ケンガンオメガ  [必殺技辞典]

TOPへ

ハイスティックショット アダム・ダッドリー
ケンガンオメガ
第180話初登場。 上から振り下ろすようなパンチ。

泰山北斗八壊拳 エドワード呉
ケンガンオメガ
第144話初登場。呉氏絶技。 一瞬にして相手の体に連撃(8発?)を 叩き込んでいる。

穿(ウガチ) 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第87話初登場。臥王流の技で、 「纏鎧」を指先にのみ集中させて 相手の急所を狙って繰り出す。

逆月(サカヅキ) 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第150話初登場。臥王流の技。 攻撃してくる相手の腕を両手で挟むようにして 逆方向へとへし折ってしまう。

心法 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第182話初登場。臥王流の技。 攻撃を受ける際にわずかに立ち位置をずらすことによって、 ダメージを抑えるというもの。 自身が既にダメージを負ってる時に使用するもので、 大ダメージをわずかに減らす程度の最終的な手段とも言える。

双龍突 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第83話初登場。臥王流の技。 両手を挟み込むようにして伸ばして攻撃を繰り出す。

地伏龍(ちふくりゅう) 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第8話初登場。臥王流の技。 独特な緩い動きから、一気に加速をして 低い体勢から強烈なアッパーを繰り出す。 奇襲を目的としており、本来は土下座のような低い体勢から 突き上げるようにして小刀で攻撃をする技だったらしい。

纏鎧 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第7話初登場。 自身の筋肉を硬めることによって、 鎧と化す臥王流の技。

根断ち 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第156話初登場。臥王流の技で、 相手の首元を狙った手刀。

百舌(もず) 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第155話初登場。臥王流の技。 高所から落下しながら刃物で突き刺しを狙う。

裂空 臥王龍鬼
ケンガンオメガ
第38話初登場。臥王流の技。 一端地に伏せるような動きから 急激に飛び上がって回転蹴りを繰り出す。 途中まで「地伏龍(ちふくりゅう)」と同じ動きなので、 こちらを先に見せておけばフェイントにも使える。

神の御光(ゴッドグロー) ガオラン・ウォンサワット
ケンガンオメガ
第63話初登場。 加納アギトとの闘いによって砕かれた拳を 極限まで鍛え上げてパワーアップさせた右ストレート。 その一撃は神の領域へと突入しているとか。

剛当(ゴウタイ) 呉雷庵
ケンガンオメガ
第96話初登場。 ショルダータックル的な一撃。

蹴突(シュウトツ) 呉雷庵
ケンガンオメガ
第96話初登場。 ローリングソバットのような感じで 相手の体を突いている。

地削ぎ 呉雷庵
ケンガンオメガ
第137話初登場。呉家伝で、 相手の足元を蹴りで払ってひっくり返る ようにしてダウンさせる。

破山(ハザン) 呉雷庵
ケンガンオメガ
第96話初登場。 踏み込みと共に両手の拳を相手の顔面と体に当たるように同時に 突き出して攻撃をしている。

仏殺(ブッサツ) 呉雷庵
ケンガンオメガ
第96話初登場。 肘をカチ上げて相手の顎を打ち抜いている。

無明(ムミョウ) 呉雷庵
ケンガンオメガ
第96話初登場。呉家伝の技で、 手のひらを伸ばして突いて相手の目を攻撃している。

スティンガー 黒狼
ケンガンオメガ
第5話初登場。 足の親指に威力を集約させた素早い前蹴り。 ジャブよりも素早いこの一撃は自身の必殺技として昇華されている。 1日に左右の前蹴りを1000発ずつ素振りをおこなっている。

帝王眼 赫(てらし)
ケンガンオメガ
第118話初登場。視床下部への手術によって会得した力。 情報処理速度がアップしたことによって、例え素早い攻撃でも 見切ることが可能になる。 脳に負荷がかかるために連続使用は最大で60分までとなっている。 普段は視野を狭める仮面を被ることで、視覚情報を制限して脳への 負荷を減らしている。

呼吸する山(マウンガマナウ) トア・ムドー
ケンガンオメガ
第73話初登場。ムドー家秘奥義。 相手の打撃を回転しながら受け流し、そのまま の威力を打撃に乗せて繰り出す。

回転絶牙 十鬼蛇王馬
ケンガンオメガ
第132話初登場。呉家伝の技で、 相手の攻撃の勢いを利用しつつ自身の 回転を加え、肘を叩き込む。 作中では縦回転の一撃を繰り出している。

影法師 十鬼蛇王馬
ケンガンオメガ
第132話初登場。呉家伝の技で、 相手と背中合わせの状態から超至近距離の戦闘を おこなう。

骨喰(ほねばみ) 十鬼蛇王馬
ケンガンオメガ
第136話初登場。操流・水天ノ型。 関節を緩めることによって、可動域を広げる。 これによって相手の関節技から身を守ることも可能。

