されど罪人は竜と踊る [必殺技辞典]

TOPへ

[1]生体変化系咒式第二階位<義擬肢(アジテ)>
[2]生体変化系咒式第二階位<白翼翅(スヴァイ)>
アインフュンフ
されど罪人は竜と踊る
[1]八本の蜘蛛の足を生やす。(叛多亜さんより)

[2]白翼を広げて空気を掴み、空中での姿勢制御を可能とする。(叛多亜さんより)

電磁雷撃系咒式第三階位<雷蜘蛛巣(ウェッブ)> アインフュンフ
されど罪人は竜と踊る
100万ボルトルの雷の網を無数に生み出し、敵を感電させる。(叛多亜さんより)

科学鋼成系咒式第五階位<亜晶斬絃糸圏(ハルーファ)> アナピヤ
されど罪人は竜と踊る
引っ張り強度が二一ギガパスカルル(アルミナ繊維の約九倍)の髭結晶化したアルミニウム酸化物、アルミナウィスカー繊維の糸を合成して極細の刃としてあらゆるモノを刻む。(叛多亜さんより)

生体生成系咒式第二階位<蟲殲殺(ムドウ)> アナピヤ
されど罪人は竜と踊る
殺虫植物を生成し、ピリジルメチルアミンを放出し、昆虫類の神経細胞に極度の興奮状態を起こして、神経伝達の阻害により蟲達を殺す。(叛多亜さんより)

科学鋼成系咒式第二階位<微振刃(ブーン)> イーギー・ドリイエ
されど罪人は竜と踊る
魔杖剣の刃身が秒間五万回を超える超振動を引き起こし、微細な鋸として触れた敵を分断する。(叛多亜さんより)

[1]生体生成系咒式第二階位<蔦葛縛(タック)>
[2]生体生成系咒式第二階位<酉兜髑(ギャフト)>
[3]生体生成系咒式第三階位<雷示顕菜(ウマサゴ)>
[4]生体生成系咒式第四階位<死屍色鬼櫻(アムプス)>
[5]生体生成系咒式第六階位<荊棘封縛緑獄檻(アムドゥシャ)>
イーギー・ドリイエ
されど罪人は竜と踊る
[1]魔杖剣の先端より捻り合いながら絡み合う緑の蔦を生成して敵の体へと突き刺し、拘束する。(叛多亜さんより)

[2]アコニチンの半数致死量を遙かに超える体重一キログラムル辺り〇・三ミリグラムルのアルカロイド系の猛毒を生み出し、敵の神経系を致命的なまでに侵食して毒殺する。(叛多亜さんより)

[3]咒化シロイヌナズナの花を大量に生成し、地下に埋まっている地雷のトリニトロトルエンに含まれる二酸化窒素などの副産物を感知させて、咒式の白い花を赤い色素のアントシアニンの赤紫に染めることで、地雷原と安全圏を視覚化させる。(叛多亜さんより)

[4]咒式植物を生み出し、敵に絡みつかせて体液を全て吸い尽くし、植物の蕾から花が咲く。(叛多亜さんより)

[5]巨大な荊を生成し、それによって敵の動きを完全に封鎖して、荊は薔薇科の植物が持つ青酸配糖体のアミグダリンやプルナシンとその加水分解酵素を高濃度で大量に含む鶴で、荊の棘からそれを注入して化学反応により青酸を血中に遊離させ、遊離青酸はミトコンドリアの呼吸酵素であるシトクロムオキシダーゼを失活させることで生体活動の根源、アデノシン三燐酸の青酸を阻害して死に至らしめる。
荊による強制停止・数百による棘・そこから猛毒という三段構えであらゆる生物を死滅させる。(叛多亜さんより)

[1]化学鋼成系咒式第一階位<練成(ベリス)>
[2]化学鋼成系咒式第二階位<化刎網(ザガン)>
[3]化学鋼成系咒式第三階位<微塵極針(チリアット)>
イェスパー・リヴェ・ラキ
されど罪人は竜と踊る
[1]刀身等の分子間組成を自在に変化させ形状を変化させる。(蹴美さんより)

[2]筋肉蛋白質のミオシンとアクチンを、重強度で鋼鉄の五倍というポリポラフェニレンテレフタルアミド、 所謂ケブラー繊維の多重網に置換する。(蹴美さんより)

[3]張力が直径1ミクロン当たり約2・4トンの強度を持ち、原子一つ分の超極細の針先を持つ単文子で生成される莫大な数の針を発射する。  (蹴美さんより)

生体生成系咒式第七階位<爆換茂滅贄菌界園(ベルフェ・ゴ)> ウフクス・ジゼロット
されど罪人は竜と踊る
脂肪を加水分解したエネルギーを使うことで窒素固定を行い、グリセリンとグリコーゲンを硝酸エステル化し、全身のグリコーゲンをトリニトログリコーゲンへ、全身の脂肪をニトログリセリンへと変換させて敵の存在自体を生体爆薬に変化させる数万人単位の対軍隊殲滅用準戦略級咒式でその残虐性と無慈悲な内容から禁忌咒式と定められている。(叛多亜さんより)

[1]科学鋼成系咒式第一階位<鋼衣(エフィ)>
[2]科学鋼成系咒式第二階位<矛槍射(ベリン)>
[3]科学鋼成系咒式第四階位<鍛澱鎗弾槍(ウァープ)>
[4]科学鋼成系咒式第五階位<劣吁婪鎗弾射(エリゴール)>
[5]科学鋼成系咒式第七階位<神威貫錣釛轟聳砲(アッゼ・ザール)>
ガユス・レヴィナ・ソレル
されど罪人は竜と踊る
[1]鉄の皮膜を生成し、全身を覆う。
防御力が上がったり、高電圧の雷撃を地面へと放電させたりする。(叛多亜さんより)

