戦国ベースボール  [必殺技辞典]

TOPへ

毘沙門天投法 上杉謙信
戦国ベースボール
150キロは出てるのでは?とは言わせるほどの豪速球。

殺人センターがえし 岡田以蔵
戦国ベースボール
センターに向けて鋭いライナー性の打球を飛ばす。 並の野手ではキャッチ出来ず、吹き飛ばされてしまう。

天下布武打法 織田信長
戦国ベースボール
ずっと大振りで三振して相手ピッチャーを油断させる。 ただしここ一番で打席が回ってきた時は、きっちりとバットを振るって打つという奥義。

江戸無血開城アタック 西郷隆盛
戦国ベースボール
巨体を駆使したホームへのショルダーチャージ。 くらった無血どころじゃ済みそうにないらしい。

ざんぎり頭打ち 坂本龍馬
戦国ベースボール
大きく後方へ振りかぶったバットが、地面に突き刺さり そのしなりを利用してバットを振り下ろす。 超大根斬りのバッティングだが、ホームラン性の当たりを飛ばせる。

ドラゴンホースボール 坂本龍馬
戦国ベースボール
いわゆるナックルボール。 本人はボールが空を泳ぐ龍に見えることや、自身の名前にちなんで この名称を付けている。

リボルバーストレート 坂本龍馬
戦国ベースボール
いわゆる豪速球。 自身が持つリボルバーから技名を取っている。 プロよりも速い球と言われている。

おみくじ打法 島津義久
戦国ベースボール
打席前におみくじをひいてから運にまかせてバットを振るうという打法。 大吉なら目をつむってバットを振っても打つことが可能らしいが、逆に凶ならアウトになる。

打ち上げ花火打法 高杉晋作
戦国ベースボール
打った球が花火のように炸裂するという打法。 自身の花火のように派手な人生を表した打法らしい。

風林火山 武田信玄
戦国ベースボール
「疾きこと風の如く」などの有名な口上をおこなってから バットの代わりに軍配を振るってボールを飛ばす打法。 1試合で1,2回しか使用出来ないが、今まで打てなかったことはないという強力な技。

独眼竜守備法 伊達政宗
戦国ベースボール
体を張って守備をおこなうというもの。 素早い打球にも対応可能だが、体で受けるので痛みでしばらく動けない。

剛球中国大がえし 豊臣秀吉
戦国ベースボール
外野から投げられるレーザービームのような送球。

中国大がえし 豊臣秀吉
戦国ベースボール
強肩を駆使した野球におけるバックホーム。 技名以外には特に特徴もないバックホームとなっている。

二天一流かちわり打法 宮本武蔵
戦国ベースボール
二刀流から繰り出す打法。 片方で空振っても、もう片方のモノで球を打てる。

神風ライジング 山田虎太郎
戦国ベースボール
どんな向かい風にも負けない魔球。(ホーアンさんより)


TOPへ