終末のワルキューレ  [必殺技辞典]

TOPへ

神の斧 アダム
終末のワルキューレ
第9話初登場。 いわゆるローキックを繰り出す必殺技。

神虚視(かみうつし) アダム
終末のワルキューレ
第9話初登場。 神のコピーであるアダムは自身が見た 神の技をコピーすることが出来る。

黄昏流星群(メテオジャブ) ゼウス
終末のワルキューレ
第9話初登場。 亜光速のスピードを持つジャブを超連続で 繰り出して攻撃をする必殺技。

覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー) トール
終末のワルキューレ
第5話初登場。投げたミョルニルを手元に戻ってきた際に その速度と遠心力を利用して繰り出す究極の一撃。 数千年前にヨルムンガンドとの闘いにて使用された技らしい。

天喰(そらぐい) 呂布奉先
終末のワルキューレ
第6話初登場。 方天戟を遠心力に乗せ 振るうことによって大気さえも両断するという一撃。 呂布自身が方天戟を何千回以上も振るい続けた結果生まれた技。 自身の握力と腕力があってこその技。


TOPへ