[2]咒式によって多数の鋼の槍を生成・高速で射出し、対戦車砲弾並の威力を持つ鋭利な金属が敵を貫いて串刺しにする。(叛多亜さんより)

[3]タングステンカーバイド製に砲弾を生成し、咒式力場に従わせて撃ち出す。(叛多亜さんより)

[4]タングステンカーバイド砲弾以上の威力を持つ、高熱を発する焼夷効果を持つ劣化ウラン弾を生成し高速で撃ち出す。
その上、劣化ウラン弾の高濃度の放射性物質により体内被曝を起こす禁忌の境界線上にある咒式。(叛多亜さんより)

[5]位相空間内の変位差で発生する核融合波の巨大なエネルギーを砲弾の運動力へと変換して、指示力場で導き秒速三〇〇〇メルトルという超々高速で射出する。
強大な物理力を持つ大きく重い質量に、速度の二乗が比例して破壊力が増し、光速に限りなく近くして運動エネルギーは無限大に近づく。(叛多亜さんより)

[1]化学練成系咒式第一階位<光閃(コヴァ)>
[2]化学練成系咒式第一階位<噴矢(ロレイ)>
[3]化学練成系咒式第一階位<征酸(アザン)>
[4]科学練成系咒式第一階位<燐舞(ウコバ)>
[5]化学練成系咒式第一階位<殖血(ゾーチ)>
[6]化学練成系咒式第一階位<瑞壁(アグー)>
[7]化学練成系咒式第一階位<毛壊(ゲハル)>
[8]化学練成系咒式第一階位<塩莫(シエル)>
[9]化学練成系咒式第一階位<蒼酸(アリキノ)>
[10]化学練成系咒式第一階位<而狆(コルニ)>
[11]化学練成系咒式第一階位<窒息(ノキシ)>
[12]科学錬成系咒式第一階位<樹脂幕(ブレラ)>
[13]化学練成系咒式第二階位<矢髑(ビ・ネ)>
[14]化学練成系咒式第二階位<瑞障流(フォネウス)>
[15]化学練成系咒式第二階位<癌促(ハリッチャ)>
[16]化学練成系咒式第二階位<固凝糊(ガーチ)>
[17]化学練成系咒式第二階位<窒息圏(チャクス)>
[18]化学練成系咒式第二階位<索血(ブラド)>
[19]化学練成系咒式第二階位<睡心霧(スリプ)>
[20]化学練成系咒式第二階位<分光(リズン)>
[21]化学練成系咒式第三階位<皇瑞灼流(フォーカロル)>
[22]化学練成系咒式第三階位<爆炸吼(アイニ)>
[23]化学練成系咒式第三階位<緋竜七咆(ハボリュム)>
[24]化学練成系咒式第三階位<抗蒼酸(アテイン)>
[25]化学練成系咒式第四階位<銀嶺氷凍息(クロセール)>
[26]化学練成系咒式第四階位<死哭燐沙霧(バル・バス)>
[27]化学練成系咒式第四階位<曝轟蹂躙舞(アミ・イー)>
[28]化学鋼成系咒式第四階位<遮熱断障檻(フォエニク)>
[29]化学練成系咒式第五階位<積晶転咒珀鏡(サブナック)>
[30]科学錬成系咒式第五階位<導伝散乱絶壁(マルファース)>
[31]科学錬成系咒式第五階位<緋裂瘋咆竜息(エー・イーム)>
[32]科学錬成系咒式第五階位<絶熱断障万殻(マティムシン)>
[33]科学錬成系咒式第六階位<祓夭瀑爍溶流波(プロッケル)>
[34]化学練成系咒式第六階位<髑翁腐界痕蝕雲(アシタルテ)>
[35]化学練成系咒式第七階位<重霊子殻獄瞋焔覇(パー・イー・モーン)>
[36]化学練成系咒式第七階位<餓氣焔塵虐瀑旋渦(パズ・ズー)>
ガユス・レヴィナ・ソレル
されど罪人は竜と踊る
[1]ニトロセルロースとマグネシウム粉と燐粉を合成その燃焼により猛烈な閃光を生む。(蹴美さんより)

[2]硝酸カリウム75%、硫黄10%、木炭15%を合成し、黒色火薬を生成。
 後は基礎電磁咒式で発火させ対象物の軌道を順次変更する。(蹴美さんより)

[3]水酸化マグネシウムと水酸化アルミニウムによって胃酸を中和して胃痛を和らげる。(罪人さんより)

[4]マグネシウムと燐等による花火を起こす。(罪人さんより)

[5]165個のアミノ酸残基からなる糖蛋白質骨髄中の赤芽球系前駆細胞に作用し赤血球への分化・増殖を促進する造血咒式である。しかし、ガユス自身が医療化学咒式士でなく医薬組成式が知識にないためなのか使用方自体が根本的に間違っている。効果が現れるまでに時間がかかり失血死しそうな事態に対してはまったく効果は無いそのため、一巻では咒式を発動したものの失血多量で倒れて死にそうになっている。5巻でも同じ咒式を使用していると思われるが、いい加減に効果が無いことに気が付いてほしい。(罪人さんより)

[6]水の壁を作り出しレーザーを防ぐ。(罪人さんより)

[7]チオグリコール酸を合成し、頭髪の主成分であるケラチンを溶解させることで髪の毛を溶かす。本来は対サザーラン課長用嫌がらせ呪式だったが ニドヴォルクの髪の毛を溶かすのに使用された。(罪人さんより)

[8]塩素ガスを発生させる。(罪人さんより)

[9]シアン化合物の猛毒を作り出す。(罪人さんより)

[10]ニコチンを作り出す。(罪人さんより)

[11]酸素濃度が5パーセントの空気を作り出し相手を昏倒させる。(罪人さんより) [12]防御力は皆無だが、生物・金属を溶解させる強酸に反応しないポリエチレン樹脂の傘を生成して強酸から身を守る。(叛多亜さんより)

