ケシカスくん [必殺技辞典]

TOPへ

火炎筆 エンピツ
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、自分に火を付けて、敵に突進して大ダメージを与える。しかし、自分にもダメージを負うという大きなデメリットがある。この必カス技で、ケシカスはエンピツを見直すもデメリットで燃え尽きたエンピツを見て、ずっこける。ポケモンのわざの「かえんだん」が元ネタ。 (SHOさんより)

ペン汁 エンピツ
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、給食のミソ汁をケシカスへ運ぼうとするが、滑って転倒してしまい、その汁がケシカスにかかってしまう。名前の由来はペンシル(日本語で鉛筆(基本かも知れないが、念の為・・・))+汁の語呂合わせ。 (SHOさんより)

目くらましの術 エンピツ
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、ひたすら体を振る。しかし、使用者エンピツがこの必カス技の反動で、目まいを起こし、結果的には使用者エンピツが目をくらますことになった。 (SHOさんより)

分ピツの術 エンピツ×2
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、彼の両側を削って分離して一緒に戦って、攻撃する側とと相手の動きを止める側に分ける。ケシカスはこの必カス技に苦しめられる。 (SHOさんより)

奥義、チンコブリッヂ ケシカス
ケシカスくん
ケシカスジャンケンで野球拳の様な賭けにて使用。全裸で仰向けになってブリッヂをする。タテが1番強いがタテはまず出ないと彼の計算であってこその技。しかし、友達のケシゴムがタテになりあえなく負ける。(SHOさんより)

カスれみのの術 ケシカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。一例の必カス技で、カスで景色にとけこみ、敵をやりすごす。しかし体が減るというデメリットがあるこの必カス技で、不良に絡まれそうな所を逃れるもデメリットが起こる。 (SHOさんより)

カスロー ケシカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、相手の股間を狙って、ボールを打って当てる。この必カス技で、修正液の股間を当てた。 (SHOさんより)

消える魔球 ケシカス
ケシカスくん
スポーツフェスティバルの最終(第3)種目 玉入れにて使用。その名の通り消える魔球をする。入る直前に消えるので当然カウントはされない。(あったと思いきやカス息子を利用して投げた) (SHOさんより)

クモの糸 ケシカス
ケシカスくん
納豆のネバネバの糸を利用して相手に飛ばす忍法。

ケシカスライディングシュート ケシカス
ケシカスくん
ただの語呂合わせのスライディング。初登場でワールドカッス(プ)に出場する為に特訓する時に使った技。しかし、特訓のしすぎで、本番の大会には汚れの模様や体の削れでボールで出場することになった。(SHOさんより)

大王イカス ケシカス
ケシカスくん
マヨネーズを飲むことによって 体を肥大化させてイカ状の形に変化させて攻撃をおこなう。

必カス三カスとび ケシカス
ケシカスくん
読者が考えたものでは無く、本編に登場した(作者が考えた)必カス技で、PK戦にて、足を付けてボールを受ける・・・が、修正液の方に飛び修正液に点が入る。ミナコ曰く「正しくは三角飛び」 (SHOさんより)

必殺カス変化 ケシカス
ケシカスくん
スポーツフェスティバルの第2種目 棒高跳びにて使用。手で擦って体をばらばらにし、バーを飛び越えるものの風に飛ばされて失敗する。
※前述の通り、体がばらばらになっているはあの定番の首が千切れるよりレベルが高いのでそういうのが苦手な方が見るのは要注意。(SHOさんより)

フェニッカス ケシカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、カスでフェニックスを作り、それで攻撃をする。ただし、体が減るというデメリットがある。この必カス技で、修正液に攻撃をする。デメリットは大して目立っていなかった。 (SHOさんより)

ブレーンカスター ケシカス
ケシカスくん
相手の体をブレーンバスターの要領で持ち上げて 投げ飛ばす技。自身の消しゴムの体を割ってまで放っている。

ポロリンボンバー ケシカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、指で鳴らしてチンコを爆発させる。この必カス技で、ボールと勘違いしてチンコを掴んだ修正液を爆発させた。 (SHOさんより)

