デッド・オア・ストライク  [必殺技辞典]

TOPへ

コンクラーベ 明日葉杖也
デッド・オア・ストライク
第12話初登場。 キャッチャーまで届くスピードが最大で50分以上かかる超スローボール。 かと思いきや、急激に加速して相手が油断した所に襲いかかる。 溜めた分だけ、解放された際のスピードがアップするが、 溜めてる際には自身の右手には圧力がかかり続けてしまう。 マックスまで溜めは球は「マキシマム・ザ・コンクラーベ」となる。

蛇腹球(じゃばらぼ) 明日葉杖也
デッド・オア・ストライク
第12話初登場。 投げた球が螺旋状の軌跡を描く魔球。

ビッグウェーブ 明日葉杖也
デッド・オア・ストライク
第11話初登場。 打った球の勢いによって、周囲の水を広げて 波を発生させて守備の邪魔をするという打法。 フィールドが水だからこその打法。

双竜 杏道駆太
デッド・オア・ストライク
第26話初登場。 バットを分裂させることが出来る魔振。

×斬(かけざん) 杏道駆太
デッド・オア・ストライク
第26話初登場。 双竜によって分裂させたバットを交差するようにして 球を打つ魔振。分裂した球を打つ際に便利。

死死球球feat.三振(デデデッドボールフィートアウト) 碇山剛宗
デッド・オア・ストライク
第2話初登場。 まず相手のバッターめがけて分裂魔球を飛ばし、 さらにキャッチャーミットめがけて分裂した3球を投げる。 デッドボールと三振を狙いにいく必殺技。

トリモチ 磯富良凡
デッド・オア・ストライク
第40話初登場。 投げた球がトリモチとなって相手にへばりつく魔球。 守備の際にもグローブに付けておけばキャッチ力がアップする。

トリモチロック 磯富良凡
デッド・オア・ストライク
第49話初登場。 打球に触れた相手に対して5分間粘着力を与えるという持続型の魔振。

フェイクスター 音宮
デッド・オア・ストライク
第34話初登場。 打った球が空中で分裂する魔振。 本物は1つあとは偽物。ハズレに触れると煙幕が発生する。

大蛇棍(おろちこん) 駆田門与一
デッド・オア・ストライク
第40話初登場。 バットを大根の桂剥きのようにすることで伸ばすことが出来る魔振。 最大で10m伸ばすことが可能だが、伸ばした分パワーは落ちてしまう。

大棘千(おおとげせん) 騎馬吊男
デッド・オア・ストライク
第27話初登場。 バットを巨大なランスに変化させて 突いてボールを打つという魔振。

棘千 騎馬吊男
デッド・オア・ストライク
第21話初登場。 打った球がトゲトゲになって守備に対して 攻撃をおこなう魔振。 1試合で17回ほど使用可能。

張り手砲 綺羅沢
デッド・オア・ストライク
第24話初登場。 打った打球が巨大な張り手のオーラをまとって 守備に襲いかかる魔振。

一刀両弾 切島彼方
デッド・オア・ストライク
第37話初登場。 居合のごとくバットを振うる魔振。 打った球が鋭く分裂して、守備を襲う。

豪華剣乱 切島彼方
デッド・オア・ストライク
第52話初登場。 打った球が2つに割れ、それぞれが刀剣となって 守備に襲いかかるという魔振。

風林火斬 切島彼方
デッド・オア・ストライク
第48話初登場。 相手の魔球ごと真っ二つに切り裂くことが出来る魔振。

炎斬り 切島彼方
デッド・オア・ストライク
第45話初登場。 打球に発生させた炎を切り裂く。 守備側にも関わらずバットを使って使用している。

暗黒無双 黒式部荒野
デッド・オア・ストライク
第58話初登場。 打った球が周囲に闇を撒き散らして守備の視界を奪う魔振。 人体には害はないらしい。

ライジング・サン 拳田(こぶしだ)
デッド・オア・ストライク
第34話初登場。 打球を輝かせることによって守備の目をくらませる魔振。

閃光花火(せんこうスパーク) 才野有人
デッド・オア・ストライク
第29話初登場。 打った球の周囲に無数の火花を纏わせる。 魔振自体の威力はないが、相手の魔球の威力が高いほど 威力を増して打ち返すことが可能。

閃光ソニック 才野有人
デッド・オア・ストライク
第50話初登場。 バットに爪のような火花をまとわせて打つ魔振。 打った打球は空中で花火のように炸裂して地上に降り注ぐ。