[13]アルカロイド系毒物で、半数致死量は体重一キログラム当たり0.3rのd―ツボクラリンを合成する。 アルカロイド系毒物は神経伝達物質であるアセルコリンに分子構造が相似しているため、 アセルコリンに代わって受取口と結合し筋肉活動を阻害し、呼吸困難から痙攣を起こさせ急速に窒息させる。(蹴美さんより)

[14]水、酸化金属の混合物で王水等を中和して無力化する。(罪人さんより)

[15]発癌物質を相手の体に埋め込み癌を発症させる。(罪人さんより)

[16]シアノアクリル酸エステルの瞬間接着剤で相手の動きを封じ。(罪人さんより)

[17]一酸化炭素と二酸化炭素を作り出し酸欠と一酸化炭素中毒を同時に起こさせる。(罪人さんより)

[18]ルミノールと過酸化水素でルミノール反応によって血痕を調べる。(罪人さんより)

[19]イソフルランとセボフルランの混合物で可逆的に中枢神経系の機能抑制作用を示し意識の喪失,鎮痛,筋弛緩を起こすことで意識を失わせて全身麻酔をかける。(罪人さんより)

[20]レーザーを拡散させるプリズムを生成する。(罪人さんより)

[21]強塩酸群、クロロ硫酸や塩素酸を合成、沸騰させた奔流。(蹴美さんより)

[22]トルニンにニトロ基が三つ結合したTNT爆薬を、ジアゾジニトロフェノールや、アジ化鉛、雷汞等の起爆薬で炸裂させる。(蹴美さんより)

[23]ベンゼン21%、ガソリン33%、ポリスチレン46%の混合物で7条のナパーム敵を焼き殺す。(罪人さんより)

[24]亜硝酸をシアン化合物の毒を解毒する。(罪人さんより)

[25]液体窒素の極低温の冷気の槍を発射。(蹴美さんより)

[26]メチルホスホン酸イソプロピルフルオリダート(サリンガス)を合成。(蹴美さんより)

[27]TNT爆薬を凌駕する威力のRDX、正式名トリメチレントリニトロアミンという、
 平均秒速8350mの爆速を誇る軍用爆薬を合成し爆裂させる。(蹴美さんより)

[28]合成したニッケル基超合金やチタン・アルミニウム金属化合物に、ホウ素や、
 高融点金属元素ハフニウムの添加で耐熱効果を高めた積層金属の檻を生成。一千℃の火炎にも耐える。(蹴美さんより)

[29]多層化処理され内部格子が組み込まれた咒化晶板の裏面に、兆分の一の平面の反射層を高速反応させる咒鏡。(蹴美さんより)

[30]イットリウムとバリウムと銅の酸化物で中空構造を作り出し、液体ヘリウムで満たして冷却することで超伝導体の壁を作り出し、3000万ボルトもの雷撃ですら避雷針の要領で地面に散らす。(叛多亜さんより)

[31]アセチレンガスと純粋酸素を等分に配合した三〇〇〇度の猛火を生み出し、敵を業火で包み込む。(叛多亜さんより)

[32]耐熱殻の球状の檻を作りだし、身も守る。(叛多亜さんより)

[34]フッ素は最も電気陰性の高い元素で水素原子から電子を引き寄せ、水素の陽イオンを作る力が強く、強い酸になりやすい。
フッ化水素と五フッ化アンチモンの混合液は人類史上最強の酸度を持つ超強酸物質となり敵を瞬時に溶解し、肉汁と変える。(叛多亜さんより)

[35]神経ガスと、皮膚浸食するイペリットガスの両方の構造と特性を併せ持つ現代最凶の猛毒霧、VXガスを合成する。(蹴美さんより)

[36]重水素、三重水素、ミューオン粒子からなる核融合で核爆発をを起こす禁忌咒式の1つガユスが使用した時に神経がいくつか切れた。(罪人さんより)

[37]結界を形成し、結果内部に生成したアルミニウムの粉末で強力な粉塵爆発を発生させる。同時に酸化エチレン、酸化プロピレン、硝酸アンモニウム、ポリスチレンなどの気化していた燃料類が急速燃焼することで生物は瞬時に消失。さらに気化燃料による炎と爆発で結界内部の酸素をすべて食らい尽くし生物を窒息死させる。そして酸素の消失により、結界内部の激烈な気圧低下が起こり0.1気圧以下という真空に近い状態になり、生物の全ての穴から中身が噴出す。結界は最高で500Mほどまで形成できる。(罪人さんより)

生体強化系咒式第一階位<鷹瞳(ルコン)> ガユス・レヴィナ・ソレル
されど罪人は竜と踊る
網膜内の視紅に十一cisレチナール、視黄と視白に全トランスレチナールを合成することで、ビタミンA交換や視覚機能を最活性化させて鷹の瞳を持ち、遠くの存在を視ることが出来るようになる。(叛多亜さんより)

[1]電磁雷撃系咒式第二階位<雷霆鞭(フェル・フー)>
[2]電磁電波系咒式第一階位<緋視(レズン)>
[3]電磁光学系咒式第二階位<光波聴(タピス)>
[4]電磁雷撃系咒式第五階位<電乖閻葬雷珠(マーコキアズ)>
ガユス・レヴィナ・ソレル
されど罪人は竜と踊る
[1]百万ボルトの電磁鞭が発生。(蹴美さんより)

[2]生身で赤外線探知を出来るようにして、熱源を探知する。(叛多亜さんより)

[3]盗聴用の咒式で、搬送波を加えたレーザー線を放射することで、その反射を復調し、音の変形波長に戻す。
二五〇メルトル程度の距離でも、窓硝子の振動で室内の音を拾うことが出来、現場に発信器を設置する必要がないため利便性は高い。(叛多亜さんより)

