Fate/Apocrypha  [必殺技辞典]

TOPへ



王冠:叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト) アヴィケブロン
Fate/Apocrypha
生前には作ることは出来なかったゴーレムを完成させたもの。 巨大なゴーレムであり、自律式の固有結界。 世界を楽園に作り変える力を持ち、それによって自身の力などが増していく。 起動させるには炉心となる魔術師などが必要となってくる。 作中では複数のサーヴァントが宝具などを駆使して、ようやっと撃破するほどである。
ランクA+、対軍宝具、レンジ1〜10、最大捕捉100人

宙駆ける星の穂先(ディアトレコーン・アステール・ロンケーイ) アキレウス
Fate/Apocrypha
槍を投擲することによって、周囲の空間を切り取って相手との1vs1の世界を生み出すことが出来る宝具。 この空間内では神性などといった特性も効果なく、幸運も介入する余地がなく、宝具を使用も制限される。 空間内の時間は静止している。 元々はまともに戦おうとしないヘクトールと1vs1で戦うために編み出したもの。 これによってヘクトールと1vs1で戦い勝利しているらしい。
ランクB+、対人宝具、レンジ2〜10、最大捕捉1人

疾風怒濤の不死戦車(トロイアス・トラゴーイディア) アキレウス
Fate/Apocrypha
3頭の名馬からなる戦車の宝具。 戦場を神速で駆け抜けることが出来、その威力は巨大なジャンボジェット機を 簡単に破壊するほどである。自身の弱点である踵を隠すという大きな役割もある。
ランクA、対軍宝具、2〜60、最大捕捉50人

彗星走法(ドロメウス・コメーテース) アキレウス
Fate/Apocrypha
全人類の頂点に位置するという素早い脚力。 障害物があっても速度を落とさずに移動可能。弱点であるアキレス腱が 露呈してしまうのが難点らしい。
ランクA+、対人宝具、レンジ0、最大捕捉1人

蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス) アストルフォ
Fate/Apocrypha
自身が生きた世界を盾として表したもので宝具。 真名を開放することによって、対人・対軍・対城・対国・対神宝具さえも防ぐことが可能。 世界を表した宝具ゆえに対界宝具にだけは弱い。 元々はアキレウスの宝具だが、作中ではアキレウスの意志によってアストルフォが使用してカルナの「日輪よ、死に随え」を防ぎきっている。
ランクA、結界宝具、レンジ0、最大捕捉1人

破却宣言(キャッサー・デ・ロジェスティラ) アストルフォ
Fate/Apocrypha
全ての魔術を打ち破る手段が記載されているという書物。 真名を開放せずもと持ってるだけでそれなりの効果を発揮し、自身のステータスを 書き換えられるのもこの宝具の恩恵。 作中では真名を開放することによって、自身の周囲に大量のビットのように 破れたページ片を展開させ、ランクAの対魔力以上の攻撃を無効化させるという効果を発揮している。
ランクC、対人宝具、最大捕捉1人

触れれば転倒!(トラップ・オブ・アルガリア) アストルフォ
Fate/Apocrypha
カタイの王子アルガリアが愛用した馬上槍を伝説化させた宝具。 槍が体に少しでも触れることによって、膝から下の魔力をカットして強制的に下半身を霊体化させて 転倒させるというもの。この転倒から復帰にするには幸運判定が必要となる。 作中では圧倒的巨大なゴーレムを転倒させることも成功させている。

この世ならざる幻馬(ヒポグリフ) アストルフォ
Fate/Apocrypha
上半身は鷲、下半身は馬の幻獣の宝具。それに乗って飛行をおこなうことなどが可能。 この段階であればさほどの魔力消耗はない。 真名を解放すればAランク相当の攻撃が可能だが、魔力も大量に消耗し続けてしまう。 またグリフォンと馬のハーフという出自から、存在が曖昧であり次元の狭間にその身を置くことが可能。 これによってあらゆる攻撃を透過可能となっている。
ランクB+、対軍宝具、レンジ1〜50、最大補足100人