百花繚乱 才野有人
デッド・オア・ストライク
第44話初登場。 相手バッターの魔振を手で受けることによって、 その効果を自身の手にまとわせて魔球を投げるというもの。

帯鎖縛 早乙女晶
デッド・オア・ストライク
第21話初登場。 打った球が帯状になって守備にまとわりついて動きを封じる魔振。 また相手が打った球を帯状に変化させることも可能。

帯鎖縛一本釣り 早乙女晶
デッド・オア・ストライク
第24話初登場。攻撃側が打った球を帯状に変化させ、 その帯の先端を手にとって、釣り上げる。

泡玉ランチャー
デッド・オア・ストライク
第57話初登場。 ボールに大量の泡をまとわせて投げる魔球。 相手バッターはバットにボールが滑って打つことが出来ない。

さまよえる白球(白い弾丸) 早舞間甲志(さぶまこうし)
デッド・オア・ストライク
第41話初登場。 バットの先端で突いてボールを打ち返す魔振。 打ち返した打球は弾丸のごとく威力がある。 実はバットの先端から空気の塊を弾丸のように飛ばしている。

超高速返球(ソニックワルツ) 早舞間甲志(さぶまこうし)
デッド・オア・ストライク
第7話初登場。 相手が投げたと同時に返球をおこなう音速の守備。 ソニックブームが発生しているのか周囲のガラスが吹っ飛んでいた。

氷柱落とし 鮫定
デッド・オア・ストライク
第4話初登場。 一見普通のフライだが、守備の相手めがけて ボールが勢い良く落下する魔振。 ボールの形も氷柱のように変化している。

丸飲みジョニー 鮫定
デッド・オア・ストライク
第6話初登場。 隠し球を含め同時に8個の球を氷柱のようにして 投げる反則奥義。まるで鮫の牙のように見える。

風車(かざぐるま) ジャン=リチャール・ルコック
デッド・オア・ストライク
第48話初登場。 フェイシングのような構えからボールを突くことによって、 ボールに回転を与え、触れた守備の相手を回転力によって吹き飛ばす。

背負い流し ジャン=リチャール・ルコック
デッド・オア・ストライク
第38話初登場。 フェイシングのような構えからボールを突くことによって、 ボールに回転を与え、触れた守備の相手を回転力によって吹き飛ばす。

水際守備(ウォーターウォール) 長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第10話初登場。グラウンドが水面の場面で使用した守備。 水柱を巻き上げて、打球の勢いを殺す。

水切りショット 常多心壱
デッド・オア・ストライク
第10話初登場。 グラウンドが水面の場面で使用した打撃。 打った球が水面を水切りしていき飛んでいく。

ネガティブネット 詰崎
デッド・オア・ストライク
第4話初登場。 自身の負のオーラを周囲に展開させ、 そのオーラがピッチャーの投げた球の威力を 削ぎ落とす魔振。 打撃だけでなく、相手の守備を邪魔するのにも利用可能。

Iターン 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第38話初登場。 キャッチした瞬間にボールを送球する魔球。

L球バット(エルボーバット) 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第14話初登場。 打ったライナー性のあたりが、真上に跳ね上がる魔振。

オーバー・ザ・レイン球(ボール) 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第28話初登場。 打球を最後の方で少しだけホップさせて守備から逃れるという魔振。 力があまりない状態で振り絞って使用したもの。

Wフェイント 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第45話初登場。 打球を2回方向転換させる魔振。

ビクトリーロード 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第5話初登場。 打った球が2回変化して飛んでいく魔振。

RE:ボール 華菱廉太郎
デッド・オア・ストライク
第23話初登場。 ファール性のあたりをフィールド内に戻して フェアとさせる魔振。

アロマテラー激辛球(ブラックペッパー) 鷹間丑満
デッド・オア・ストライク
第22話初登場。 打った球から強烈な痛みが発するほどの香りを放出する魔振。 1試合で60回ほど使用可能。

アロマテラー高揚球(ローズマリー) 鷹間丑満
デッド・オア・ストライク
第23話初登場。 身体能力をアップさせる香りを発することが出来る技。 自身以外にも効果はある。 1試合で60回ほど使用可能。

催眠球(イランイラン) 鷹間丑満
デッド・オア・ストライク
第24話初登場。暗示をかける技。 時間がかかるが作中では相手チームの魔振を封じることに成功している。 匂いを水で落とすことで効果は消える。 1試合で60回ほど使用可能。

