ウルトラマンレオ [必殺技辞典]

TOPへ

[1]ウルトラショット
[2]ウルトラチョップ
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
[1]ジャンプして両手の先から敵の頭上に打ち込む破壊光線。 第43話のデモス戦と第45話のブリザード戦で使用した。(カニマスクさんより)

[2]第5話などで使用。空手や拳法が得意のレオが使用する必殺技の1つ。 多用する「レオキック」同様に赤色のエネルギーを右手に集中させ、 そのままチョップを振り下ろす。 その威力は怪獣を真っ二つにしてしまうほどである。

ウルトラ太陽おとし ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
太陽を背に飛び上がって、 そこから熱光線を発射して攻撃をおこなう。

ウルトラマントミラー ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ第37話「怪奇!悪魔のすむ鏡」にて、ウルトラマントを腕話の状態から光線化し、マントのかかった巨大な鏡に変形させて、鬼女マザラス星人の作りだした鏡の世界からの脱出に使用した。 (佐野さんより)

ウルトラレオマナイト ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
敵を掴んだ状態から自身を爆発させるようにして攻撃をする必殺技。 タロウで言う「ウルトラダイナマイト」的な名称となっている。

エネルギー光球 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
右手に灼熱の破壊エネルギーを集中させ、相手に投げつける。ウルトラマンレオの基本技は格闘技であり、初期では光線技はあまり目立っていない。主に敵にダメージを与える小技として使用されることが多い。しかし、このエネルギー光球はウルトラマンレオが初めて使用した光線技であり、第8話でベキラ、第15話でフリップ星人などでは決め技となった強力な技でもある。(カニマスクさんより)

エネルギー放電 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第19話「よみがえる半魚人」にて使われた、変身する際に生じるエネルギーを稲妻のように放出し、敵を跳ね飛ばす技。
半魚人ボーズ星人との戦いで披露した。 (佐野さんより)

きりもみキック ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
回転しながら落下して相手を蹴る、モロボシ・ダンとの特訓で編み出した必殺キック。第2話ではブラックギラスとレッドギラスの首を同時に蹴り飛ばした。必死の特訓の末に編み出したわりには一度しか使用していなかったりする。「ウルトラマン Fighting Evolution 2」でも使用できる。(カニマスクさんより)

グリーンビーム ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
両手を開いて腕の部分から グリーン色の光線を放つ技。 相手の闘争心をおさえる効果がある。

クロスチョップ ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第9話「宇宙にかける友情の橋」にて使用した、上空へと高くジャンプしながら、胸の前で交差した両腕をはさみのように使い、敵の弱点を切断する技。
多量の溶解泡を噴出する宇宙星獣ギロ星獣の二本の触角を一瞬にして折り、敵の得意技を封じるとともに、そのまま絶命させた。(佐野さんより)

5回てんキック ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
人間状態での鉄棒特訓をヒントに編み出した必殺技。 空中でクルクルと回転しながら蹴りを繰り出す。

シューティングビーム ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
腕を水平に伸ばして打ち出す破壊光線。第41話でブラックドームに使用した右腕のみのタイプと、第49話のノーバ戦で見せた両腕タイプがある。また、ウルトラマンレオの怒りのエネルギーと関係するらしく、第51話の最終決戦ではブラックスターをも破壊してしまった。(カニマスクさんより)

縮小光線 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第10話などで使用。触れることで手のひらから対象を縮小する光線を出す技。 こんな便利な技があれば、どんな怪獣でも小さくして倒せそうなものでもあるが・・・。

水晶返し ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第51話「さようならレオ! 太陽への出発」にて、ブラック指令が持つ円盤生物を操る水晶球に、エネルギーを注入して投げつけた技。
梅田トオル達がブラック指令から奪った水晶球を、円盤生物ブラックエンドに投じて粉砕した。(佐野さんより)

スパーク光線 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
ビームランプから発せられる破壊エネルギー閃光。 第40話でシルバーブルーメを倒して以来、円盤生物戦で多用される。(カニマスクさんより)

ダークシューター ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
右手から発射される黒色のヤジリ型光弾。第47話でブラックテリナを撃墜した。(カニマスクさんより)

大回転キック ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
地上で車輪のように回転しながら蹴りを繰り出す。

タイマーショット ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
両手を左右に広げてカラータイマーから発射する破壊光線。 第31話でバーミン星人、第42話でアブソーバを倒した。(カニマスクさんより)

チェンジングビーム(II) ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第27話に登場したオニオンに使用した技で、両手から光線を発射して怪獣をモノに変化させてしまう。 この時オニオンは自身の好物のリンゴの木に変えられてしまった。 更に額から出すチェンジングビームIIでそのリンゴの木に見事に実を実らせた。

