七つの大罪  [必殺技辞典]

TOPへ

無駄(ベイン) アーデン
七つの大罪
第138話初登場。 自身の魔力をまとわせた武器で相手を傷つけることによって、 傷つけた相手の魔力の消耗量を倍増させる。 矢を5本刺せば、通常の5倍となる。

無慈悲な太陽(クルーエル・サン) エスカノール
七つの大罪
第185話初登場。 小規模な太陽のようなものを生み出す魔法。 その威力は周囲にいるだけで、鎧が溶けてしまうほどの熱量。

天上天下唯我独尊(ザ・ワン) エスカノール
七つの大罪
第231話初登場。 正午に自身の力がピークとなり、1分だけ無敵状態になることが出来る。

太陽(サンシャイン) エスカノール
七つの大罪
第150話初登場。 炎よりも熱いものを放出する魔力。

微塵斬り(スーパースラッシュ) エスカノール
七つの大罪
第231話初登場。 斧を振るうことによって、大規模な一撃を繰り出す。

聖剣エスカノール エスカノール
七つの大罪
第231話初登場。 いわゆる手刀だが、その威力は魔神さえも切り裂くことが可能。

炸裂する傲慢(ブライド・フレア) エスカノール
七つの大罪
第185話初登場。 「無慈悲な太陽(クルーエル・サン)」を炸裂させる。 一瞬で湖を蒸発させるくらいの威力はある。

暗黒回帰(ブラックアウト) エスタロッサ
七つの大罪
第185話初登場。 闇によって対象を喰らうことが出来る。

反逆剣(リベリオン) エスタロッサ
七つの大罪
第177話初登場。 無数の剣を生み出すことが出来る。

健やかなれ エリザベス
七つの大罪
第230話初登場。 強力な毒さえも一瞬で中和することが出来る。

安らかなれ エリザベス
七つの大罪
第230話初登場。 瘴気を帯びた巨大な蛇も元々の 小さいサイズの蛇に戻してしまっている。

金色の逆鱗(こんじきのげきりん) エレイン
七つの大罪
第163話初登場。 相手を押しつぶすほどの強力な風を起こす魔法。

そよ風の逆鱗 エレイン
七つの大罪
第147話初登場。 風を巻き起こすことが出来る。 高所から落下した際の勢いを殺すことぐらいは可能。

追撃のつむじ風 エレイン
七つの大罪
第229話初登場。 無数の風を伸ばして攻撃をおこなう。

全風の逆鱗(まんぷうのげきりん) エレイン
七つの大罪
第142話初登場。 対象を吹き飛ばす程の強力な突風を巻き起こす。

嵐瀑布(テンペスト・フォールス) エレイン
七つの大罪
第230話初登場。 巨大な竜巻を無数に発生させることが出来る。 自身への負担も大きいようである。

臨界突破(クリティカルオーバー) ガラン
七つの大罪
第149話初登場。 自身の武力を極限まで高めることが出来る魔力。 ただし使用すると魔力が切れるまで暴走状態になってしまう。

惨散斬 ガラン
七つの大罪
第128話初登場。 空中に飛び上がって高速で連続で剣を振るうことで 大量の剣圧を飛ばす。

伐娑利(ばっさり) ガラン
七つの大罪
第144話初登場。 槍を振るって対象を一刀両断にする。 大地も大きく真っ二つにする威力がある。

紊粗断(ぶんざらだん) ガラン
七つの大罪
第135話初登場。 武器を周囲に大きく振り回して攻撃をおこなう。

邪息(エビルブレス) カルマディオス
七つの大罪
第202話初登場。 口から吐き出す禍々しいブレス。

爆発(エクスプロージョン) ギーラ
七つの大罪
名称は第23話初登場。 爆発を自在に発揮させることが出来る魔力。

キラーマイン ギーラ
七つの大罪
第45話初登場。 地雷のように爆発するものを地中に無数に埋め込む魔法。

ショット・ボム ギーラ
七つの大罪
第25話初登場。 「爆発(エクスプロージョン)」の魔力を使った攻撃で、 無数の火炎弾を飛ばして着弾と共に爆発を巻き起こす。

チェイン・エクスプロージョン ギーラ
七つの大罪
第42話初登場。 大量の火炎弾を飛ばして攻撃をする。 発射された火炎弾は空中に固定され、一つが爆発すると そのまま連鎖するように他の火炎弾も爆発を巻き起こす。