毒蛇 成島丈二
ケンガンオメガ
第141話初登場。 相手の経路、経穴などを狙って打つことができる。 くらった相手は悶絶するようにして動けなくなってしまう。

天狼拳 光打(グァンダ) 二階堂蓮
ケンガンオメガ
第1話初登場。 踏み込みから鋭い発勁を繰り出す。

神魔(シンマ) 飛王芳(フェイワンファン)
ケンガンオメガ
第124話初登場。二虎流の第参奥義。 通常よりも血液の循環を数十倍にすることで、自身の 身体能力などをアップさせる。

絶壊 飛王芳(フェイワンファン)
ケンガンオメガ
第124話初登場。二虎流火・水天ノ型。 両手による掌底的なものを繰り出している。 自身よりも大柄の相手を吹き飛ばし膝をつかせている。

鉄砕・連(テッサイ・ツラネ) 飛王芳(フェイワンファン)
ケンガンオメガ
第123話初登場。二虎流金剛ノ型。 同じ箇所に対して、連続で拳を素早く打ち込む感じである。

縛鬼 飛王芳(フェイワンファン)
ケンガンオメガ
第123話初登場。二虎流操類流・水天ノ型。 相手の背後からしがみつくように首やら腕の関節を極める。

飛斧脚(ヒブキャク) 飛王芳(フェイワンファン)
ケンガンオメガ
第124話初登場。二虎流金剛ノ型。・ 大きく飛び上がって相手の顔面まで蹴りを繰り出すことが出来る。

拝み斬り 山田浅右衛門貞武
ケンガンオメガ
第78話初登場。全身の筋肉を連動させて、 両手を合わせた手刀を振り下ろす。 その威力は岩さえも粉砕するという。

偽身(ウェイシェン) 幽崎無門
ケンガンオメガ
第22話初登場崑崙派蛇形拳の秘傅。 相手の先読みを利用して虚像を飛ばすことによって、その先読みを狂わせることが出来る。 達人ほど有効な技となっている。

仏蛇(ファシー) 幽崎無門
ケンガンオメガ
第22話初登場崑崙派蛇形拳の技。 残像を伴った蛇の体のようにうねった突きを繰り出す。

ビルマの鉄槌 鎧塚サーパイン
ケンガンオメガ
第164話初登場。 いわゆる振り下ろすような頭突きを繰り出している。

神殺しの削岩機(シュタインボラーディガットゥーテン) ユリウス・ラインホルト
ケンガンオメガ
第75話初登場。 自身の筋肉の弛緩と収縮をミリ単位でおこなうことが出来るというもの。 それを腕だけにおこない収縮させる。 殴りつける瞬間に一気に解放することによって旋回の回転によって 威力を爆発させる。

獅子咬(シシガミ) 雷庵
ケンガンオメガ
第51話初登場。呉一族伝。 両手を素早く動かして、対象の首の骨を一瞬で外す。 複数相手にも可能。

雀刺し 羅亡隼
ケンガンオメガ
第70話初登場。 相手が上着を掴んだ所を一瞬で脱ぎ去って 背後に回り込んで、相手の首元に蹴りを繰り出す忍法。

象眼突き(ぞうげんつき) 羅亡隼
ケンガンオメガ
第68話初登場。隼流忍法。 両手を合わせた状態の貫手で攻撃をする。

忍法肩透かし 羅亡隼
ケンガンオメガ
第67話初登場。 攻撃のタイミングをずらして相手の リズムを崩すというもの。

忍法梟爪脚(にんぽうキョウソウキャク) 羅亡隼
ケンガンオメガ
第69話初登場。 空中に飛び上がって相手の上から落下しながら蹴りを繰り出す。 蹴りを繰り出した瞬間に再び、蹴った相手を踏み台にして 飛び上がる。

忍法毒持ツ復讐者(にんぽうドキシックアベンシャー) 羅亡隼
ケンガンオメガ
第69話初登場。 両足の親指に仕込んだ毒によって 蹴りを繰り出す。

忍法ミスディレクション 羅亡隼
ケンガンオメガ
第65話初登場。 両手で素早く忍法的な印をすると見せかけ、 素早く蹴り上げて攻撃をする。

忍法蓮華王 羅亡隼
ケンガンオメガ
第68話初登場。忍法ミスティレクションと忍法肩透かしの合せ技。 両手からの素早い連続手刀や蹴りなどを繰り出す。

忍法パンチ 羅亡隼
ケンガンオメガ
第164話初登場。 対沢田に対して繰り出したパンチ。 独楽のようにスピンする沢田が加速する前に押さえて、 顔面をパンチしている。

猛襲態 羅亡隼
ケンガンオメガ
第67話初登場。隼流忍法。 掌底、回し蹴り、裏拳、飛び膝蹴りなどを 繰り出している。

鉄指
ケンガンオメガ
二虎流の金剛の型。 指先を硬化させることが出来る。 これによって相手の急所を突く際や、ツボを 圧迫するのに使用する。


TOPへ