流れ斬り ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
特訓によって生み出された新たな技の1つ。 流れるような両手の手刀を繰り出して、 対象を切り裂く。

ハイスピン ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
特訓によって生み出された新たな技の1つ。 両手を広げ高速回転することで、相手の攻撃によって 付着した体の異物を拭い去る。

バックチョップ ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第6話「男だ! 燃えろ!」にて暗闇宇宙人カーリー星人との戦いで編み出された技。
敵に背を向けて立ち、油断した相手が近づいてきたところを見計らって、両腕を頭上に伸ばし、強烈なダブルチョップを打ち込む。
カーリー星人の両肩から生えている鋭利な角を、根元から同時に素早くたたき折った。
ゲンはこの技を会得するために丸太をカーリー星人の刃に見立てた猛特訓を開始したが、その姿を見たダンは「丸太には憎しみの感情がない」としてジープによる特訓を開始した。(佐野さんより)

ハンドスライサー ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
ジャンプして振り下ろされる必殺チョップ。 第5話ではカネドラスを真っ二つにしたり、第37話ではスペクターをバラバラに粉砕した。 さらに『ウルトラマンメビウス』第34話にも使用され、リフレクト星人の剣を叩き折った。 (カニマスクさん、ジャックさんより)

ハンドビーム ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
両腕を腰だめにした状態から上空へ打ち出す赤色の破壊光線。第45話のブリザード戦で使用した。(カニマスクさんより)

ビームランプ光線 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
額から発射する光線技。 攻撃に使ったりも出来るが、攻撃以外にも利用することが可能。 攻撃に使用した場合は敵の細胞を焼き尽くす。

風車戦法 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第30話「怪獣の恩返し」にて宇宙鶴ローランの羽根から作り出した風車を巨大化させ、エネルギーを注ぎ込んで投げつけた、一度きりの戦法。
ローランを執拗に付け狙うマグマ星人との戦いにおいて繰り出し、その胸に突き刺すことで撃破した。(佐野さんより)

ボディブーメラン ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第7話に登場したのケンドロスの特殊能力である花びらブーメランを破るために特訓の末に編み出した技。 空中でUFOの如く高速回転して、光のブーメランとなって敵に特攻をしかける。 この技でケンドロスの頭上のブーメランを切り落とすと共に大ダメージを与えとどめをさした。

リライブ光線 ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ第9話「宇宙にかける友情の橋」にて、一度倒した宇宙星獣ギロ星獣を蘇生させたリング状の光線。
顔の前で両手をクロスさせ、振り下げると同時に目から放つリング状の光線で、死んだ怪獣を復活させることができる。 (佐野さんより)

[1]レオキック
[2]レオクロスビーム
[3]レオ全身発光
[4]レオリフト
[5]レオブロー
[6]レオスパーク
[7]レオパンチ
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
[1]レオが最も得意とする技で使用頻度も高い。1000メートル上空までジャンプし、右足(左足や両足の場合もある)を赤色に発光させながら敵を蹴る。さらにきりもみキックなどのバリエーションも豊富である。なぜか円盤生物に対しては効果が薄い。『ウルトラマンメビウス』第34話でも使用され、メビウスとのキックの威力の違いを見せ付け、さらにメビウスとの同時攻撃によりリフレクト星人の体を貫いている。因みにこのときは右足が赤色に発光するのではなく炎を纏っていた。 (ジャックさんより)

[2]両腕を振るアクションの後に額のビームランプから発する赤色の破壊光線。 第28話でキングパラダイを倒した。(カニマスクさんより)

[3]両腕を開いて全身から熱エネルギーを放射する。第39話で北極星の氷塊に閉じ込められたアストラを救うために使用した。(カニマスクさんより)

[4]敵怪獣の巨体を持ち上げて地面に叩きつける荒技。 第19話のボーズ星人戦では決め技となった。(カニマスクさんより)

[5]発達した肺の肺活量によって 敵の体に空気を送り込むことによって、 瞬く間に風船にしてしまうという技。

[6]レオブレスレットを装備した状態で使用可能な技。 切断力があるエネルギー光刃を複数飛ばして攻撃する。

[7]レオが使用するパンチ攻撃。 見た目など、普通にパンチとかわらない。

レオ2段蹴り ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第8話「必殺! 怪獣仕掛人」にて会得した、敵の正面から高々と空中にジャンプすることで、敵の背後に回ったのち、更に着地点の斜面を蹴って方向転換するとともに、反動を生かして空中から蹴りつける技。
前方からの攻撃には絶対的な防御力を誇る暴れん坊怪獣ベキラとの緒戦で敗北した後、モロボシ・ダン隊長に修行を命じられたおおとりゲンが会得したもので、ベキラの弱点である背中に炸裂させ、見事に撃破した。(佐野さんより)