恐慌呼び起こせし魔笛(ラ・ブラック・ルナ) アストルフォ
Fate/Apocrypha
竜の咆哮にも似た音を発し、発する爆音によって攻撃をおこなう宝具。 伝説では妖鳥が逃げ出す程と言われているが、実際に耐えられないものが喰らえば一瞬で全身が塵となってしまう。 角笛の形をしており、使用際は巨大化する。
ランクC、対軍宝具、レンジ1〜50、最大補足100人

神罰の野猪(アグリオス・メタモローゼ) アタランテ
Fate/Apocrypha
魔獣カリュドンの皮という宝具。 これで猪を包めば大魔獣に、人を包めば超越した怪物に、英雄を包めば魔人へと変貌させてしまう。 これをアタランテはジャンヌへの対しての憎しみによって使用し、 自身を変化させている。 彼女は生物の速度を凌駕しており、ルーラーであるジャンヌも苦しめた。 暴走してるように行動しており、真っ当な思考もなく、常に全身に激痛が走っているような状態。 それでも「タウロポロス」を繰り出したりもしている。 飛行するために体をさらに変化させたりもしている。
ランクB+、対人宝具、レンジ0、最大捕捉1人

訴状の矢文(ポイボス・カタストロフェ) アタランテ
Fate/Apocrypha
天穹の弓(タウロポロス)と矢を構え、放つことの動作そのものが宝具。 2本の矢を空中へ放ち、豪雨のごとく光の矢を降らす。矢を降らせる範囲設定も可能。 サーヴァントには通用しづらいが、並のホムンクルスやゴーレムには有効的。
ランクB+、対軍宝具、レンジ2〜50、最大補足100人
「我が弓と矢を以て太陽神(アポロン)と月女神(アルテミス)の加護を願い奉る。この厄災を捧がん。」

天の槌腕(ヘヴンフレイル) 天草四郎時貞
Fate/Apocrypha
大聖杯の力を操作して繰り出した一撃。 魔力の塊を落下させて攻撃をおこなう。 その威力はスパルタクスが自らの命と引き換えに繰り出した一撃並みの威力となっているらしい。

右腕・悪逆捕食(ライトハンド・イヴィルイーター) 天草四郎時貞
Fate/Apocrypha
自身の腕が宝具と化したもの。あらゆる魔術基盤にアクセスして行使が可能となる。 未来視などの戦闘補助をおこなうことが出来る。心眼(真)に類似した能力が発動可能。
ランクD、対人宝具、レンジ1、最大捕捉1人

左腕・天恵基盤(レフトハンド・キサナドゥマトリクス) 天草四郎時貞
Fate/Apocrypha
自身の腕が宝具と化したもの。あらゆる魔術基盤にアクセスして行使が可能となる。 自身に対する補強をおこなうことが出来る。心眼(偽)に類似した能力が発動可能。
ランクD、対人宝具、レンジ1、最大捕捉1人

開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を(ファースト・フォリオ) ウィリアム・シェイクスピア
Fate/Apocrypha
世界を改変する宝具で、対象に物語を強制的に体験させるというもの。 作中ではジャンヌ・ダルク自身の人生を追体験させている。 これによって精神を追い詰め、ルーラーであるジャンヌ・ダルクに勝利するという大金星をあげている。
ランクB、対人宝具、レンジ1〜30、最大捕捉1人

鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア) ヴラド三世
Fate/Apocrypha
自身を英霊ではなく吸血鬼という化物に変貌させてしまうという宝具。 スキルや宝具は使用出来なくなるが、身体能力のアップや吸血鬼としての特殊能力が使用可能となる。 ただ吸血鬼としての弱点も引き継いでしまう。 ヴラド三世は吸血鬼になることを嫌い、マスターにもこの宝具を絶対に使うなと言っている。 バーサーカークラスで召喚された際は常にこの状態となっている。
ランクA+、対人宝具、最大補足1人

