アタックNo.1 [必殺技辞典]

TOPへ

竜巻おとし 鮎原こずえ
アタックNo.1
青葉高校との対決で偶然出来た必殺技。 スパイクを天井に打つことによって、高く上がったボールが相手のコートにカーブしながら 落下していくというもの。 当初は、スパイクとして放っていたが、 ジャンプしない方が安定して使用できるために、 主にサーブ技として使用されることになった。 ネーミングはマスコミが勝手につけたと思われる。

電光スパイク 鮎原こずえ
アタックNo.1
早川みどりがアタックをすると見せかけ、 どこからともなく飛び上がった 鮎原こずえが電光石化のスパイクを繰り出す。 スピードこそ凄いが、相手にレシーブされると 簡単にボールが上がってしまう。 名称は観客たちがつけたもの。

逆回転サーブ 早川みどり
アタックNo.1
高く上げたボールの下部分をこするように サーブすることで、 回転がかかったボールが相手コートから ネット側に戻るような軌跡をとる。 腕に負担がかかってしまうために多用はできない。

イナズマ攻撃 八木沢三姉妹
アタックNo.1
トスに対して、 アタッカー2人が同時に 飛びあがって、どちらか一人が真横にトスに すると共に即座にもう1人がスパイクする技。 相手にはどちらのアタッカーが打ってくるか 分からない上に、フェイントとして横へのトスを おこなわいで直接スパイクする場合もある。 弱点は多用すると体力の消耗が激しい。

三位一体 八木沢三姉妹
アタックNo.1
八木沢三姉妹が放つコンビネーション技。 弱点は3人が前衛にいないとならないのと、 体力を消耗すること。

大ボールスパイク 山本操
アタックNo.1
回転数がないスパイクを放つ ことによって、通常より重い打球を飛ばす。 その威力は富士見高校の面々を負傷させるほどの威力を見せた。 練習試合で技を見せつけてしまったために、 試合では対策を取られて、破られてしまう結果になる。

変化球スパイク(回転スパイク) 鮎原こずえ&大沼みゆき
アタックNo.1
大沼が回転をかけたトスを上げて、 それを鮎原が回転をかけたスパイクを 打つ合体技。 当初は成功率がかなり低かったが、 練習によって成功率もアップするようになった。 名称は回転スパイクと呼ばれることもある。

木の葉おとし 早川みどり、鮎原こずえ、泉ゆり
アタックNo.1
トスを高く上げ、 腕をバックスイングを大きく取り、 他のサーブよりもやや低い位置で、 平手で巻きこむようにして打つサーブ。 これによって落下するような球を打つ。 元々は泉ゆりが使用してきたものだが、 大学生チームに打ち方を教えてもらうことによって 早川みどり、鮎原こずえも打つことが可能になった。 以降、主に早川の必殺技として定着する。


TOPへ