レオヌンチャク ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第11話「泥まみれ男ひとり」にて工場の煙突を引き抜き、ウルトラ念力でヌンチャクに変形させて使用する戦法。
得意とする空手拳法と組み合わせることで、より効果的な戦闘を可能としている。
怪異宇宙人ケットル星人の槍に対抗するために用い、激しい攻防を繰り広げた。(佐野さんより)

レッド手裏剣ビーム ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
第17話でウルフ星人のジャンプ時に両足を狙い動きを封じようとした手裏剣のようなビーム。(カニマスクさんより)

ウルトラダブルフラッシャー ウルトラマンレオ+アストラ
ウルトマンレオ
ガロン、リットル、アトランタ星人にとどめをさした、弟のアストラと一緒に放った兄弟合体光線。 前にいるアストラが片膝をついた状態で頭の上で両手を合わせ、後ろにいるレオがアストラの 両手を挟みこむことで、アストラ両手の指先から赤色の破壊光線が発射される。 漫画版だと「レオ兄弟光線」「合体兄弟光線」という名称で使用されたりもする。

アストラシャワー アストラ
ウルトラマンレオ
第36話「飛べ! レオ兄弟 宇宙基地を救え!」にて、炎上したマッキー2号に放ち、搭乗していたモロボシ・ダン隊長の命を救った技。
合わせた両手から特殊な消化液を噴射し、どんな炎でも一瞬で消し止める。
無重力空間や飛行中などの状況下でも使用可能。 (佐野さんより)

ウルトラリダクション アストラ
ウルトラマンレオ
ミクロ化して相手の体内に入り込み、内部から敵を粉砕するという捨て身技。第46話でハングラーを粉砕した。(カニマスクさんより)

キング再生光線 ウルトラマンキング
ウルトラマンレオ
第50話「恐怖の円盤生物シリーズ! レオの命よ! キングの奇跡!」にて、円盤生物星人ブニョによってバラバラにされたウルトラマンレオに浴びせかけ、命と肉体を再生させた再生エネルギー光線で、別名「キングビーム」。
全身を青く発光させた後、顔の前で両手をクロスして発射する。
ウルトラマンレオのエネルギーはこの光線によってチャージされ、復活したレオのカラータイマーも青色に輝いていた。(佐野さんより)

キングスパーク ウルトラマンキング
ウルトラマンレオ
第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」にて、暗黒星人ババルウ星人の化けたニセアストラが、盗んだウルトラキーの破壊光線でウルトラ兄弟を撃ち殺そうとしたため、姿を見せることなく空中から放射し、ウルトラキーを真っ二つにへし折った、落雷のような電撃ビーム。(佐野さんより)

キングフラッシャー ウルトラマンキング
ウルトラマンレオ
第26話「日本名作民話シリーズ! ウルトラマンキング対魔法使い 一寸法師より」にて、ウルトラマンレオのシューティングビームとともに、怪獣人プレッシャーを前後で囲んだうえで放ったエネルギー光線。
両手を水平にして、前方へ突き出して発射する黄色いエネルギー光線。(佐野さんより)

洗礼光線 ウルトラマンキング
ウルトラマンレオ
胸部の赤い部分から発射される光線。第39話でニセ・アストラに使用し、その正体を見破った。(カニマスクさんより)

ウルトラダブルスパーク ウルトラマンレオ+アストラ
ウルトラマンレオ
第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」にて、真っ二つに破壊された光の国のコントロール装置「ウルトラキー」を一瞬で復元した、レオと共に放つ物質復元光線。
兄弟が向かい合って両手を組んだ後、その手を正面に向かって上下に開き、復元エネルギーを照射する。(佐野さんより)

コンビネーション・チョップ ウルトラマンレオ&ウルトラマンジャック
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ&ウルトラマンジャックが第34話に登場したアシュランにとどめをした技。 両サイドから前方に宙返りをしながら繰り出す、チョップ攻撃。 新月になった瞬間にこの技を使用したので、何をやってるのかとにかく見えづらいのが特徴。

ダブルストリウム光線 ウルトラマンタロウ&ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
タロウの「ストリウム光線」にレオが力を貸すことによって、 二人で同時にストリウム光線を発射するという合体技。

3戦士トリプル光線 ウルトラマン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ第38話「決闘!レオ兄弟対ウルトラ兄弟」にて、ウルトラキーを盗んだニセアストラ(正体は暗黒星人ババルウ星人)をかばうウルトラマンレオに対し、ウルトラマン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースの三人で放った光線。
全員が両腕をL字型に組み、右腕から発射した。 (佐野さんより)