ハイ・フライ・どどーん 竜田竜太郎
デッド・オア・ストライク
第49話初登場。 フライとなった打球が地面をえぐるほどの高速スピードで 垂直落下するスワンダイブ式の魔振。

重加速(ヘビーメタル) 竜田竜太郎
デッド・オア・ストライク
第13話初登場。 打った球がとてつもなく重く、キャッチした守備を骨折させるほどのパワーが有る。 相手の重い打球をキャッチしたりするなど、守備へも応用が可能。 1試合で1〜5回使用可能。

電撃弾(スタンだん) 長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第22話初登場。 投げた球に電撃をまとわせることによって 打った打者を痺れさせることが出来る魔球。 打者が打たないとキャッチャーが危険な技でもある。

通電閣 長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第13話初登場。 全身から電撃を放出しながら打つ魔振。 発した電撃によって守備の妨害が可能。

雷神放電閣 長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第51話初登場。 電撃をまとわせたバットでボールを打つ魔振。 打球は雷の龍となって守備に襲いかかる。

雷鳴バックホーム 長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第35話初登場。 ボールに電撃をまとわせた高速のバックホーム。

硬式ロケッツ 常多心壱
デッド・オア・ストライク
第24話初登場。 投げた球が爆発の勢いによって加速するという魔球。 バッティングにも使用可能。

2段ロケッツ 常多心壱
デッド・オア・ストライク
第40話初登場。 「硬式ロケッツ」によって加速して投げた球を 途中でさらに爆発的に加速させるという魔球。

爆ホーム(バックホーム) 常多心壱
デッド・オア・ストライク
第20話初登場。 投げた球がロケット噴射するかのように 勢い良く飛んで行くバックホーム。

爆ボール(ボムボール) 常多心壱
デッド・オア・ストライク
第23話初登場。 打ったボールに導火線みたいなものが展開され、 一定時間後に爆発するという魔振。

コピペ・リフレクション 兎隠槐
デッド・オア・ストライク
第39話初登場。 相手の魔球をコピーして、打球として飛ばすことが出来る魔振。

天空審判(ジェットスクリーム) 毒村四音
デッド・オア・ストライク
第48話初登場。 上空高くにボールを打ち上げ、ものすごい勢いで 地上へと落下させる魔振。 落下するボールはまるで隕石のようになっている。

天空の息吹(ジェットブレス) 毒村四音
デッド・オア・ストライク
第49話初登場。 バットを抉って打てないようにしてしまう程の威力の魔球。

乱鬼流 毒村四音
デッド・オア・ストライク
第26話初登場。 投げた球が嵐を発生させ周囲を破壊しながら飛んでいく魔球。 魔振としても使用が可能。

プロヴァンス風新緑の香りを朝の風に乗せて〜バント仕立て 毒村四音
デッド・オア・ストライク
第57話初登場。要するにバント。 微風をまとっているためにピッチャーが投げた魔球の性質を 失うことなく相手守備を苦しめることが出来る。

ステルス 七波八起
デッド・オア・ストライク
第28話初登場。 打った球を見えにくくさせる魔振。 最大でシャボン玉程度の透明度を再現が可能。

ステレスレス 七波八起
デッド・オア・ストライク
第53話初登場。 打球がグローブを透過させて相手のエラーを誘発させる魔振。

ダイビングバット 七波八起
デッド・オア・ストライク
第53話初登場。 バットを持ったまま自身がピッチャーの投げる球に対して ダイブして打つというもの。

土竜ドリル 肉間
デッド・オア・ストライク
第24話初登場。 打った球が地面を潜って進んでいき、地上へと現れる魔振。

大波紋 ノリ
デッド・オア・ストライク
第34話初登場。 打って地面についた球が超微細震動によって 波立たせる魔振。地面が津波のようになって守備を阻む。 打った自身も地面の波に乗って移動が可能。

宅急便(ブラックキャット) 猫噛窮鼠
デッド・オア・ストライク
第38話初登場。 打った勢いを球ではなく走るスピードに乗せることが出来る魔振。

赤壁 鋼屋
デッド・オア・ストライク
第33話初登場。 打者の前に壁が展開され、投げられたボールを守って打てないようする魔球。 打者がバットを振らない場合は途中で壁に穴が開いてボールが飛んでくる。 投手は体力には自身があり、1試合まるまるこの魔球を投げることが可能らしい。