ドリフト・ボム ギーラ
七つの大罪
第24話初登場。 小さな火種のようなものを飛ばして 着弾と共に「爆発(エクスプロージョン)」の魔力によって 爆発を巻き起こす。

ブリリアント・デトネーション ギーラ
七つの大罪
第25話初登場。 「爆発(エクスプロージョン)」の魔力を使った攻撃で、 巨大な火炎球を作り出し、そこから超大量の火炎弾を 炸裂させる。

幻聴(ホロウサウンド) ギャノン
七つの大罪
外伝初登場。 指定した場所に音を発生させることが出来る魔力。 自身ではショボイ魔力という自己評価となっている。

雷帝(サンダーボルト) ギルサンダー
七つの大罪
第66話初登場。 電撃を操ることが出来る魔力。

雷帝の重鎧 ギルサンダー
七つの大罪
第133話初登場。 雷の魔力によって、盾と鎧を生み出して纏う技。

雷帝の粛正 ギルサンダー
七つの大罪
第66話初登場。 「雷帝(サンダーボルト)」を駆使して、広範囲に電撃を放出する。 周囲の仲間にまでエネルギーの余波を飛ばす。

雷獣の追走 ギルサンダー
七つの大罪
第78話初登場。「雷帝(サンダーボルト)」を駆使して、 獣の形をした雷撃を2つ飛ばす。時間差で飛ばすことによって 相手のカウンターに対応することも出来る。

雷帝の剣(つるぎ) ギルサンダー
七つの大罪
第81話初登場。 剣に強力な雷をまとわせる。

雷帝の鉄槌 ギルサンダー
七つの大罪
第78話初登場。「雷帝(サンダーボルト)」を駆使して、 落雷と共に斬撃を繰り出す必殺技。

雷神の抱擁 ギルサンダー
七つの大罪
第133話初登場。 雷の魔力を相手に連続して浴びせ続けさせる技。

雷鳴斬 ギルサンダー
七つの大罪
第79話初登場。 全身に雷の魔力をまとった状態で突進をおこない 剣で突きを繰り出す必殺技。

養分凝縮(コンデンスパワー) キング
七つの大罪
第134話初登場。 木に含まれてる水分を凝縮させて、 まるで鉄のような硬度にさせて自在に操り 攻撃をおこなう。

状態促進(ステータスプロモーション) キング
七つの大罪
第134話初登場。キングが持つ厄災(ディザスター)の魔力。 切り傷を一瞬で悪化させたり、毒を猛毒にさせたり、小さな腫瘍を増大させることが出来る。

踊る妖精(ダンシングフェアリー) キング
七つの大罪
アニメ版聖戦の予兆の2話初登場。 妖精族に伝わる戦いの舞で、両手の拳を連続で振るいながら突進をする。 生身のキングは弱いので威力はない。

飛び回る蜂(バンブルビー) キング
七つの大罪
第19話初登場。 槍を縦横無尽に飛び回らせて攻撃をおこなう必殺技。

炸裂する刃雨(ファイトファイア・ウィズファイア) キング
七つの大罪
第58話初登場。 大量の刃を魔力で操って雨のように降らせて攻撃をする。

フリージングフィールド グスタフ
七つの大罪
第190話初登場。 冷気を発して対象を凍りづけにする魔法。

吹雪乱舞(ブリザードアクセル) グスタフ
七つの大罪
第94話初登場。 「殺しの氷山(キラー・アイスバーグ)」の氷山を 一気に粉々に砕いてから嵐のように旋回させて切り刻む攻撃。

障壁(ウォール) グリアモール
七つの大罪
第32話初登場。魔力によって障壁を展開させる。 小さく出したり、自身を覆うように球状に展開にさせたりすることが可能。 その防御力は生半可な物理や魔法攻撃なら全く通用しない。