[4]魔杖剣の先端より大気原子内の電子と原子核が極度に電離した灼熱のプラズマ弾を放出し、敵を灼き尽くす。(叛多亜さんより)

[1]生体強化系咒式第一階位<醒奮(ヴェリエ)>
[2]生体強化系咒式第一階位<耐凍(バテ・ム)>
[3]生体強化系咒式第一階位<猫瞳(バステ)>
[4]生体強化系咒式第一階位<尖角(リベト)>
[5]生体強化系咒式第一階位<狗耳(ダクス)>
[6]生体強化系咒式第一階位<狗鼻(アガーネ)>
[7]生体強化系咒式第一階位<鎮静(フーシ)>
[8]生体強化系咒式第一階位<蛇咬(ジャダ)>
[9]生体強化系咒式第二階位<空輪龜(ゲメイラ)>
[10]生体強化系咒式第二階位<飛迅燕(セエレ)>
[11]生体強化系咒式第二階位<疾惟隼(セレー)>
[12]生体強化系咒式第二階位<骨硬楯(ボート)>
[13]生体強化系咒式第三階位<抗対蛋壊(ボティス)>
[14]生体強化系咒式第三階位<衂蟹殻鎧(ドラメルク)>
[15]生体強化系咒第三階位<冽睡身[身區](コルスプ)>
[16]生体強化系咒式第五階位<鋼剛鬼力膂法(バー・エルク)>
[17]生体変化系咒式第一階位<螢明(ネミノン)>
[18]生体変化系咒式第一階位<閉耳(ヘイア)>
[19]生体変化系咒式第二階位<蜘蛛絲(スピネル)>
[20]生体変化系咒式第二階位<黒翼翅(アルファス)>
[21]生体変化系咒式第二階位<尖角嶺(センガ)>
ギギナ・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフ
されど罪人は竜と踊る

[1]脳内青斑核等でのルアドレナリン、ドーパミン等のカテコールアミン類を合成し興奮状態にする。(蹴美さんより)

[2]網膜下にある明暗を感知する桿状体細胞を増加させ、猫類が持つ反射板・タペータムで網膜を通過した光を再び反射させることで光を二度利用して、人間の視認限界光量の1/6の暗所でも司会を確保できるようにする。(叛多亜さんより)

[3]血液中にグリセノール等の不凍液を合成し凍結を防ぎ、体組織活性化による熱生産を行い凍気に耐える。(蹴美さんより)

[4]キチン質の槍を生成し、体の一部から飛び出させる。(叛多亜さんより)

[5]咒式によって犬の聴覚を身につけ、秒間振動十五回の低音から、六万回までの高周波まで拾うこと出来るようになる。(叛多亜さんより)

[6]人間の嗅粘膜は親指程度で、嗅細胞は五〇〇万個に対して、犬の嗅粘膜は小さな机程度の広さを持ち、嗅細胞は二億個ほどあり、その犬の嗅覚を体現して目的の匂いを嗅ぎ当てる。(叛多亜さんより)

[7]縫線核を中心としたセロトニン神経から、一秒間に二、三回の周期で分泌されるセロトニンを合成し、青班核に直接作用することでノルアドレナリンの分泌を抑え、恐慌状態に入るのを防ぐ。(叛多亜さんより)

[8]顎の関節を増やし、蛇の如く開いた口で敵を喰い殺す。(叛多亜さんより)

[9]背中や足裏に形成した噴出口から圧縮空気を噴射する。(蹴美さんより)

[10]筋肉神経伝達物質アセルコリンとそのエストラーゼ酵素を合成制御し反射速度を強化。(蹴美さんより)

[11]ドーパミン、ノアドレナリン、アドレナリン等のカテコールアミン類を合成し、
 脳神経の戦闘に余分な回路を遮断し、思考速度を限界以上に引き上げ、超高速反射と運動を可能にする。(蹴美さんより)

[12]コラーゲン繊維骨格にアパタイトとコラーゲンを高速成長させることで、硬化した骨の楯を生み出す。(叛多亜さんより)

[13]プロアテーゼ類の分解作用を阻害する、人体に存在するプロアテーゼインヒビターを合成し毒などの侵食速度を緩める。(叛多亜さんより)

[14]体内に埋めこなれていた強化合金骨格が皮膚から生まれ、肉体を覆い、
 強化キチン質と硬化クチクラの装甲と強化筋肉がその上を覆い、完全装甲する。(蹴美さんより)

[15]眠特異的蛋白質の生産が肝臓で低下し、アデノシン、セロトニン、オピオイドペプチドを調整し、体を冬眠状態に変えて呼吸・心拍・代謝が低下させる。
一般では体温が一五度以下となると心臓の拍動を制御する心筋カルシウムイオン調節機構がうまく働かなくなり、心停止が起こるが生体系咒式士は体のつくりが違うために平気。
補助として甲状腺ホルモン放出ホルモンで全身を目覚めさせることが出来る。(叛多亜さんより)

[16]筋肉繊維の遅筋にグリコーゲン、速筋にグルコースとクレアチンリン酸が、
 その両方にアデノシン三燐酸と酸素を送り込み乳酸を分解、ピルビン酸へと置換。
 脳内四十六野と抑制ニューロンによる筋肉の無意識限界制動を強制解除する。同時に筋肉繊維の容量が増大する。(蹴美さんより)

[17]屠竜刀の先端に蛍と同様の原理を持ったルシフェリン反応の光を灯らせる。(叛多亜さんより)

[18]自らの聴覚を閉じ、無音の世界へと入る。(叛多亜さんより)

[19]ポリペプチドやタンパク質の複合繊維の綱を生成し、蜘蛛の糸のように足場を自在に作ったりする。(叛多亜さんより)

