ロクでなし魔術講師と禁忌教典  [必殺技辞典]

TOPへ

疾風脚(シュトロム) アルベルトなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。「ラピッド・ストリーム」を連続で起動させるというもの。 これによって高速三次元機動が可能になる。 しかしただでさえ燃費が悪い「ラピッド・ストリーム」を連発する上に制御に失敗すれば 自身が事故で死んでしまう危険がある。 小回りが効かないが、屋外で密集して足場が多数あるとこだと効果を発揮する。

フレア・クリフ アルベルト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第4巻初登場。炎の壁を展開させることが出来る軍用の攻性防御呪文。 自在に操作することが可能。

プラズマ・フィールド アルベルト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第4巻初登場。周囲に電撃のフィールドを展開させるB級軍用の攻性呪文(アサルトスペル)。 無差別広域殲滅呪文なので、1人で大軍に対しても対抗出来る。

フリージング・コフィン アルベルト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。魔術罠(マジックトラップ)。 地面から氷塊が隆起していき、その上にいるものを氷に閉じ込めてしまう。

ホークアイ・ピアス アルベルト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。「ライトニング・ピアス」を独自の改変を加えることによって生まれた超・遠距離狙撃の術。 作中の距離で4000メトラの距離を一瞬で詰める。
「万里を見晴るかす気高き雷帝よ・其の左腕に携えし天翔ける雷槍以て・遥か彼方の仇を刺し射抜け」

イーラの炎 イヴ=イグナイト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。 一定範囲内の中で殺意や害意を頂いたものに対して、 視覚化された炎が揺らいで見えるという索敵型の術。

第七園 イヴ=イグナイト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。血族が代々伝えてきた眷属秘呪(シークレット)と呼ばれるもの。 あらかじめ支配領域内に魔術的に準備しておくことによって、その領域内で 術を詠唱などもなく手足のごとく瞬時に自在に操ることが可能になる。ただし炎の術のみとなっている。

フレイム・バインド イヴ=イグナイト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。 帯状の炎によって対象を拘束する術。 肉体的なダメージこそないが、焼かれた際の苦痛を味わうことになる 拷問にも使用される術。

リード・ランゲージ ウェンディなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。いわゆる暗号を読むために使用する魔術。 術者のレベルによって解読出来ないこともある。

痺霧陣(ひむじん) エナ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 対象を行動不能にさせる錬金術。

暴風(あかしまかぜ) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 居合の抜刀術の追撃として鞘で攻撃を繰り出す。

天つ風(あまつかぜ) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 巧みな足&体捌きから繰り出される刀の打ち下ろし。

追風(おいて) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 刀によって突きを繰り出す。作中では追撃として使用。

神風 エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する春風一刀流の奥義。 簡単に言えば遠くまで届く斬撃。 常軌を逸した自身の力と速度を魔力でエンチャントさせた刀に乗せて繰り出すことによって使用可能。

東風(こち) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。体を 逆回転させながら逆手に持った鞘によって突きを繰り出す。

霜風(しもかぜ) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 刀によって下から斬り上げる。

旋風(つむじかぜ) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 右逆手に持った刀を、左旋回で払う。

疾風(はやて) エルザ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。東方剣士(サムライ)が使用する剣術の1つ。 右旋回から横一文字に一閃する抜刀術。

クイック・イグニッション エレノア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第4巻初登場。C級軍用の攻性呪文(アサルトスペル)で爆炎を巻き起こす。 軍用スペルの中では最速最短で発動可能なので、緊急回避などの理由で使用される。 カウンタースペルなどにも有効となっている。

コール・エレメンタル ギイブル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 選んだ属性のエレメンタルを召喚することが出来る魔術。

翠玉法陣(エメラルド・サークル) クリストフ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。翠玉を無数に地面に設置して、 その軌跡が五芒星を描くことによって緑色の障壁を展開させるフラウル家の宝玉式結界術。 その硬度は防御魔術である「フォース・シールド」の10人分の硬度と、効果範囲がある。

金剛法印(ダイヤモンド・サイン) クリストフ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。 空中に5つの金剛石を設置して、五芒星の軌跡を描くことによって 強固な魔術シールドを展開させる。

紅玉法陣(ルビー・サークル) クリストフ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。周囲に紅玉を設置することによって、 炎の円陣を展開させるフラウル家の宝玉式結界術。

アイス・ブリザード グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。冷気と雹弾による攻撃をおこなうC級の軍用の攻性呪文(アサルトスペル)。 魔術防御なしでくらえば人間の心臓くらいは簡単に止まり、凍りづけになった体は雹弾によって粉々にされてしまう。
「白銀の氷狼よ・吹雪纏いて・疾駆け抜けよ(かけぬけよ)」