天蠍一射(アンタレス・スナイプ) ケイローン
Fate/Apocrypha
天空から星を矢として繰り出す宝具。 魔力を溜める必要がなく、真名の開放をせずとも、自身の狙うという意志だけで発動することが出来るのが特徴。 作中ではアキレウスの踵をピンポイントで狙うという狙撃を見せている。 一晩に1回しか使用出来ないのも特徴的。
ランクA、対人宝具、レンジ5〜99、最大捕捉1人

悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール) ジークフリート
Fate/Apocrypha
自身の竜の血を浴びたという逸話が元になった宝具。 Bランクまでの物理、魔術攻撃を無効化させることが出来る。 それ以上の効果はBランク分を差し引いてダメージを受けることになる。 ただし弱点である背中に対しては有効となっていない。
ランクB+、対人宝具、最大補足1人

幻想大剣・天魔失墜(バルムンク) ジークフリート
Fate/Apocrypha
真名を解放した際は剣を振るうことによって、黄昏の光を放出させる。 竜族の血を引く者には追加ダメージを与えることが可能。
ランクA、対軍宝具、レンジ1〜50、最大補足500人

暗黒霧都(ザ・ミスト) ジャック・ザ・リッパー
Fate/Apocrypha
霧の結界を展開させる宝具。ジャック・ザ・リッパーが暗躍した 産業革命による公害が問題となった時代背景も反映されている。 この霧は魔力によって硫酸で構成されており、人間なら外からと 内側(呼吸によって)の両方から溶かされていく。 サーヴァントに対してはダメージはないが、敏捷性を1ランクダウンさせることが可能。 ただし耐性が高い相手に敏捷性ダウンの効果もなく霧による視界阻害しか効果を発揮しない。 霧からの脱出はBランク以上の直感や魔術的行使が必要となっている。 効果範囲は町1つを覆うほども可能だが、最大捕捉は50人となっている。 効果の対象を選ぶことも可能。
ランクC、結界宝具、レンジ1〜10、最大捕捉50人

解体聖母(マリア・ザ・リッパー) ジャック・ザ・リッパー
Fate/Apocrypha
ジャック・ザ・リッパーによる殺人事件を再現するという宝具。 宝具を発動させた瞬間に対象の体を解体させてしまう。 条件があり、「夜」、「霧」、「女性」という条件が揃った時にのみ最大の効果を発揮する。 それ以外だと相手にダメージを与えるだけとなっている。 一種の呪いのようなものであり、作中では圧倒的な耐性を持つルーラーによって防がれてしまってはいる。
ランクD〜B、対人宝具、レンジ1〜10、最大捕捉1人
「此(こ)よりは地獄。わたしたちは炎、雨、力。」

紅蓮の聖女(ラ・ピュセル) ジャンヌ・ダルク
Fate/Apocrypha
固有結界の亜種で、自身の火あぶりを攻撃的に解釈した概念霊装であり宝具。 剣の柄の部分からあらゆるものを焼き尽くすという炎を繰り出す。 自身の生命をエネルギーとして繰り出すので、使用したが最後、自身も消滅する。
ランクC(発現後はEX)、特攻宝具

「諸天は主の栄光に。大空は御手の業に」
「昼は言葉を伝え、夜は知識を告げる」
「話すことも語ることもなく、声すらも聞こえないのに」
「暖かな光は遍く全地に、果ての果てまで届いて」
「天の果てから上って、天の果てまで巡る」
「我が心は我が内側で熱し、思い続けるほどに燃ゆる」
「我が終わりは此処に。我が命数を此処に。我が命の儚さを此処に」
「我が生は無に等しく、影のように彷徨い歩く」
「我が弓は頼めず、我が剣もまた我を救えず」
「残された唯一つの物を以て、彼の歩みを守らせ給え」
「主よ、この身を委ねます」
「絶望の後には、必ず希望が持つ」