[20]量肩甲骨の一対から強化骨格が噴出するように伸びて、その表面にさざ波の如き黒い羽で埋め尽くし、空気の揚力を自在に捕らえて飛翔する。(叛多亜さんより)

[21]肉体より強化クチクラと合金骨格で作られた穂先を生やす。(叛多亜さんより)

科学錬成系咒式第四階位<微塵維畳壁(ミー・タエシ)> キュラソー・オプト・コウガ
されど罪人は竜と踊る
魔杖刀の先端より単分子繊維で編まれた壁が作られ、鋼の矛ですら受け止める。(叛多亜さんより)

[1]電磁雷撃系咒式第七階位<電乖天極気輝光輪嶄(アリ・オクス)>
[2]電磁電波系咒式第七階位<雷環反鏡絶極帝陣(アッシ・モデス)>
クエロ・ラディーン
されど罪人は竜と踊る
[1]位相空間で加熱・加速した高温高速のプラズマジェットを発生させカリウムやセシウムなどのアルカリ金属粒子を添加して電気抵抗を低下させ、プラズマに放電して導体中を電流が流れて導体の周囲に磁場を発生させる。
そして発生させた磁場でプラズマの流れを誘導し、軌跡を細く絞り込んで安定する収束効果を起こし、電流自体の効果と荷電粒子の熱量による伝導体の発熱によってプラズマを加熱させ、死の光輪として放つ。
一平方センチ辺り、一〇〇キロワットルの熱量密度でプラズマジェットを噴射しているので厚さ二〇センチメルトルの鋼の塊でも〇・八秒で貫通する単体攻性咒式でも屈指の威力を持つ。(叛多亜さんより)

[2]失敗した核融合炉の数万倍の超磁場を限定空間内に発生させ、複数の鏡磁場の両端を輪にして断面方向に回転させ、環の円周方向の磁場と遠心力の影響によって、円周方向に動く荷電粒子は外向きに滑ることで環の上下で分極して超々磁場とプラズマの壁に方向を逸らす最上位の電磁系咒式士にしか不可能な究極の防御咒式。(叛多亜さんより)

[1]科学鋼成系咒式第一階位<剛鎖(バイン)>
[2]科学鋼成系咒式第一階位<斤楯(ジルド)>
[3]科学鋼成系咒式第二階位<久鋳服(アッナ)>
[4]科学鋼成系咒式第五階位<劣吁冥鎗弾射(アビゴール)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]魔杖剣の先端よりチタン合金の縛鎖を生み出し、敵に巻き付けて拘束する。(叛多亜さんより)

[2]鉄の楯を展開する。(叛多亜さんより)

[3]全身に鋲が打たれた鈍色の鋳鉄を装甲服として纏う。
主に工場などで使用される工業用咒式。(叛多亜さんより)

[4]劣化ウラン弾とプルトニウムの砲弾を発射して<劣吁婪鎗弾射(エリゴール)>の破壊力に一二〇〇度の焼夷効果、合わせて人体致死量を約一億分の三ミリグラムルというプルトニウムを撒き散らす禁断の咒式。(叛多亜さんより)

[1]科学錬成系咒式第二階位<銀咒鏡(ラミー)>
[2]科学錬成系咒式第二階位<蟲壊殺(ムドア)>
[3]科学錬成系咒式第三階位<飛噴突行(ビュー)>
[4]科学錬成系咒式第六階位<多夛晶転咒珀鏡(ザ・ガーム)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]平面の反射鏡を展開させて、光線を反射させる。(叛多亜さんより)

[2]非有機リン系殺虫剤のピレスロイド系化学物質のb−テトラメリンを生成し、ピレスロイド系薬剤が持つ神経毒によって昆虫類に両生類や爬虫類などの神経細胞城の受容体に作用させることで脱分極を生じさせて、効果作用が弱い哺乳類や鳥類以外の生物などを死滅させる。(叛多亜さんより)

[3]ジェット噴射を行い、飛翔する。(叛多亜さんより)

[4]二酸化珪素や酸化アルミニウムや二酸化チタン五酸化チタンタンタルなどの薄膜の干渉効果を使った誘電導体多層膜の鏡を作り出す。
鏡は九九・九%以上の反射率を持ち、耐レーザー損傷閾値は銀鏡に比べ数十倍以上のエネルギー耐力に優れている。(叛多亜さんより)

[1]数法式法系咒式第五階位<解咒過界絶陣(シ・トリー)>
[2]数法量子系咒式第五階位<量子過[身區]遍移(タプ・ス)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]相手が持つ干渉結界に逆干渉をかけ、干渉結界を無効化させる。(叛多亜さんより)

[2]人体や地面を構成する分子を透過して移動することで奇襲を掛ける。(叛多亜さんより)

[1]生体変化系咒式第二階位<蟹剪断(クラフ)>
[2]生体変化系咒式第三階位<虎化軆身(ジェイ・シン)>
[3]生体変化系咒式第三階位<狼化軆身(ホクイルド)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]両手を蟹の如き大鋏へと変える。(叛多亜さんより)

[2]自らの四肢を猛虎へと変化させる。(叛多亜さんより)

[3]自らの四肢を餓狼へと変化させる。(叛多亜さんより)

[1]電磁光学系咒式第二階位<光陰身(モフラ)>
[2]電磁光学系咒式第四階位<光条灼弩顕(レラージェ)>
[3]電磁電波系咒式第四階位<赫濤灼沸怒(フルフーレ)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]光学迷彩で身を包み、周囲に同化する。(叛多亜さんより)

[2]高熱量のレーザー線を放ち、敵を断つ。(叛多亜さんより)

[3]魔杖剣よりマイクロ波帯電波を放ち、当てた相手の全身の水分を沸騰させる。(叛多亜さんより)