アキュレイト・スコープ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 いわゆる遠くを見ることが出来る黒魔術。 その秘密は指定座標の観測地点が発する光を曲げて術者に視覚を届ける。 あくまでも座標を指定してから見るので、ターゲットなどがいる場合は 一旦見失うと再捕捉が難しい。
「彼方は此方へ・怜悧なる我が眼(まなこ)は・万里は見晴るかす」

イクステンション・レイ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。元素まで分解するエネルギー波を放出する魔術。 かつてセリカ・アルフォネアが編み出した神殺しの魔術。 術者がマナ欠乏症になる程の多大な魔力を消耗してしまうデメリットもある。 またグレンは術自体も完全に制御出来ているわけではない。
「我は神を斬獲せし者・我は始原の祖と我は知る者・其は摂理と円環へと帰還せよ・五素より成りし物は五素に象と理を紡ぐ縁は解離すべし ・いざ森羅の万象は須くく此処に散滅せよ・遥かな虚無の果てに 」

イレイズ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 解呪をおこなうことが出来る黒魔儀。
「終えよ天鎖・静寂の基底・理の頸木は此処に解放すべし」

戦闘力測定眼(O・スカウター) グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。本人曰く自身の固有魔術(オリジナル)。 見ただけで胸のサイズを正確に把握することが出来るようである。

教卓ちゃぶ台返し グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。本人曰く自身の固有魔術(オリジナル)。 おそらく教卓をちゃぶ台返しのようにひっくり返す。

愚者の世界 グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。愚者のカードに変換した魔術式を読み取ることによって自身も含め、 周囲の魔力起動を完全に封じることが可能。近くでも自分よりも高い位置の相手には効果範囲外となる。 あくまでも魔力起動なので、既に起動されている魔術には効果はない。 自身の固有魔術(オリジナル)で魔術学院の卒業論文として完成させた。

グラビティ・コントロール グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 自身又は触れた対象らにかかる重さを軽減させたり逆に重くさせることが出来る黒魔術。
「三界の理・天秤の法則・律の皿は左舷に傾くべし」

ショック・ボルト グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 微弱な電気を飛ばして対象を麻痺させる殺傷力のない黒魔術。 魔術学院で最初に習う初歩的な魔術。
「雷精の紫電よ・紫電の衝撃以て・撃ち倒せ」

スペル・シール グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。対象の魔術起動を封じることが出来る黒魔術。 本来は相手に直接触れて呪文を書き込まなければならない。

スリープ・サウンド グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。相手を眠らせることが出来る白魔術。 既に意識がない相手ならより深く眠らせる。 また効力を調整して、麻酔のように扱うことも可能。
「身体(からだ)に憩いを・心に安らぎを・その瞼は落ちよ」

セルフ・イリュージョン グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。光を操作することによって幻影で変身したように見せる黒魔術。 術者のイメージ次第で何にでも変身が可能。

セルフ・ポリモルフ グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。肉体の構造そのものを作り変えて変身する白魔術。 肉体そのものを変化させてるので変身したもの能力を得ることが出来る。 失敗すると元に戻れない危険性もある。
また作中ではセリカが応用して、グレンを男から女に肉体の構造を変化させている。
「陰陽の理は我に有り・万物の創造主に弓引きて・其の躰を造り替えん」

タイム・アクセラレイト グレン
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第4巻初登場。 自身に流れる時間を加速させることによって、一定時間爆発的に加速することが出来る。 グレンの場合は数秒しか効果はない。術中は世界がモノクロに見えるようである。 術の効果が切れると同時に加速した分、減速してしまうデメリットもある。 そういったデメリットがある故に使用者はあまりいないようである。
「我・時の頸木より・解放されたし」

ダブル・スクリーン グレン
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第5巻初登場。「エア・スクリーン」を改変したもので、 二重に展開させることによって外部からの熱を完全に遮断が可能。 名称は即席でつけたもの。
「大気の壁よ・二重となりて・我らを守れ」

ディスペル・フォース グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。付与されを打ち消すことが出来る。 打ち消す魔術の魔力量が多いほど、自身が消費する魔力も大きい。
「力よ無に帰せ・均衡保ちて・零に帰せ」

トーチ・ライト グレン
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。いわゆるライト代わりに使用したりする術。 作中では指先に灯している。

バーン・フロア グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 爆炎を発生させることが出来る黒魔術。 魔術罠(マジック・トラップ)として使用する。

フィジカル・ブースト グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 身体能力を底上げすることが出来る白魔術。 基本的には肉体&魔力負担を軽減するために、持続的ではなく瞬間的に使用するのが特徴。
「我・秘めたる力を・解放せん」

フォース・シールド グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 六角形の強固な魔術障壁を展開させる黒魔術。 強固なゆえに魔力の消耗も激しい。 座標指定で使用するので、範囲、場所、サイズを決めないとならない。
「光の障壁よ」

