拳闘暗黒伝セスタス(拳奴死闘伝セスタスも含む) [必殺技辞典]

TOPへ

七連撃 アドニス
拳闘暗黒伝セスタス
第136話初登場。 アドニスしか出来ないといわれている超絶技で、 相手の急所に超高速で拳を叩きこむ。 まともにくらった相手は悶絶しながら失神するという。

忘却(レテ)の昇弾 アドニス
拳闘暗黒伝セスタス
第134話初登場。 カウンターから拳を斜め下から振り上げる。 この一撃は相手の頚椎を最も揺らす角度から放たれる ためくらった相手は意識を失うと共に記憶をも失ってしまう。

斬首 エムデン
拳奴死闘伝セスタス
2章15話初登場。 「断頭」の変化技で、相手の延髄を狙って 拳を払って攻撃をする。

断頭 エムデン
拳闘暗黒伝セスタス
ボンペイ最強の拳闘士・エムデンの必殺技。相手が腹の部分を攻撃するためにしゃがんだとき、腕を振り下ろしてその延髄を攻撃する。鋼のように練り上げられた腕の威力は凄まじく、食らった者はひとたまりも無く倒される。エムデンはかつてこの技で2人殺しており、自ら使用を禁じていたが、セスタスとの戦いで解禁した。 (ケケケさんより)

破城槌 ギデオン
拳奴死闘伝セスタス
2の30話初登場。 相手がガードを固めたとしても踏み込みと共に 正中線を狙った強引な拳を突き出して攻撃をする。 相手のガードを突き破って、そのまま一撃を繰り出すことから この異名がついたという。

無間(むげん) ザファル
拳奴死闘伝セスタス
第15話初登場。 拳による力の圧縮と開放をおこなうことによって 零距離からの打撃でも強烈な一撃を与えることが出来る奥義。

変位二段蹴り ルスカ
拳闘暗黒伝セスタス
第138話初登場。 相手に前蹴りをおこない、 その前足を相手に取られても、 もう片方の足で飛び膝蹴りをおこなう。


TOPへ