完全なる独房(パーフェクトシェル) グリアモール
七つの大罪
第44話初登場。 対象を魔力障壁によって包み込んで閉じ込める。 地上へ降り注ぐ星屑さえも破壊することは出来ないらしい。

長方形の盾(ロングシールド) グリモワール
七つの大罪
第123話初登場。 目の前に横にした長方形の形をしたシールドを展開させる魔力。

五分の魂群 グレイロード
七つの大罪
第191話初登場。 口の中から大量の蟲を放出して攻撃をおこなう。

呪縛怨鎖 グレイロード
七つの大罪
第174話初登場。 相手を鎖で捕らえることによって、 その場所から離れることが出来なくなってしまう呪い。

五識是空(ファイブロスト) グレイロード
七つの大罪
第191話初登場。相手に光の球を当てることによって 五感を失わせることが出来る。

呪蔓樹 グロキシニア
七つの大罪
第172話初登場。 巨大な植物の蔓のバケモノを生み出す。

生命の雫 グロキシニア
七つの大罪
第162話初登場。 霊槍バスキアスの第七形態「月の華(ムーンローズ)」からの 一滴の雫が対象を癒やす。体を貫かれるような致命傷のダメージでも 瞬時に回復している。

侵入(インベイション) ゴウセル
七つの大罪
第57話初登場。 エネルギーの矢のようなものを射ることによって、 対象に幻を見せることが出来る魔力。

傀儡乱れ撃ち(ガトリング・ジャック) ゴウセル
七つの大罪
第170話初登場。 大量の魔力の矢を発射する。 おそらく命中させた相手を傀儡状態にさせると思われる。

検索の光(サーチライト) ゴウセル
七つの大罪
第59話初登場。 光の欠片を対象に刺すことによって相手の記憶を読むことが出来る能力。

傀儡縛り(ジャック) ゴウセル
七つの大罪
第169話初登場。 相手の体を魔力で包み込んで、体の自由を奪う。

悪夢語り(ナイトメア・テラー) ゴウセル
七つの大罪
第70話初登場。相手へ悪夢を見せることが出来る能力。

傀儡返し(ハイ・ジャック) ゴウセル
七つの大罪
第113話初登場。 作中ではディアンヌが「双子の巨像(フィレ アンド ロース)」によって 生み出した巨人のコントロールを奪い取っている。

大停電(ブラックアウト) ゴウセル
七つの大罪
第112話初登場。 神器「双弓ハーリット」を駆使して、 自身を中心に半径3マイル以内の全生物の思考を停止させることが出来る。 気力が高いものには効果がないようである。

大停電の矢(ブラックアウトアロー) ゴウセル
七つの大罪
第170話初登場。 双弓ハーリットを自動追尾モードにして放つ一撃。

神経切断(ブレーカーオフ) ゴウセル
七つの大罪
第230話初登場。 相手の神経を短時間だけ完全に切断してしまう。 作中では10秒で使用している。

光矢伝達(ブロードキャスト) ゴウセル
七つの大罪
第98話初登場。 光を飛ばして、それによって自身の意思を 相手に一瞬で伝達することが出来る。 多人数でも可能。

瘡蓋の記憶(リライト・ライト) ゴウセル
七つの大罪
第64話初登場。 神器「双弓ハーリット」から無数にいられる魔力の矢によって 記憶を上書きさせることが出来る。簡易的なものであれば記憶の矛盾などに気づけば 元に戻ってしまう。またこの技にかかっていた際の記憶は消去される。