[1]電磁雷撃系咒式第一階位<灼槍(ソリン)>
[2]電磁雷撃系咒式第五階位<雷霆散它嵐牙(アガロス)>
咒式士
されど罪人は竜と踊る
[1]槍に高圧電流を流す。(叛多亜さんより)

[2]三〇〇〇万ボルトの極太の雷撃を放つ。(叛多亜さんより)

[1]科学鋼成系咒式第四階位<燎原雷爆茎(イポ・ス)>
[2]科学鋼成系咒式第四階位<燎原雷剣花(イペ・ス)>
ゴルッギア
されど罪人は竜と踊る
[1]咒式地雷を作り出す。(叛多亜さんより)

[2]咒式地雷を設置し、それが爆発すると同時に七四〇もの刃を撒き散らす。(叛多亜さんより)

[1]電磁光学系咒式第二階位<光幻軆(イリュー)>
[2]電磁光学系咒式第四階位<滅死射放煕煌(ヴァラック)>
[3]電磁光学系咒式第六階位<煌光灼弩連顕射(レライエス)>
ジャベイラ・ゴーフ・ザトクリフ
されど罪人は竜と踊る
[1]立体映像の虚像を作り出す光学系咒式の基本。 機会と場所などに嵌まれば熟練の咒式士の虚を衝くことも可能。(叛多亜さんより)

[2]ヘリウムの原子核より放たれるアルファ線の束は本来、人体の透過能力は一センチメルトル程度だが、経口や吸入では内部被害はガンマ線の約二十倍となり、更にベ−タ線は高速の陽電子で体内数センチメルトルまで侵入すると大量被爆で皮膚を焼き、僅かな量で細胞や遺伝子を破壊してガンマ線の波長の短い電磁波で生体を軽く通過して遺伝子を崩壊させる。
それらの見えざる死滅の光線で敵を貫き、崩壊させる。(叛多亜さんより)

[3]近赤外線を交互に発生した磁場で増幅させることで、高密度の熱線<光条灼弩顕(レラージェ)>を大量に発生させる上級咒式。(叛多亜さんより)

電磁放射系咒式第六階位<戮殺死過線煕煌(ヴァレフォール)> ジャベイラ・ゴ−フ・ザトクリフ
されど罪人は竜と踊る
位相空間内でタングステンやタンタルなどの金属に電磁気力で高エネルギーに加速させた膨大な陽子を衝突させることで原子核を破砕し、それにより発生した中性子が連鎖反応を起こして膨大なまでの高エネルギー中性子線を生み出す。
それに指向性を持たせることで急性放射線障害によって対象を即死させる。
装甲や防壁などの無生物には損傷を与えずに生物のみを死滅させる不可視の軍事拠点攻撃用の咒式。(叛多亜さんより)

電磁雷撃系咒式第一階位<灼剣(ソーン)> ジャベイラ・ゴーフ・ザトクリフ
されど罪人は竜と踊る
魔杖剣を高熱化させ、灼熱の刃とする。(叛多亜さんより)

王水 準長命竜
されど罪人は竜と踊る
濃硝酸と濃塩酸の混合酸で、その塩素と塩化ニトロシルの働きで溶解させる。(蹴美さんより)

数法量子系咒式第六階位<[身區]酸組式逆変法(スイー・トリー)> ズオ・ルー
されど罪人は竜と踊る
体内のアミノ酸などには似ているが重ならない異性体、L体とD体を持ち、生物はL体しか保有しておらずD体はほぼ消化・利用が不可能な異物で、全身のアミノ酸を咒式干渉によってD体に強制変換させることで絶命させる。
対処法は強靱な生命力と咒式力で干渉自体に抵抗するか、咒式の金属壁などで咒式の作用量子定数への干渉を起こすくらいである。(叛多亜さんより)

ソリダリ
されど罪人は竜と踊る
咒符によって自分の身代わり人形を作り出す。
身代わりは倒されると、本が散るが如く紙片が舞っていく。(叛多亜さんより)

[1]数法式法系咒式第二階位<単劔化符(レイド)>
[2]数法式法系咒式第四階位<符複模身[身區](ロノベ)>
ソリダリ
されど罪人は竜と踊る
[1]咒符を構成する炭素の結合を緊密化させることで、全体を単分子の刃と化してコンクリ柱さえも分断する。(叛多亜さんより)

[2]咒符によって自分の身代わり人形を作り出す。
身代わりは倒されると、本が散るが如く紙片が舞っていく。(叛多亜さんより)

科学錬成系咒式第四階位<石骸触腫掌(サルマク)> 秩序の第四九七式 アムプーラ
されど罪人は竜と踊る
別名「咒士殺し」 珪藻の殻に近い原理で人体の細胞膜に珪酸沈着を起こし、全身を珪酸質に置換していく石化咒式。
受けた相手の咒力を元に発動しているため、施術者が発動を止めない限り、いつまでも発症し続ける。(叛多亜さんより)

数法量子系咒式第七階位<[身區]位相換転送移(ゴアープ)> 秩序の第四九七式 アムプーラ
されど罪人は竜と踊る
自身の体を還状抑制力場で包み込み、量子段階まで情報化させて火物質化する。 そして位相空間での素粒子操作力場にて自己の熱量の一部を電子や陽子などの亜原粒子段階に導き、解放して分解・波動へと変換させる。
それによって光や電磁波などの波動の偏移を演算して情報と物質波動を転送することで作用量子定数に干渉して結合し、自己を咒式で再生する瞬間移動法。
しかしこの咒式で作られた肉体は完全に同一の記憶と肉体構成を持った【別人】なので正気の人間では絶対に使えない。(叛多亜さんより)

生体強化系咒式第四階位<溶髑解牙(オティス)> 秩序の第四九七式 アムプーラ
されど罪人は竜と踊る
ストレプキナーゼによって人体細胞を分解する化膿連鎖球菌などの血管を破壊するプロテアーゼと呼ばれる蛋白質分解酵素が含まれており、血管の破裂による酸素欠乏症や、生成された蛇の毒で敵の一部を腐らせて死に至らしめる。(叛多亜さんより)