フジロック 鋼屋
デッド・オア・ストライク
第36話初登場。 打った球を重くて堅牢な岩で覆うことによって 守備を阻む魔振。ただし岩ごと投げようと思えば可能。

正闘牛士(トレーロ・マタドール) 縛田飛之
デッド・オア・ストライク
第45話初登場。 ボールを巨大な闘牛へ変化させて、キャッチャーめがけて突進をさせる魔球。

重量級闘牛士(ヘビーマタドール) 縛田飛之
デッド・オア・ストライク
第51話初登場。 ボールが巨大な闘牛となって、それに乗って移動をおこなう魔球。

闘牛士(マタドール) 縛田飛之
デッド・オア・ストライク
第39話初登場。 角が生えたボールを投げる魔球。 ボールは猛牛のごとくバッターに襲いかかる。 ただし必ずしも襲いかかるとは限らないのでフェイントにもなる。

クレイジー・ドライブ 幡場弾吾
デッド・オア・ストライク
第29話初登場。「アドリブ・ドライブ」の本気バージョン。 もはやボールの形とは関係なしに、土管やらカーブミラー、どでかいガスタンクやらに変化させている。

アドリブ・ドライブ 幡場弾吾
デッド・オア・ストライク
第21話初登場。 投げた球がボールから連想された物へとランダムへと変化する魔球。 作中ではスイカやラグビーボール、サッカーボールなどに変化している。 変化前にボールを打たれのが弱点。 また魔振としても使用が可能で、打った球を変化させる。 1試合で50回ほど使用可能。

遠心全力砲 初月和希
デッド・オア・ストライク
第35話初登場。 低い体勢で踏ん張り、遠心力を利用してバットを振るう魔振。 打球は鋭い回転をし、加えて小刻みに公転しており二重螺旋となっている。 それゆえに守備は取りづらい。 魔球としても使用可能で、この場合は全身の遠心力を利用して 強力なボールを投げる。

遠心火鉢 初月和希
デッド・オア・ストライク
第45話初登場。遠心力を利用してバットを振るう魔振。 さらに回転力によって球を発火させることが可能。

ムーンサルト 初月和希
デッド・オア・ストライク
第16話初登場。 バットに球がぶつかった勢いで空中へと吹き飛ばされるが、 空中でムーンサルトするように捻りながらバットを振るうことで 球の勢いを反転させて打つ。

コールドプレシ 飛車橋角成
デッド・オア・ストライク
第54話初登場。 投げた球が巨大な氷山となる魔球。

ジャイアントバックホーム 蕨川力
デッド・オア・ストライク
第45話初登場。 巨体のパワーを駆使して使用するバックホーム。

ジャイアントフルスイング 蕨川力
デッド・オア・ストライク
第37話初登場。 パワーのある強力なスイングをおこなう魔振。 打球も凄まじく重い。

フライング・ボディ・アタック 蕨川力
デッド・オア・ストライク
第50話初登場。 相手の打球によってゴロで内野が外野まで吹き飛ばされたので、 ボールを持った内野手ごとバックホームをおこなうというもの。

遠心放電閣 初月和希&長宗我部武市
デッド・オア・ストライク
第40話初登場。 長宗我部が投げた電撃をまとったボールを初月が 遠心全力砲によって打つことによって、魔球の電撃を 吹き散らして広範囲に効果を発揮させる。

グレイトエスケイプ
デッド・オア・ストライク
第22話初登場。 打った打球が地を這ってまるで生き物のように守備から逃げていく魔振。

脱兎ラン
デッド・オア・ストライク
第56話初登場。 打った球が物凄いイレギュラーのように跳ねてしまう魔振。

トリプルアクセル投げ(スロー)
デッド・オア・ストライク
第56話初登場。 氷のフィールドを利用してトリプルアクセルしてから 送球をおこなう。

ドン・キホーテ
デッド・オア・ストライク
第13話初登場。 守備さえも吹き飛ばす強力な打球を飛ばす魔振。

蝶々乱舞
デッド・オア・ストライク
第36話初登場。 まるで蝶のように打った球がブレていく魔振。

爆竹丸
デッド・オア・ストライク
第36話初登場。 打った球の周囲が爆竹が弾けるように炸裂する魔振。

フィーバーボール
デッド・オア・ストライク
第58話初登場。 天井が3mの高さという特殊なフィールドで使用された魔振。 打った球が勢いよくピンボールのように上下へと乱反射する。

ワイルドスピン
デッド・オア・ストライク
第56話初登場。 打った球にシャフトが横に刺さり左右にタイヤが展開され 転がっていく魔振。


TOPへ