消えゆく彼岸(ロストワールド) ゴウセル
七つの大罪
対象の記憶を消すことが出来る。 作中ではディアンヌが七つの大罪に入る以前の記憶まで消し去っている。

サイモン
七つの大罪
第94話初登場。 太刀を後方へ振りかぶるように構え、円の軌跡を 描くようにして振るう。

雷神剣 ザラトラス
七つの大罪
第192話初登場。 全身に雷をまとって高速で移動しながら斬撃を繰り出す。

雷神の粛清 ザラトラス
七つの大罪
第192話初登場。 強力な雷を降らせて攻撃をおこなう。

雷神の閃動 ザラトラス
七つの大罪
第193話初登場。 全身に雷をまとって高速で移動をおこなうことが出来る。

神速之十閃 ジェリコ
七つの大罪
第42話初登場。 剣を一太刀させると共に一瞬で剣閃を大量に走らせて攻撃をする。

神速之断骨 ジェリコ
七つの大罪
第66話初登場。 高速で移動をしながら攻撃を繰り出す。

威圧(オーバーパワー) スレイダー
七つの大罪
第69話初登場。 相手を威圧することによって、一瞬だけ体の反応を鈍らせる。

修羅の怨讐 ゼルドリス
七つの大罪
第226話初登場。 死者の怨念を利用して生み出したアンデットの 攻撃力&防御力&魔力の耐性などをアップさせる死霊強化の法。

絶対強制命令(アブソリュートオーダー) チャンドラー
七つの大罪
第238話初登場。闇の契約によって 対象に強制的に命令を与えることが出来る。

怨恨刃(えんこんじん) チャンドラー
七つの大罪
第239話初登場。 三日月状のエネルギーの刃を飛ばして攻撃をおこなう。

真紅の葬送(クリムゾンレクイエム) チャンドラー
七つの大罪
第238話初登場。 大地を融解させるほどの強力な熱を発する。

竜爪(ドラゴンファング) チャンドラー
七つの大罪
第238話初登場。 杖から巨大なドラゴンの爪のような形をしたエネルギーを放出する。

極微(ミクロスコピック) チャンドラー
七つの大罪
第237話初登場。 対象のサイズを人形のようにしてしまう。 巨人族さえも一瞬で小さくしてしまう。

隕星(メテオワークス) チャンドラー
七つの大罪
第237話初登場。 いわゆる隕石を無数に降らすことが出来る魔法。

砕破(ギガクラッシュ) ディアンヌ
七つの大罪
第202話初登場。 大量の岩石を飛ばして攻撃をおこなう。

縛錠(ギガピック) ディアンヌ
七つの大罪
第202話初登場。 巨大な岩の腕によって対象を包み込むようにして動きを封じる。

大地の剛剣(グラウンドグラディウス) ディアンヌ
七つの大罪
第66話初登場。 地面から超巨大な剣を隆起させる必殺技。

創造(クリエイション) ディアンヌ
七つの大罪
第22話初登場。地と密接した巨人族が駆使する魔力。 地面を自在に操ることが出来る。

乱撃衝(クレイジーラッシュ) ディアンヌ
七つの大罪
第199話初登場。 地面を操って大量の腕の形をした地面を隆起させて、 一斉に襲いかからせる。

砂の渦(サンドワール) ディアンヌ
七つの大罪
第22話初登場。 地面を柔らかい砂に変化させ、相手を蟻地獄のように飲み込む。

双拳(ダブル・ハンマー) ディアンヌ
七つの大罪
第92話初登場。 岩で作られた巨大な拳が相手を左右から挟み込んで攻撃をする。

ドロールの舞い ディアンヌ
七つの大罪
第228話初登場。 巨人族である自身が舞うようにしながら 鉄槌を振り回す。

双子の巨像(フィレ アンド ロース) ディアンヌ
七つの大罪
第113話初登場。 岩石によって人間の数十倍のサイズはある巨人を 同時に2体生み出して攻撃をさせる。

土人形(フレンズ) ディアンヌ
七つの大罪
第167話初登場。自身の友人の形をゴーレムとして再現させる。 具体的なイメージがある分、通常のゴーレムより強力となっている。 細かい点とかは適当らしい。

重金属(ヘビメタ) ディアンヌ
七つの大罪
第38話初登場。 自身の体を金属のように変化させることが出来る。 使い手によって硬さがことなり、レベルが高ければダイヤモンド級の硬度になることも可能らしい。

