十二戦支爆烈エトレンジャー [必殺技辞典]

TOPへ
1995年4月7日〜1996年1月26日 全39話
ムーゲン――様々な物語が組み込まれた果てしなく天空に続くノベルポールを存在の柱とし、動物の精霊が平和に暮らす幻想郷。その一方で、深い闇の中に潜む邪霊王ニャンマーがノベルポールを構成するノベルワールドを破壊せんと邪霊モンスター達を送り込んでいた。異変に見舞われたムーゲン、その長たるオーラ姫に召集された守護霊十二支。彼らこそムーゲンの守護神たる[爆烈エトレンジャー]である。エトレンジャーは時空間転移マシーン・キリンダーに乗り込んでノベルワールドに向かう使命を与えられた。邪霊モンスターが登場人物に化け、おとぎ話がSFやら西部劇やらのトンデモ世界になってしまったノベルワールドを修復するために。
ニャンマーの分身たる四天王の介入で激しさを増す戦い。数々の冒険を経て明らかになる真実。ニャンマーとキリンダーの正体はそれぞれかつてムーゲンから行方をくらませた猫の精霊ショコラ、キリンの精霊リディアであり、ショコラがムーゲン崩壊を目論む邪霊神バギに利用された結果、今の姿になったのだった。決戦の末、エトレンジャー12人の内9人までが死亡、残るメンバーに迫るニャンマーだったが、自分がバギに利用された真実を教えられて激しく動揺する。バギの喉元に向かう3人、さらにオーラ姫の下で死亡したはずの9人が復活、勢ぞろいしたエトレンジャーと改心したニャンマーの力でバギは滅びた。ニャンマーはショコラとして、キリンダーはリディアとして元の姿を取り戻し、エトレンジャーともども平穏な生活に戻ったが、己の罪深さにショコラはムーゲンを一人去る。
ムーゲンに平和を取り戻した爆烈エトレンジャー。彼らの物語が新たなノベルワールドとなったのだった……

十二支の由来を始めとした数々のおとぎ話をモチーフに、12人という『超星神グランセイザー』並みに大所帯で個性豊かな主人公たちが活躍するギャグありシリアスありの冒険アニメ。かつて衛星第二放送で放送された衛星アニメ劇場、その数少ないオリジナル作品だが、権利関係が厳しいらしく、近年ようやく日の目を見るようになった。 声優陣がやたら豪華で、後の人気声優がブレイク前に出演していたりする。

「邪霊照覧!」

ビエ〜ン砲 ウリィ
十二戦支爆烈エトレンジャー
泣き虫で最年少マスコットのイノシシの精霊ウリィの唯一にして最大の技。ピンチになると泣き叫ぶと同時に腹の特大バッジから出す大出力ビーム。泣かないと出ないので時に仲間に虐待されるはめに。(HOLICさんより)

十二戦支合体光線 エトレンジャー(+ニャンマー)
十二戦支爆烈エトレンジャー
敵を円状に囲んで各自のバッジから中央に向けて上空に光線を発射、集まった光線が真下の敵に注がれる最大の技。最終回では改心したニャンマーが加勢し、邪霊神バギを滅ぼした。(HOLICさんより)

邪霊照覧 爆烈丸(バク丸)
十二戦支爆烈エトレンジャー
現摩鏡を相手に向け、光を浴びせてノベルワールドの登場人物に化けている邪霊モンスターの正体を暴く。あくまで現摩鏡に基づく技であってバク丸専用ではない。(HOLICさんより)

精霊召喚 爆烈丸(バク丸)
十二戦支爆烈エトレンジャー
現摩鏡を天にかざし、キリンダーで待機しているメンバーを呼び寄せる。大体戦闘に際して行われるが、「わらしべ長者」の話では交換されるために馬の精霊パカラッチが召喚されたりもする。あくまで現摩鏡に基づく技であってバク丸専用ではない。(HOLICさんより)

大降臨キリンダー 爆烈丸(バク丸)
十二戦支爆烈エトレンジャー
敗れた邪霊モンスターが逃げるところにキリンダーを召喚するお約束パターン的技。キリンダーは口から聖なる波動を放って邪霊モンスターから最終回の邪霊神バギまで浄化する。召喚はバク丸の左手バッチでのみ為される。(HOLICさんより)

爆烈疾風剣 爆烈丸(バク丸)
十二戦支爆烈エトレンジャー
ねずみの精霊バク丸の必殺剣技。高速で縦回転した後、ビームサーベルを構えて突撃する。習得に貢献したガオウ曰く「とんでもねえ必殺技」だそうだが、直前の回転の遠心力を無駄にしているようにも見えてなんか気が抜ける。(HOLICさんより)


TOPへ