目くらまし戦法 アストラ
ウルトラマンレオ
第33話「レオ兄弟対宇宙悪霊星人」にて、「宇宙悪霊」の別名を持つ宇宙悪霊アクマニア星人に対して繰り出し、地面に倒れ込ませた特殊戦法。
太陽を背にして立ったうえで、太陽光を増幅させてフラッシュのように敵に浴びせ、目をくらませる。 (佐野さんより)

花火状熱線 暴れん坊怪獣ベキラ
ウルトラマンレオ
口から吐く火。花火っちゃぁ花火。(カニマスクさんより)

アトミックランス 怪異宇宙人ケットル星人
ウルトラマンレオ
万能のヤリによる必殺技。ヤリからは光弾も出る。(カニマスクさんより)

ドラスカッター 凶剣怪獣カネドラス
ウルトラマンレオ
頭部の巨大な角をアイスラッガーのように飛ばす必殺技。これによりマッキーを次々と撃墜した。だがウルトラマンレオの真剣白刃取りにより空中でカッターを奪われて逆に投げ返されたものを顔面に受け、大ダメージを負ったところにハンドスライサーで真っ二つにされた。 しかしこの凶剣怪獣カネドラス、実は月と地球の間の約38万qをわずか30分で飛行、つまり時速76万qというとんでもない超高速飛行能力を持っている。(カニマスクさんより)

アロー光線 コウモリ怪獣バットン
ウルトラマンレオ
耳から発射する光線で相手の動きを一時的に止める効果がある(おにぎり君さんより)

ロウ化光線 黒花星人アトラー星人
ウルトラマンレオ
胸の花弁から発射される光線。これを受けると蝋のようになってしまう。この手段で数々の惑星を滅ぼし、その悪名は宇宙に轟いている。ウルトラマンレオの足を蝋化させて一度は勝利するが、弱点でもある胸の花弁をゲンの乗るマッキー2号Aパーツで射抜かれ、弱ったところをエネルギー光球で粉砕された。(カニマスクさんより)

黒ユリの矢 小熊座人ボック
ウルトラマンレオ
母親の形見の黒ユリを巨大な矢に変えて相手に飛ばす。ボックの両親の仇であるドギューの両目にそれぞれ一本ずつ命中し、花弁が音をたてて回って視力を失ったウルトラマンレオを導いた。(カニマスクさんより)

ニードル弾 殺し屋ノースサタン星人
ウルトラマンレオ
口の中に含んだ多くの針爆弾を吐き出して攻撃する技。α星人宇宙船を撃墜した。ちなみにこのα星人宇宙船はどう見ても巨大なタラコである。(カニマスクさんより)

サーベルビーム サーベル暴君マグマ星人
ウルトラマンレオ
右手のサーベルから発射される光線。サーベルビームだけでなく剣術の腕も相当なもので、特に円月殺法を得意としてレッドギラスとブラックギラスの陣頭指揮を執る。けっこうかっこいいが再登場した第30話では変体と化していた。 「ウルトラマン Fighting Evolution 2」でも必殺技として使用できる。勝利ポーズが「アイ〜ン」に見える。(カニマスクさんより)

風車(かざぐるま) 霧島冴子、狼男ウルフ星人
ウルトラマンレオ
空中でまさに風車のような大回転を行なう。本来は体操選手の冴子が編み出した純然たる体操技である。彼女に憑依してこの技を会得したウルフ星人は、空中で大回転し続けることで敵を攻撃する必殺技とした。(ケケケさんより)

青色ショック光線 双子怪獣ブラックギラス、双子怪獣レッドギラス
ウルトラマンレオ
頭部の角から発射される青い破壊光線。ギラススピンとの同時使用で強力なバリアーを作り出すこともできる。(カニマスクさんより)

赤色破壊光線 双子怪獣レッドギラス、双子怪獣ブラックギラス
ウルトラマンレオ
頭部の角から発射される赤い破壊光線。ギラススピンとの同時使用で強力なバリアーを作り出すこともできる。(カニマスクさんより)

ギラススピン 双子怪獣ブラックギラス&双子怪獣レッドギラス
ウルトラマンレオ
ブラックギラスとレッドギラスが腕を組んで独楽のように回転する必殺技。回転中に角から光線を発し、アイスラッガーをも弾き返すバリアーを作り出す。また、二匹で敵を挟み込みそのまま回転してダメージを与えることもできる。だがウルトラマンレオが特訓の末に編み出したきりもみキックにより二匹とも首を切断された。 「ウルトラマン Fighting Evolution 2」ではマグマ星人の必殺技として登場している。 どこからやって来たやら・・・ そしてどこへ消えていくのやら・・・(カニマスクさんより)


TOPへ