あしたのナオコちゃん  [必殺技辞典]

TOPへ

忍法ビデオソフト情報 おかわりシスターズ
あしたのナオコちゃん
単行本1巻「ナオコとヒデミの忍者物語」で登場。ボンド忍者・トイタのイヨの助っ人として登場したおかわりシスターズ(マツオハズミとヤマザキミキ)による忍法。当時の人気深夜番組「オールナイトフジ」のビデオソフト情報コーナー風に環境ビデオを流して油断させた後にエッチなビデオの映像を流し、相手が恥ずかしがっている隙に手裏剣ではなくビデオテープを投げる。(小浜太介さんより)

木ノ葉隠れの術(芸映忍法木ノ葉隠れの術) カワイナオコ、イシカワヒデミ
あしたのナオコちゃん
この漫画に何度も登場した技で、基本的には「木ノ葉を使って姿をくらますも、その場から動けない」と言う展開になる事が多い。技の内容が少し異なる場合もあり、第1巻の「ナオコちゃん木の葉隠れ」では巨大な木ノ葉で身を隠すも追手の忍者にはあっさりとバレていた。また、同じ第1巻の「忍者のナオコちゃんA」でナオコちゃんが使用した際は「芸映忍法木ノ葉隠れの術」と言う技名になっていた(「芸映」は連載当時河合奈保子さんが所属していた芸能事務所)(小浜太介さんより)

すいとんの術 カワイナオコ
あしたのナオコちゃん
単行本1巻「ナオコの水とんの術@」で登場。敵の忍者に囲まれた際にすいとんを作り、それを忍者にふるまった。(小浜太介さんより)


TOPへ