グランクレスト戦記  [必殺技辞典]

TOPへ

イェーガー イゴール
グランクレスト戦記
第8巻初登場。聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 コンスタンス家伝統のもので、従属する兵士らの隠密性&機動性を アップさせることが出来る。

ベルセルク クルード・ギャラス
グランクレスト戦記
聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 ノルドだった祖先から 受け継いだもので、従属する兵士らの心を高揚させ死をも恐れぬ 者へとさせることが出来る。目の前の敵しか見えない状態になってしまうために、 細かい作戦に対応は出来なくなってしまう。

無限なる闇の炎(インフィニットダークブレイズ) シールカ・メレテス
グランクレスト戦記どろっぷあうと
一人での職務中にうっかり考案してしまったネタ技。元素魔法の一種で圧倒的な熱量により対象物を焼き尽くす。
後に混沌災害に巻き込まれた際にブチ切れて本当に使用し、混沌災害で巨大・食人植物化した花を一撃で灰塵にしたがそのあと自己嫌悪に伴う精神ダメージで再起不能となった。 (クウガもどきさんより)

ペルソナ ソロン
グランクレスト戦記
第4巻初登場。聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 従属する兵士らを英雄になりきらせることが出来る。 これによって兵士らが勇猛果敢に戦闘することが可能になる。

パトリオット テオ・コルネーロ
グランクレスト戦記
第1巻初登場。聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 従属する兵士らに護りの加護を与え、勇気を奮い起こさせる。

オメルタ ドーニ・ロッシーニなど
グランクレスト戦記
聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 従属する兵士らの心を冷酷無比にさせて、どのような残酷なことでも罪の意識がなくやれるようになる。 兵士自体が恐怖に怯えていた場合は効果が発揮されない。

ファランクス ナヴィル・ジェルジュ
グランクレスト戦記
第1巻初登場。聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 自身の重歩兵部隊を密集陣形にすることによって、聖印(クレスト)のパワーによって強化する。 触れるものを蹂躙し、遠くから放たれた矢程度なら弾き返してしまう。

火炎球(ファイアボール) ハイス
グランクレスト・アデプト
魔法師が使用する代表的な攻撃魔法。 その名の通り火炎球を飛ばして高熱と爆発の衝撃で攻撃をおこなう。
「世界を構成する四元素の1つ、力の結晶よ、破壊する者よ、燃え爆ぜて我が敵を滅ぼせ!」

ミュルミドン ペトル
グランクレスト戦記
聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 従属する兵士らの心から感情を消して迷いなく命令を遂行が可能になる。 術者の意図なども兵士らと共有が可能になる。

ドラグーン マリーネ・クライシェ
グランクレスト戦記
第1巻初登場。聖印(クレスト)の天恵(ギフト)の1つ。 この加護から繰り出される重弩の矢は強力で、炸裂、分裂、誘導などの効果を発揮させることが可能。 威力だけを重視させれば城壁も破壊することが可能。

大地の壁(アース・ウォール) リオン
グランクレスト・アデプト
地面を隆起させて壁とする元素魔法の1つ。 防御に使用したり、足止めにしたりと用途がある。

ツインサンダークロー ルナ&エマ
グランクレスト戦記どろっぷあうと
人狼の高い身体能力を生かして高速移動からの爪による姉妹連携攻撃を繰り出す技である。
エマ曰く、技名を叫ぶことによって魂的な何かが言葉に宿り通常時よりも威力が二割ほど上がるらしい。(クウガもどきさんより)


TOPへ