ブラスト・ブロウ グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
C級の軍用の攻性防御呪文。 風を圧縮凝縮させ、破城槌のごとく放ち攻撃をおこなう。
「集え暴風・戦鎚となりて・撃ち据えよ」

フラッシュ・ライト グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 強烈な閃光を放って相手の目をくらます黒魔術。 一応初級に分類されているが、使い方次第では強者にも通用する。
「光あれ」

ブラッド・キャタライズ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。自身の血を魔力処理&触媒化させる魔術。 これによって解呪による魔術式の文字を描いたりすることが出来る。
「原初の力よ・我が血潮に通いて・道を為せ」

ブレイズ・バースト グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。収束された熱エネルギー球を飛ばして着弾と共に 強烈な爆破を巻き起こすことが出来る軍用の攻性呪文(アサルトスペル)。 人間なら消し炭も残らないほどの火力がある。威力は高いが魔力の消耗も激しい。
「紅蓮の獅子よ 憤怒のままに 吼え狂え」

マジカルパンチ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。本人いわくキックの威力を持ったパンチ。 実際には本当にキックを繰り出しているだけだったりする。

マジック・ロープ グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。魔力によってロープを生み出す黒魔術。

ムーンサルト・ジャンピング土下座 グレン=レーダス
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第3巻初登場。本人いわく必殺固有魔術。 2巻では不発に終わったが、3巻の冒頭で炸裂させている。

ライトニングピアス グレン=レーダスなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。電撃を放つ軍用のC級の攻性呪文(アサルトスペル)。 「ショック・ボルト」に似ているが、威力・弾速・射程・貫通力などはすべてこちらが上。 プレートメイルを貫き、人間程度なら感電死させるくらいは容易い。
「猛き雷帝よ・極光の閃槍以て・刺し穿て」

呪われし夜の楽奏団(ペリオーデン・オーケストラ) ザイード
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第7巻初登場。魔曲を奏でることによって、それを聴いたものの意識や深層意識を支配してしまう固有魔術。 意識を支配されなくても、深層意識を支配されてしまえば、魔術制御を出来なくなってしまう。 精神に訴えかけるらしいので、耳を塞いでも防ぐことは出来ない。

ウェポン・エンチャント システィーナ=フィーベル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 魔力によって対象部位を強化することが出来る黒魔術。
「その剣に光在れ」

エア・ブロック システィーナ=フィーベル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第5巻初登場。風の呪文を即興で改変したもので、空気を固める。 作中では爆発物を風で包み込み、爆発を抑えている。
「集え大気・集いて固めよ・圧搾せよ」

ゲイル・ブロウ システィーナ=フィーベル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。人間さえも吹き飛ばすことが可能な突風を巻き起こす黒魔術。
「大いなる風よ!」

ストーム・ウォール システィーナ=フィーベル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。ゴーレムの足を止めるほどの突風を巻き起こす魔術。 「ゲイル・ブロウ」を改変させて自身で編み出したもの。 広範囲に作用するのが特徴。
「拒み阻めよ・嵐の壁よ・その下肢も安らぎを」

ホワイト・アウト システィーナ=フィーベル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 冷気によって相手の体の感覚を奪う黒魔術。
「白き冬の嵐よ」

マジック・パレット システィーナ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。 収束した魔力の光弾を指先から発射する無属性の攻性魔術。 精霊や妖精などの炎、火、冷気などの効果が薄い相手に有効。 連射も可能。使い手によって数十発も同時発射が可能。
「我は射手・原初の力よ・我が指先に集え」

ラピッド・ストリーム システィーナ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第5巻初登場。指向性の風をまとうことによって移動力をアップさせるという術。 操作が難しいのと燃費が悪いせいで使用する人は少ないという。

サイ・テレキネシス セシルなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 離れた場所の物体を遠隔で操作することが出来る白魔術。
「見えざる手よ」

インフェルノ・フレア セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ロクでなし魔術講師と追想日誌初登場。軍用のB級攻性呪文(アサルトスペル)の1つ。 灼熱業火の津波。セリカは一言の台詞のみで発動可能。

ゲヘナ・ゲート セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。 霊的な存在を強制的に奈落へと落としてしまう術。 不死者への対抗手段として作られた術らしいが、外道的な理由で禁呪指定されている。

ファンクション・アナライズ セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。魔術機能の分析や解析をおこなう術。

プラズマ・カノン セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ロクでなし魔術講師と追想日誌初登場。軍用のB級攻性呪文(アサルトスペル)の1つ。 収束された極太の稲妻砲。人間がくらえば消滅は免れない。 セリカは一言の台詞のみで発動可能。

フリージング・ヘル セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ロクでなし魔術講師と追想日誌初登場。軍用のB級攻性呪文(アサルトスペル)の1つ。 絶対零度の冷気結界。 セリカは一言の台詞のみで発動可能。

