かっとばせ!キヨハラくん  [必殺技辞典]

TOPへ

ゴロニャーゴ投法 キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
オープン戦でピッチャーをやったキヨハラが使用した技。猫の着ぐるみを着て投げる。相手はあまりのあほらしさにあきれ、凡打に倒れてしまう。名前はトルネード投法のもじりらしいが、もはや原形をとどめていないような…。(松の字さんより)

とれねーど打法 キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
ノモ攻略のために、キヨハラが生み出した打法。あらかじめバットに切れ込みを入れておき、打つとバットが砕け散るようにしておく。すると打球と一緒にバットの破片も飛び散るため、平凡な内野ゴロでも危なくて捕球できなくなってしまう。こんなの捕れねえ、で「とれねーど打法」というわけ。(松の字さんより)

秘打カエルとび キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
正捕手であるイトウの負傷で、急遽キャッチャーをやらされたキヨハラが打席で使用した技。キャッチャーの姿勢から足が戻らなくなってしまったので、そのままカエルのようにジャンプしながら打つ。見事センターオーバーの当たりを放ったが、足がまともに動かないため走れず、結局アウトに。(松の字さんより)

マーマレード打法 キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
ノモのトルネード投法を攻略するために、クワタがキヨハラに伝授した打法。全身にマーマレードを塗りたくった状態で打つ。しかし語呂合わせで打てるはずもなく、単なるクワタの嫌がらせにすぎなかった。(松の字さんより)

マシンガンノック キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
マシンガンのごとく連続で球をノックする。

ヤリ投げ打法 キヨハラ
かっとばせ!キヨハラくん
クワタの円盤投げ投法に対抗して使用した技。ヤリ投げの要領でバットを投げ、その先端でボールを捉える。常識的に考えて普通に打った方がいい結果が出せると思うのだが、キヨハラは見事この打法で看板直撃のホームランを打った。(松の字さんより)

一升ビーンボール クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
ビーンボールのバリエーション。一升瓶を相手に投げつける。いちおう、ボールもちゃんと瓶にくっついている。(松の字さんより)

[1]クワダーキック
[2]クワダーへ
[3]クワタのサイゴッペ
クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
[1]仮面クワダーに変身したクワタのキック攻撃。(松の字さんより)
[2]仮面クワダーに変身したクワタが、おならで攻撃。戦闘員に変身した選手たちを、まとめて倒した。(松の字さんより)
[3]強烈な匂いのおならを放つ。作中では匂いでダメージを与えるためでなく、他の選手を追い出してその間に悪さをするために使用した。(松の字さんより)

ビーンボール クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
本来の意味のビーンボールではなく、ビールビンを投げつける。まあ、どちらにしろバッターにとって危険であることにかわりはない。(松の字さんより)

必殺円盤投げ投法 クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
日本シリーズにおける、キヨハラとの対決で使用した技。その名の通り、円盤投げのフォームで投球を行う。この作品内では陰険な性格として描かれているクワタにしては、比較的まともな技と言えよう(もっとも、直前のシーンでは砲丸投げの球を投げつけたりしているのだが…)。(松の字さんより)

かげねーど投法 ノモ
かっとばせ!キヨハラくん
トルネード投法を途中で止め、背面投げでボールを投げてからおならの風圧で急加速させる。名前の意味はくさくて臭いをかげねえ、ということだろうか。(松の字さんより)

監督怒りの乱れ打ち フジタ監督
かっとばせ!キヨハラくん
クワタの悪ふざけに対する制裁として使用した技。両手に持った太鼓のバチで、ひたすら連打を放つ。(松の字さんより)

愛のセレブレーション打法 キヨハラ&クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
結婚式コントをやりながらの打法。クワタがキヨハラに「キヨハラ命」と刻まれたバットを渡し、それを使って打つ。(松の字さんより)

一本足ピョンピョン走法 オー監督&クワタ
かっとばせ!キヨハラくん
十二球団対抗運動会の、二人三脚で使用された技。縛った足をお互い上げたままにし、残った外側の足で飛び跳ねながら進んでいく。現役時代一本足打法でならしたオーと、強靱な下半身を持つクワタのペアだからこそできる芸当らしい。(松の字さんより)


TOPへ