つよきす  [必殺技辞典]

TOPへ
私立竜鳴館の2年生である主人公、対馬レオは両親が出張中なのをよいことに、自堕落な生活を送っていた。昔は熱血漢だったレオは、とあるきっかけで感情に身を任せるのを嫌い、流されるのに任せた人間になっていたのだ。幼馴染の伊達スバル、カニこと蟹沢きぬ、フカヒレこと鮫氷新一とのんびりと過ごし、竜鳴館の生徒会長である『姫』こと霧夜エリカにからかわれ、生徒会書記の佐藤良美にフォローされるといった毎日を過ごしていた。ある日、竜鳴館の先輩で風紀委員である鉄乙女に呼び止められ、嘘をついた為に一発蹴られる。蹴られたショックで昔の記憶を思い出し、小さい頃によく一緒に遊んだ従姉である乙女との再会に驚く。さらにレオの両親の頼みで家で一緒に生活する事になる。その日を境にレオの生活は様変わり。乙女の仕事を手伝う事になったレオは生徒会に入る事になった。突然の環境の変化から戸惑いを見せるレオ。強気揃いの美少女達との日常が、今、始まる…。
強気な性格の女性ばかりが登場。PC版の他に、PS2版でも発売され、さらにアニメ化までされた「ツンデレ」ゲームの最高峰。

4と3/4チャンネル 大江山祈
つよきす
竜鳴館の英語教師大江山祈の愛読書に登場する魔術。大気中の電波を集めて、生贄を別の人格に仕立て上げる方法。しかし術後の生贄の命の保障はない。体育祭の格闘トーナメントで優勝候補の伊達スバルが怪我で出られなくなり、もう一人の出場者フカヒレこと鮫氷新一があまりに弱いため、この術を施した。術中は生贄にバイクで引き摺り回された後にレスラーに大技を掛けられたような激痛が走る。フカヒレの場合は天気予報をまず受信し、次に「笑って○いとも」のテレ○ォンショッ○ング、料理番組、そして「はじ○の一歩」の○柴を受信し、見事に優勝した。(常闇さんより)

クラブハウスキック 蟹沢きぬ
つよきす
小説「落ちてきたサンタクロース」にて登場したスキー場限定の技。
ゲレンデの傾斜を利用して加速し、その状態からジャンプして相手を踏み潰す。
作中では妄想を垂れ流していたフカヒレこと鮫氷新一に対して使用された。(クウガもどきさんより)

爆裂怒涛の型 蟹沢きぬ
つよきす
生徒会合宿で雑魚寝する際に成り行きで枕投げが開始され、その時佐藤良美を「清めてやんよ!」と直接枕で叩きまくった。キャンディソフト作品恒例の平成ライダーネタ。(HOLICさんより)

[1]お嬢様バイシクルアタック
[2]お嬢様ファイヤーストーム
霧夜エリカ
つよきす
[1]ゲーム版に登場。折畳んだ愛用のMTBで相手のこめかみ辺りを殴る。(常闇さんより)
[2]ゲーム版に登場。愛用のMTBでウィリーしながら相手に突っ込む。(常闇さんより)

[1]乙女キック
[2]乙女スパイク
鉄乙女
つよきす
[1]アニメ版第6話にて登場。 空中へ飛び上がり、そのまま足の裏を使ってのとび蹴りを繰り出す。 その一撃は鮫さえもKOしてしまう。

[2]アニメ版第3話の体育武道祭のバレーボールで使用。 体育館の天井近くまで飛び上がり、そのままスパイクを繰り出す。 球が龍となって、着弾と共に爆煙が巻き起こり、 周囲の相手プレイヤーがひれふしていた。

川蝉 鉄乙女
みにきす つよきすファンディスク
近衛素奈緒ルートで登場。すき焼きを食べる際に食事のマナーを守らないカニに対して乙女が使った一種の制裁技。箸を鳥の嘴の様に持ち、相手が取ろうとする具を先に横取りする。続く限り自分が食べたい具が食べられないといった恐ろしい技。(常闇さんより)

殄戮撞球弾 鉄乙女
つよきす
ゲーム版に登場。ドッジボールの技で、「てんりくどうきゅうだん」と読む。追尾弾の応用で、一人に当たると次の獲物を狙って飛んでいく。反射神経が鋭くないと回避が出来ない。姫こと霧夜エリカが3人連続撃破したのを見て自分も出来ると言いたかったのだろう。4人連続撃破した。(常闇さんより)

青嵐脚 鉄乙女
つよきす
真空波を巻き起こし、敵を切り裂くようなお手軽な必殺技を教えてくれとフカヒレこと鮫氷新一に頼まれた時に見せた技。遠くの木を真っ二つに割る事ができる。乙女曰く、蹴りの速度がものを言うらしい。(常闇さんより)

追尾弾 鉄乙女
つよきす
ゲーム版に登場。ドッジボールの技で、サイドスローで投げる事により回避した相手に自動追尾する。威力はレーザービームほどではないが、変化球なので動体視力が良くないと捕球が難しい。また、捕球行為に出た相手の足元に落とす二段変化も可能。(常闇さんより)

レーザービーム 鉄乙女
つよきす
ゲーム、小説「つよきす番外編2」に登場。ドッジボールの技で、オーバースローで投げる事により、あまりの球威に竜巻が起こり、相手を吹き飛ばす。その威力は想像以上でグラウンドから体育館の壁に相手をめり込ませてしまうほど。ボールの軌道が光線の様に見えるので皆がそう呼んでいる。捕球は不可能で回避するにも動体視力と反射神経が鋭くないと難しい。小説版では烏賊島から逃亡しようとボートで逃げたカニこと蟹沢きぬに対して使っている。(常闇さんより)

きりもみ乙女パンチ 対馬レオ
つよきす
主人公である対馬レオが体育武闘祭で村田洋平に勝つ為に乙女との特訓で手に入れた必殺技。実際はコークスクリューブローなのだが、乙女が自分が伝授したと言う自己主張を取り入れたためにこの名前に改竄された。(常闇さんより)

クチバシアタック 土永さん
つよきす
小説「鋼鉄のティーチャー」にて登場した土永さんの技。
内容はいたって単純で、嘴で連続して突っつく。被害者は例の如く例の通りフカヒレ。(クウガもどきさんより)

ガトリング 村田洋平
つよきす
拳法部所属の2年生、村田洋平の得意技。腕を軽く回した後に無数の連打を浴びせる。元々彼は蹴り技が主体なのでこの技を牽制用に使用しているが、威力があり、フカヒレはこの技を食らって一週間入院する羽目になった。(常闇さんより)

お嬢様ァ〜…………ウルトラダイナミックスペシャルゴージャスアターック 霧夜エリカ
つよきす(4コマ、アンソロジー)
「マジキュー4コマ つよきす〜Mighty Heart〜A」(エンターブレイン刊)のたかはしさなえ「すなおな人々」より「朝のひととき」と「長い名前」で登場。「お嬢様ファイヤーストーム」の技名を言いながらその場を通り過ぎたとレオに油断させてから、Uターンしつつ「お嬢様ファイヤーストーム」を行う。技の名前が長い為、エリカは「…………」の部分で息継ぎをしていた。(小浜太介さんより)


TOPへ