大地の怒号(マザー・カタストロフィ) ディアンヌ
七つの大罪
第49話初登場。 巨人族であるディアンヌが神器(デギオン)であるハンマーを叩きつけることによって、 地面を大きく吹き飛ばす。同時に大量&巨大な地面の破片を大量に撒き散らす。

昇天隕石(ライジング・メテオ) ディアンヌ
七つの大罪
第95話初登場。 神器「ギデオン」を振り上げると共に 巨大な星形に隆起させた地面を空高くまで 打ち上げて敵ごと吹き飛ばす必殺技。

千の礫(ラッシュ・ロック) ディアンヌ
七つの大罪
第99話初登場。 大量の岩を一斉に飛ばして攻撃をおこなう。

絶望の毒(デスペアー・ベノム) デール
七つの大罪
第56話初登場。 口から溶解性のある毒の液体を吐き出す。

氷結停止(フローズンブレス) デール
七つの大罪
第56話初登場。 口から冷気を吐き出して凍結させる。

毒唾(ベノムスピット) デール
七つの大罪
第58話初登場。 毒の唾を吐き出して攻撃をおこなう。

旋律(メロディ) デスピアス
七つの大罪
第153話初登場。 魔力のテンポ、強弱、速度を自在に操ることが出来る。

連撃星(コンポスター) デリエリ
七つの大罪
第174話初登場。 自身の連続攻撃が当たる度に、20万ポンドの重さが上乗せされるという魔力。 このコンボで50発以上耐えたのは2人しかいないという。

衝動(ラブドライブ) デルドレー
七つの大罪
第138話初登場。 ちょっとした好意を熱烈な愛情に変化させることが出来る魔力。 対象の体と思考の自由を奪ってしまう。

死人の復讐(デッドマンリベンジ) デンゼル
七つの大罪
第153話初登場。 相手に烙印を押すことで、その相手が 殺した者の亡霊に取り憑かれて狙われることになる審判(ジャッジメント)の魔力。