我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル) ジャンヌ・ダルク
Fate/Apocrypha
生前に自身が振ってた旗を掲げて味方を鼓舞して守護する宝具。 自身の魔力を物理的な防御とすることが可能。 防御中は自身は一切攻撃することは出来ない。 範囲は10レンジ以内となっている。
ゲーム内では味方全体に無敵&防御力アップ&毎ターンHPを回復させる効果を付与させる。
ランクA−、結界宝具、レンジ1〜10、最大捕捉???
「我が旗よ、我が同胞を護りたまえ!」

疵獣の咆吼(クライング・ウォーモンガー) スパルタクス
Fate/Apocrypha
自身がくらったダメージを魔力へと変換させることが出来る宝具。 これによって自身を強化したり回復したりすることが出来る。 ただあまりにダメージを食らうと体が異形化していき、とんでもないことになる。 最終的には爆弾が爆発するかのように、周囲に魔力のエネルギーを炸裂させる。 Apocryphaでは、城塞を半壊させるほどの破壊力を見せている。
ランクA、対人宝具、レンジ0、最大補足1人

驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム) セミラミス
Fate/Apocrypha
「虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)」の王の間のみで使用可能な宝具。 あらゆる毒を作り出すことが出来る。炎を生み出した場合は、その炎も毒を持つ。 ちなみに自身は毒への耐性が生まれる。
ランクB、対軍宝具、レンジ1〜20、最大捕捉10人

虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン) セミラミス
Fate/Apocrypha
いわゆる空中要塞のようなものを展開させる宝具。 発動させるには、自身が生きてた時代の木材、石材、鉱物、水、植物などの材料が必要で しかも長時間の儀式の末に発動が可能になる。 発動際してしまえば、この要塞自体が自身のフィールドとなり、自身のステータスなどが 圧倒的に強化される。ただし要塞から出た場合は自身はほぼ無力化してしまう。 外敵からも黒棺と呼ばれる11の砲身から発射される光弾があり、 対魔力Aランクの防御さえも突破が可能。
ランクEX、対界宝具、レンジ10〜100、最大補足100人

戦火の鉄腕(マルス) フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
Fate/Apocrypha
接続強化型魔術礼装(ブロンズリンク・マニピュレーター)を駆使して使用する術。 光弾を発射する。連射も可能。

磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー) フランケンシュタイン
Fate/Apocrypha
鎚である「乙女の貞節(ブライダル・チェスト)」を地面に突き立て、リミッターを解除して繰り出す ホーミング性能がある雷撃を繰り出す宝具。単体近距離の相手であれば「乙女の貞節(ブライダル・チェスト)」無しでも使用可能。 リミッター解除状態で使用した場合は自身も活動停止(死)してしまう自爆技。 リミッターを解除しなくても使用は可能だが、その場合の威力はDで良くてもC程度くらい。 また低確率ではあるが、くらったものがフランケンシュタイン化してしまう場合もある。
ランクD〜B、対軍宝具、レンジ1〜10、最大捕捉30人

我が麗しき父への叛逆(クラレント・ブラッドアーサー) モードレッド
Fate/Apocrypha
「然と輝く王剣(クラレント)」を全力解放して繰り出す一撃。 剣が赤黒く形も変化してから振るうことによって、直線上に赤い稲妻のごとくエネルギーを放出させる。
ランクA+、対軍宝具、レンジ1〜50、最大補足800人

不貞隠しの兜(シークレット・オブ・ペディグリー) モードレッド
Fate/Apocrypha
左右に2本の角がついた兜の宝具。 自身のスキルや真名に繋がる情報を隠す隠すことが出来る。 母には決して外すなと言われてたらしい。
「我が麗しき父への叛逆(クラレント・ブラッドアーサー)」を使用する際は兜を外さないとならない。


TOPへ