プロミネンス・ピラー セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ロクでなし魔術講師と追想日誌初登場。軍用のB級攻性呪文(アサルトスペル)の1つ。 天にも届くほどの真紅の業火の火柱。

私の世界 セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ロクでなし魔術講師と追想日誌初登場。 懐中時計を起動させることによって時間を停止させることが出来る固有魔術。 自身や自身が許した者だけがデメリットもなく自由に動けるというもの。 ただ使用には希少な材料が必要のため乱用は出来ない。

ロード・エクスペリエンス セリカ=アルフォネア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。物品に蓄積された思念や記憶情報を読み取って自身に憑依させることが出来る白魔術改。 ゆえに達人の剣などの情報を読み取れば、自身がその達人のごとく動きをすることが可能になる。 本来膨大な儀式が必要な術を3節で発動させている。
「罪深き我・逢魔の黄昏に独り・汝を偲ぶ」

コンフュージョン・マインド ツェスト男爵
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。対象を混乱させることが出来る精神汚染の白魔術。

チャーム・マインド ツェスト男爵
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 対象を惚れさせることが出来る精神汚染の白魔術。

ファンタズマル・フォース ツェスト男爵
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。対象に幻影を見せることが出来る精神汚染の白魔術。

マインド・ブレイク ツェスト男爵
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。対象の精神を破壊することが出来る精神汚染の白魔術。 精神汚染の白魔術の中では最も高度で、危険と言われており 相手を廃人にしてしまうこともある。

マリオネット・ワーク ツェスト男爵
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。対象を操ることが出来る精神汚染の白魔術。

エア・スクリーン ハインケル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 対象に空気の障壁を展開させる黒魔術。 効果中も自由に動くことが可能だが、物理的な衝撃に弱く術が消滅しやすい。
「大気の壁よ」

ファイア・ウォール ハインケル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 放射状に爆発的に広がる炎の壁を展開させる魔術。
「紅蓮の炎陣よ」

隠す爪(ハイドウン・クロウ) リィエル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。 錬金術の形質変化法と根源素配列変換を応用することによって、 何も無い所から武器を生み出すことが出来る。 とある組織の暗殺者が好んで使う暗殺術と言われている。
「万象に希う・我が腕に・剛毅なる刃を」

スタン・フロア ルミア=ティンジェル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第8巻初登場。地雷のような魔術罠(マジック・トラップ)の1つ。 爆発するのではなくて、音波衝撃と空気振動によって吹き飛ばす。

セイント・ファイア ルミア=ティンジェル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。 橙の聖なる炎によってアンデットモンスターを浄化することが出来る白魔術。 普通の人間は火傷1つ負うことはない。高位司祭などが使用する高位な浄化術となっている。
「送り火よ・彼等を黄泉に導け・その旅路を照らし賜え」

ピュアリファイ・ライト ルミア=ティンジェル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。 神々しい光を発することによってゾンビや死霊などのアンデットモンスターを攻撃する白魔術。
「光在れ・穢れを祓え給え・清め給え」

ファイア・トーチ ルミア=ティンジェル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 火種のようなものを発生させることが出来る黒魔術。
「火の仔らよ・指先に小さき焔(ほむら)・灯すべし」

マインド・アップ ルミア=ティンジェルなど
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。 自身の精神力を強化させることが出来る白魔術。 これによって精神系の魔法に対して耐性を持つことが出来る。 素の精神力を強化させるので、どれだけ耐えられるかは術者の精神力次第となっている。

ライフ・アップ ルミア=ティンジェル
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。 淡い光によって対象の自己治癒力をアップさせる白魔術。
「慈愛の天使よ・彼の者に安らぎを・救いの御手を」

ライフ・ウェイブ ルミア
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第6巻初登場。 光の波動を飛ばして遠距離の相手でも治癒出来る高位の術。 しかも近くにいれば複数同時にも効果がある。
「慈悲の天使よ・遠き彼の地に・汝の威光を」

コール・ファミリア レイク
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。小動物などのちょっとした使い魔を召喚する魔術。 使い手によっては自己作成したゴーレムなども遠隔召喚したりも可能。

トライ・バニッシュ レイク
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第1巻初登場。空間内の炎熱、冷気、電撃などの3属性のエネルギーを打ち消すことが出来る魔術。
「霧散せよ」

トライ・レジスト レイク
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
耐熱、耐冷、耐電などの効果を武器などに付与させることが出来る。
「守人の加護あれ」

スタン・ボール
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第5巻初登場。激しい音と震動が発生する球を飛ばす学生用の攻性呪文。 相手を気絶させ無力させたりするのが目的となる。
「風霊の咆哮」

レビテート・フライ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
第2巻初登場。いわゆる飛行魔術。 維持や制御が難しいので、長時間の使用となると相当の精神力が必要となってくる。


TOPへ