爆進(ブースト) ドゲッド
七つの大罪
名称は第168話初登場。 自身が強力な推進力を得て、移動をおこなうことが出来る。

爆進拳(ブーストハンマー) ドゲッド
七つの大罪
第190話初登場。 勢い良く突進をおこないながら両手の拳で突きを繰り出す。

天漢破獄刃 ドレファス
七つの大罪
第89話初登場。 自身の全魔力を凝縮させて、それを一気に解き放つ必殺技。

貫突 ドレファス
七つの大罪
第70話初登場。剣による強力な刺突を繰り出す。

砕貫(ブレイク) ドレファス
七つの大罪
第66話初登場。覇道への意志より生まれし魔力。 巨人さえも貫く強力なエネルギー波。

崩撃 ドレファス
七つの大罪
第67話初登場。 巨人族さえも吹き飛ばすことが出来る強力な 剣の斬り上げ攻撃。

羅貫 ドレファス
七つの大罪
第67話初登場。 剣を前に突き出して、貫通性のあるエネルギーを放出する。

流撃 ドレファス
七つの大罪
第192話初登場。剣をおもいっきり上から叩きつけて攻撃をする。

砕砕(ギガ・クラッシュ) ドロール
七つの大罪
第172話初登場。 魔力をまとわせた大量の岩を弾いて攻撃をおこなう。

大地の鎚頭(ギガピック) ドロール
七つの大罪
第173話初登場。 地面から巨大な大地の鎚を隆起させて攻撃をする。

落山(ギガ・フォール) ドロール
七つの大罪
第172話初登場。 空中高くまで飛ばした大量の岩を 一気に落下させて攻撃をおこなう。

巨神の抱擁(ギガント・エンプレス) ドロール
七つの大罪
第171話初登場。 地面の土砂で人間の数百倍サイズの巨大な手を作り出して 対象を捕らえる。

巨神の手甲(ギガントガントレット) ドロール
七つの大罪
第161話初登場。 地面を隆起させることによって、巨大な岩の手を作り出す。

占盤術 ドロール
七つの大罪
第162話初登場。 地面の一部を切り取って足場にして浮かしている。

居合"無情の滝" ナナシ
七つの大罪
第178話初登場。対象を縦に一刀両断にする居合の技。

聖櫃(アーク) ネロバスタ
七つの大罪
第187話初登場。 光の粒子によって対象を分解する魔力。 女神族特有のもの。

グルグルタイフーン ハウザー
七つの大罪
第132話初登場。 幼き頃のハウザーが繰り出した技で、 小規模な竜巻を発生させている。

スーパーサイクロン ハウザー
七つの大罪
第38話初登場。 「暴風(テンペスト)」の魔力を使って、超巨大な竜巻を発生させる。 ハウザーが使用する最大の風の技。

ライジングトルネード ハウザー
七つの大罪
第37話初登場。 アッパーと共に竜巻を巻き上げる。 地面ごと上空へと吹き飛ばす。

ワール・ショック ハウザー
七つの大罪
第38話初登場。 「暴風(テンペスト)」の魔力を使って、 目の前に渦状の風を展開して攻撃をする。 並の人間なら殺してしまう程の威力のようである。

火炎(ブレイズ) バルザド
七つの大罪
第39話初登場。 手から火炎を放出して攻撃をおこなうことが出来る魔力。

強奪(スナッチ) バン
七つの大罪
第24話初登場。 手を触れずとも、対象を動かすことが出来る魔力。 また一時的ではあるが対象の身体能力を奪って自分のものにすることも可能。

絶気配(ゼロサイン) バン
七つの大罪
第176話初登場。 自身の気配を断つことが出来る。

バニシング・キル バン
七つの大罪
第99話初登場。 鋭い真空の刃のようなものを飛ばして攻撃をおこなう。

狩りの祭典(ハンターフェス) バン
七つの大罪
第144話初登場。 自身の半径数百フィート以内の全生物から 身体能力を強奪することが出来る魔力。 ただし強奪できる許容量は決まっており、効果の持続時間は短い。

身体狩り(フィジカルハント) バン
七つの大罪
第35話初登場。 「強奪(スナッチ)」の魔力を使って、 対象の身体能力を一時的に奪って自分のものすることが出来る。 使用すると後で体がダルくなるという副作用がある。

獲物狩り(フォックスハント) バン
七つの大罪
名称は第56話初登場。 鞭を使って対象を引き寄せる。

破壊の四大元素(デストロイ・フォー・エレメント) ビビアン
七つの大罪
第81話初登場。 火、水、土、風の魔力を同時に展開させ、 それを一つにまとめあげてから飛ばして攻撃をおこなう。

完璧なる立方体(パーフェクト・キューブ) ビビアン
七つの大罪
第80話初登場。 いかなる攻撃もよせつけないという空間。 無理な力を加えれば、攻撃したものに力は返ってくる。

