッケルになっている右手から強烈な閃光を放出し、ダメージを与える。(アーリマンさんより)

バブル・シュート ヒルカメレオン
仮面ライダーV3
腕部の砲身から泡を発射して相手を閉じ込める技。 泡の中では通常は風が吹かないので、この中では変身することが出来ない。

熱線レインボー プリズムバット
仮面ライダーV3
『別冊冒険王』のオリジナル怪人の、頭部のプリズムで熱線を放つ虹を作る技。 (Z-遁さんより)

ウルトラブリザード ユキオオカミ
仮面ライダーV3
33話に登場した必殺技。 何でも凍てつく吹雪を吐いて攻撃する。(アーリマンさんより)

殺人レーザー レーザーガニ
仮面ライダーV3
額の部分から強力な光線を発射して攻撃をおこなう。


TOPへ