見えないサーブ ケシカス
ケシカスくん
卓球対決で使用したサーブ。 最初空振って、球を打ったと見せかけて相手の隙をついた 所にこっそりと球を打つ。

黒板消しパンパン 黒板消し
ケシカスくん
自分の顔面を定規で叩きチョークの粉で飛ばすというまるで小学生の悪戯みたいな技。(SHOさんより)

[1]シタジキック
[2]シタジキッス
下じき
ケシカスくん
[1]コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、ただのキック。名前は下じき+キックの語呂合わせ。 (SHOさんより)

[2]コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、ケシカスと男同士のキスをする。(SHOさんより)

ジ・エンド・オブ・プレイヤー 修正液
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、彼の修正液を敵にかけて、その敵の姿を消す。この必カス技で止めを刺すつもりが、お互いの姿が分からなくなる。エンピツは「バカ」と呆れていた。 (SHOさんより)

マジックホワイトルーム 修正液
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、彼の修正液を自分の体に塗り、姿を消して、攻撃をする。この必カス技でケシカスは苦しめられる。ケシカス曰く「たいそうな名前」。 (SHOさんより)

すみ爺 すみ爺
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、「まカス」で呼んだすみ爺が登場する。ケシカスは突っ込みながら、見くびっていたが意外と強い。 (SHOさんより)

超水鉄砲
ケシカスくん
鼻の部分に大量の水を含んで 強力な水流を放出する。

そろばんアタック そろばん
ケシカスくん
コーナー「新キャラライバル勝ち抜きバトル」にて登場。 自分の珠を弾く様に投げて攻撃をする。 ケシカスがそろばんに「電卓やパソコンの時代にいるのか?」と侮辱をした時に発動。(SHOさんより)

泣きべそウェーブ チビカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、涙が波の様に溜められ、それをケシカスに襲う。ケシカスは自分のケシカスで、鳴き声の防音対策をするも、結局はこの必カス技で粉々になってしまう。
※前述の通り、体がばらばらになっているはあの定番の首が千切れるよりレベルが高いのでそういうのが苦手な方が見るのは要注意。 (SHOさんより)

ひりゅね チビカス
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、その名の通り、昼寝をする。ただ、それだけ。名前は昼寝がなまったもの。 (SHOさんより)

四瀧警(しりゅうけい) ネリ刑事(ケーシ)
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、凸凹の頭から、4匹の龍を出して敵を捕まえる。ミナコにスカートめくりをしていたケシカスを捕まえる時にこの必カス技を使用。 (SHOさんより)

ねりうん ネリ刑事(ケーシ)
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、ウンコに変身しあまりのくささに誰も近づけない。この必カス技で、ケシカスを手錠を掛けるも、ネリ刑事(ケーシ)の外見や臭いでじたばたする。 (SHOさんより)

はさミサイル はさ美
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、刃物を飛ばすと思いきや、彼女の耳を飛ばして攻撃をする。ケシカスには見くびられるがそれは彼女の作戦に過ぎず、「ブッチンかいきゃく」により破られる。 (SHOさんより)

ブッチンかいきゃく はさ美
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、敵が両足に乗った時に、開いて攻撃をする。この必カス技でケシカスの又がちぎれる。 (SHOさんより)

ぶんちんちん フデ爺
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、文鎮のチンコを落として、ケシカスに攻撃をする。結局、フデ爺は必カス技の披露をしたのにも関わらず、殆ど何もしていなかった。 (SHOさんより)

まカス フデ爺
ケシカスくん
コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、とにかく助けを呼ぶ。ただ、それだけ。しかし、そこへ必カス技「フデ爺」が発動する。 (SHOさんより)

[1]のりつっこみ
[2]のりのり防護のり
[3]のり弁当
水のり
ケシカスくん
[1]コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、1人漫才で攻撃をする。この必カス技でケシカスは苦しめられる。 (SHOさんより)

[2]コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、のりで身を包み、自分の身を守る。しかし、息が出来なくなるという致命的なデメリットがある。この必カス技で、ケシカスの攻撃を防ぐも、デメリットが起こり、ケシカスは「バカだろ」と突っ込む。 (SHOさんより)

[3]コーナー「必カス技コンテスト」に登場。読者が考えた必カス技で、普通ののり弁当にのりを付ける。この必カス技にケシカスは舌が3コマの間、取れなくなる。 (SHOさんより)


TOPへ