重力力場系咒式第五階位<轟重冥黒孔濤(ベヘ・モー)> ニドヴォルク
されど罪人は竜と踊る
位相空間内の中性子星なみの超巨大な仮想質量から放出される強力な重力子を、現実空間に順転移させる。(蹴美さんより)

生体強化系咒式第五階位<蚤跳動踏(プリンプ)> バモーゾ
されど罪人は竜と踊る
蛋白質のレシリンはバネのように分子配列が引き伸ばされた後に放つと蓄積した力の九七%が運動エネルギーに変換するという高効率を持ち、関節を一つ増やし、一回り大きくした足で二分の一にバネ定数と伸張する距離の二乗を掛けたバネの弾性エネルギーを引き出し、七八四〇ジュールルを超えるエネルギーで一〇メルトルの跳躍を可能とする。(叛多亜さんより)

生体生成系咒式第二階位<壊血蟲(ブラガ)> バモーゾ
されど罪人は竜と踊る
血液中に存在する凝固因子と呼ばれる蛋白質を咒式によって合成したカメムシの一種が持つプロリキシンーSという蛋白質にあるヘムと呼ばれる一酸化窒素分子の結合している部分があり、プロリキシンーS本体で血液凝固を阻害し、一酸化窒素で水素イオン濃度や温度変化で分離するので血液の壁を作る平滑筋肉に作用して筋肉の弛緩を起こし、出血を続けさせる。(叛多亜さんより)

[1]生体変化系咒式第二階位<蟲翼翅(インクス)>
[2]生体変化系咒式第六階位<真異蟲蘇活転法(マル・ティム)>
バモーゾ
されど罪人は竜と踊る
[1]背中から透明な鱗翅を生やし、自在に飛翔する。(叛多亜さんより)

[2]クマムシという節足動物の近縁の緩歩生物や、ネムリユスリカの幼虫などは体内の水分子をトレハースと言う糖類に置き換えることで仮死状態となり、半永久的な休眠が可能。
この咒式はコレを人体で行っているため、氷点下二七〇度・一〇〇度の高温・許容量の千倍の放射線・真空状態に六〇〇〇気圧でも生命を維持できるようになる。(叛多亜さんより)

科学錬成系咒式第五階位<光曜攪銀紗幕(マルーパ)> パラレロト
されど罪人は竜と踊る
銀色の高電圧のイオン化された分子の膜を張り、その内部では電磁波の位相速度が極端に高速化され、電離層が電波を反射するように光線は屈折して弾かれる。 そのため、光学兵器系の咒式をほぼ無効化する。(叛多亜さんより)

重力力場系咒式第二階位<重編覚(グラミ)> パラレロト
されど罪人は竜と踊る
空間の僅かな重力偏差から質量を感知する事で、立体映像などの分身を見破る。(叛多亜さんより)

科学錬成系咒式第四階位<焦熱光錐断(ハスデヤ)> ブエナ・ダフズ
されど罪人は竜と踊る
商店を自在に変化させることが可能な凹面鏡を作り出す。(叛多亜さんより)

[1]科学鋼成系咒式第五階位<煌皇釛沸灼鏖瞋息(アー・モーン)>
[2]科学鋼成系咒式第五階位<張鋼甲装障[身區](レアルフ)>
ムブロフスカ
されど罪人は竜と踊る
[1]沸騰したタングステンは五七〇〇度を越し、純粋酸素を加えて急激な酸化反応(燃焼)を起こして六〇〇〇度という太陽表面と同じ超高温度を生み出す。
竜は息吹によって自在にこの咒式を発動できる。(叛多亜さんより)

[2]鋼製の線を引き延ばす塑性過程で強化処理をし、結晶がナノメルトル単位で微細化さらた鉄鋼の中で最も引っ張り耐性がある冷間線引き鋼線(ピアノ線)を何重にも張り巡らして攻撃を防ぐ。(叛多亜さんより)

電磁電波系咒式第四階位<傀儡操波絲(エメ・ス)> メーデン
されど罪人は竜と踊る
磁力の糸を使い、磁性流体たる四酸化三鉄を含んだ油脂を封入した巨人<操機兵(メログ)>を操る。(叛多亜さんより)

生体生成系咒式第五階位<屍葬兵操成法(ガミ・ギン)> メルツァール
されど罪人は竜と踊る
死者の脳に宝珠を埋め込み、生者の如く操る使用には特別な才能が必要な精神支配系の禁断の咒式。
酸素や栄養素の運搬で動く脳からの命令で死者本人の咒力で動くため、死にたての死体しか操れないが、生前の能力・不死身の耐久性・死を恐れない行動力の屍葬兵となり、更には相手との関わりがあった場合は精神的な効果まで持つ。(叛多亜さんより)

生体生成系咒式第二階位<炎羅息(アーミ)> モズモ
されど罪人は竜と踊る
膵液と共に反応することで得られる脂肪酸エチルエステルと椰子油を混合して着火させることで、放射状に広がり粘性のある液体が延焼を引き起こし、九〇〇度の火炎を吐き出す。
咒力の総量が多ければ高位咒力並の威力と範囲を持つ。(叛多亜さんより)

生体生成系咒式第四階位<九蛇狐召砲(クー・コーン)> ユーゴック・ナザ・ラスム
されど罪人は竜と踊る
「九蛇狐(くだぎつね)」と呼ばれる咒式士の血肉で飼育されている半透明の暗殺用咒式生物を亜音速の速度で飛翔し、敵を貫く。
合金並の硬度の爪と牙を持ち、圧縮空気を吐き出すことで自在に方向転換を行い、隙を見つけて爪牙を射出するという人間の視力では捕らえることの出来ない攻撃を行う。(叛多亜さんより)

