さよなら絶望先生  [必殺技辞典]

TOPへ

千里眼 木津千里
さよなら絶望先生
第18話「見合う前に跳べ」初登場。
糸色望を見失った時、風浦可符香の「心の目で見る」という台詞をヒントに、額に封じられていた「心の目」を開く。
見えないものを透視して対象を探し当てたり、長距離(地球を一周して自分の背中が見える位まで)を見渡したりする。また国の未来も見えるらしい。
命名は可符香。木津千里(ちり)と千里(せんり)眼をかけた駄洒落を言いたいがためだけに、誰もが「イメージですよね!?」と疑いたくなるぐらい恐ろしいことになってる。(和原中経さんより)

絶望タイタン リリキュア
俗・さよなら絶望先生
第7話初登場。 携帯を構え、 目の前に展開させた8枚の札を回転させてから、 連続で飛ばす攻撃。


TOPへ