[1]科学珪成系咒式第三階位<晶結葬棺(クスン・サブ)>
[2]科学珪成系咒式第四階位<晶珪連結癒(ビフロン)>
[3]科学珪成系咒式第四階位<純晶散光楯(フォラ・ス)>
[4]科学珪成系咒式第五階位<光晶速疾[身區]法(ストーラ)>
[5] 科学珪成系咒式第五階位<灼珪冑鎧甲装(アドラメ)>
ユラヴィカ・イシュドル・タルク・エルレイン・ゾソ
されど罪人は竜と踊る
[1]大地に存在するに酸化珪素を組み換えて、六方晶系の結晶構造の水晶を合成し、敵を一瞬にして水晶の棺へと閉じこめて殺害する。(叛多亜さんより)

[2]珪素繊維を発生させて傷口からの出血を防ぐ。(叛多亜さんより)

[3]不純物を極限まで取り除いた超純度の光学硝子のレンズを大量に生成する。 熱量減衰の割合は厚さ一キロメルトル辺り〇・二デシベルル以下で吸収率はほぼ皆無にして面積当たりのエネルギーを拡散させる咒式。(叛多亜さんより)
[4]光繊維の神経系で光速の反応と超高速移動を可能とする。(叛多亜さんより)


[5]珪素を含むセラミックである窒化珪素焼結体の超硬合金以上の硬度を持つ灰色の装甲で全身を覆う。
鎧の密度は三・二とどの金属よりも軽いため、動きを妨げる効果がほとんどない。(叛多亜さんより)

[1]科学鋼成系咒式第三階位<赫錏哭叫(ハウレス)>
[2]科学鋼成系咒式第三階位<錣磔監獄(ボフイ)>
科学鋼成系咒式第五階位<曝轟収斂錐波(アミ・イール)>
[3]科学鋼成系咒式第六階位<剛導電旺膂換法(ビュー・レト)>
[4]科学鋼成系咒式第六階位<重合鈞微隗甲鎧(マー・モン)>
ラルゴンキン・バスカーク
されど罪人は竜と踊る
[1]アルミニウムと鉄酸化物を導入させ、マグネシウムの炸薬の燃焼によって金属還元熱反応(オミット)を励起させて、酸化鉄がアルミニウムで還元されて鉄に生じる際の目を眩むほどに凄まじい光と火花が炸裂して、金属さえも溶接する三千度の高熱が発生し、敵の存在を炭化させる。(叛多亜さんより)

[2]チタン合金の槍と矛を大量に生み出し、敵向かって叩きつけて磔刑に処し、更に突き刺した槍と矛から無数の刃と棘が噴出して敵を厳重に固定化する。(叛多亜さんより)

[3]魔杖槍斧の刃先よりヘキソーゲンの爆裂が擂鉢状の咒式指示によって一点に集中し死の錐と化し、敵を粉砕する。
岩盤掘削に使われることもあり、この咒式の収斂した爆風は、通常に炸裂の数倍の貫通力を発揮し、近接咒式では極致の一つに数えられる。(叛多亜さんより)

[4]導電性高分子によって強化筋肉を生成する。 初期の状態ですら断面積位置平方センチ辺り重さ二二〇キログラムルの重量を持ち上げることが出来、伸縮率も十五%を可能とする。
筋力強化の最高峰である<鋼剛鬼力膂法(バー・エルク)>すらも超えるほどの超筋力を生み出せる。(叛多亜さんより)

[5]ジルコニウム、チタン、ニッケル、銅などの三種類以上からなる合金の組織を一〇〇メルトル以下で制御し粒径をナノメルトルで均一に分布している状態にすることで、通常よりも遙かに高い強度と靱性と耐食性をもつなの金属となり、それを全身に纏って難攻不落に城塞並の防御力を持つようになる。(叛多亜さんより)

超定理咒式<六道厄忌疫鬼狂宴(アヴァ・ドーン)> レメディウス・レヴィ・ラズエル
されど罪人は竜と踊る
数十人の咒式と意識力、竜の強大な演算能力と熱量を媒介にしてこの世に地獄を作る最悪の咒式兵器。 空間の円洞門(ワームホール)を広げて、開口部を支える。 その張力は次元の穴の構築に用いられる物質の密度に比べて一〇の二一乗倍(光速の二乗) そして必要とされる物質は負の質量を持つ。
発生した次元の穴より芥子粒ほどの微小生物 混沌の最下層より召喚された禍つ式<疫鬼>は結界内の全ての生物の体内に侵入し、天然痘と黒出血熱に似た症状を起こし殺戮する。 その内容は<疫鬼>が侵入して五十八秒後に頭痛と嘔吐を起こし、放出された咒式による超高速の細胞壊死が始まり、六十八秒後に眼球や粘膜の毛細血管が破れて意識が混濁し、全身を膿疱が覆って天然痘の症状が始まり、七十六秒後に全身の毛細血管から出血する黒出血熱の症状が発現し、膿疱は顔面まで埋め尽くす。
九十五秒後に膿疱は黒く変色して破裂し、出血する。 全身の免疫細胞を作る骨髄が破壊され、白血球の数が極端に減少し、同時に血小板も破壊されて凝固反応が起こらなくなり出血は止まることが無くなる。 百十三秒後に完全に意識が途切れて昏睡状態となり、鼻孔、耳孔、口膣、性器からも出血が起こり、破壊された赤血球で黒く染まった下痢を止めどなく溢れさせ続ける。 百三十七秒後に全身の穴、破れた膿疱、腐敗して崩れ落ちた傷からの出血、下痢と黒血にまみれて死亡する。
ありとあらゆる防御と遮蔽を無効かし、苦しめ続けて死に至らしめる最悪の咒式。(叛多亜さんより)


TOPへ