魔力増幅(パワー・アンプリファイ) ビビアン
七つの大罪
第81話初登場。 その名の通り対象の魔力を増幅させることが出来る。

ファイヤーボール ビビアン
七つの大罪
アニメ版聖戦の予兆の4話初登場。 手から火炎球を放出して攻撃をおこなう。

凍結棺(フリーズ・コフィン) ビビアン
七つの大罪
第80話初登場。対象を一瞬で凍りづけにさせてしまう魔法。

曲がる空間(ベンド・ルーム) ビビアン
七つの大罪
第80話初登場。 空間を曲げることによって、直線的な攻撃も自在に変化させることが出来る。

ファイヤーボール ビビアン
七つの大罪
アニメ版聖戦の予兆の4話初登場。 手から火炎球を放出して攻撃をおこなう。

巨大化(フルサイズ) フラウドリン
七つの大罪
第194話初登場。 自身のサイズをまるで怪獣のように巨大化させることが出来る魔力。

嵐の輪舞(ストームロンド) フリージア
七つの大罪
第13話初登場。 鞭を振るうことで大量の甲虫を操って、その角や羽によって相手を切り裂く。

雨の狂想曲(レイン・カプリチオ) フリージア
七つの大罪
超大量の虫達を自在に操ることが出来る。 虫たちは口から溶解液のようなものを吐き出す。

付呪"風の耐性"(エンチャント レジストウインド) ヘルブラム
七つの大罪
第69話初登場。風に対して耐性を得ることが出来る。

付呪"炎の耐性"(エンチャント レジストファイヤ) ヘルブラム
七つの大罪
第69話初登場。炎に対して耐性を得ることが出来る。

殺しの氷山(キラー・アイスバーグ) ヘルブラム
七つの大罪
第71話初登場。 山のごとく巨大な鋭い氷の塊を飛ばして攻撃をする術。

地獄の呼び声(コール・オブ・インフェルノ) ヘルブラム
七つの大罪
第71話初登場。周囲に黒い霧を展開させる術。 これは死(デス)の魔力であり吸い込んだものを、徐々に死に至らしめる。

防壁膜(ハードプロテクション) ヘルブラム
七つの大罪
第72話初登場。 全身を魔力の膜のようなもので包み込んで防御力を高める。

狩玉(ハンターウィスプ) ヘルブラム
七つの大罪
第48話初登場。 無数の魔力球のようなものを自在に操って飛ばして着弾と共に大爆発を巻き起こす。

付和雷同(ブラインド・フォロー) ヘルブラム
七つの大罪
第74話初登場。 同調した相手から強制的に魔力を付与してもらう。

雹弾(ヘイルバレット) ヘルブラム
七つの大罪
第66話初登場。 グスタフの「氷牙」の魔力を駆使して、 大量の氷の塊を飛ばす。

同調(リンク) ヘルブラム
七つの大罪
第48話初登場。 自身に同意してくれた人間の魔力を借りて、使用することが出来る。 一度に数十人分の魔力を一気に使用することも可能。

腐蝕(アシッド) ヘンドリクセン
七つの大罪
名称は第87話初登場。 対象につけた傷口を侵食させていく、術者を倒すか魔力を解かない限り いずれ全身が壊死してしまう。

万物の腐壊(アシッドダウン) ヘンドリクセン
七つの大罪
第89話初登場。 自身を中心に周囲に腐敗の力を放出する技。

腐食の塔(アシッドタワー) ヘンドリクセン
七つの大罪
第192話初登場。 「腐食」の魔力を使って対象を攻撃する。

黒雪(ダークスノウ) ヘンドリクセン
七つの大罪
第94話初登場。周囲に黒き雪を降らせるというもの。 触れたものは全身を真っ黒に染めて、一瞬で死んでしまう。

暗黒の環(ダークネビュラ) ヘンドリクセン
七つの大罪
第97話初登場。 自身を中心にドーム状に死のエネルギーを広げる。

黒死(デッド・エンド) ヘンドリクセン
七つの大罪
第95話初登場。 巨大な黒き球体を作り出して、それを飛ばして触れた者を死に至らしめる。
「闇夜さえも呑み込む漆黒にその身を喰われろ!」

浄化(パージ) ヘンドリクセン
七つの大罪
第123話初登場。 自然ならざる魂を消去することが出来るドルイドの秘術。 ギルサンダーの父親も生前は使用していたようである。

獄炎の怒号(ヘルブレイズスクリーム) ヘンドリクセン
七つの大罪
第75話初登場。 魔力によって黒き炎を展開させて、 それを広範囲に放出する必殺技。

アトミックチョリソー ポーク
七つの大罪
第240話初登場。 相手を後ろ足で蹴りつけて攻撃をおこなう。

皿ナメ(オールクリーン) ホーク
七つの大罪
第239話初登場。 対象を舌でナメまくる本人いわく超・秘奥義。相手を不快にさせる効果はある。

スーパー・ホーク・イリュージョン ホーク
七つの大罪
第45話初登場。 勢いよくダッシュして突進をおこなう子豚の攻撃。

スーパー・ロース・イリュージョン ホーク
七つの大罪
第169話初登場。 豚である自身が無数に残像が発生するようなフットワークから 繰り出される突進。

チョリソーストライク ホーク
七つの大罪
第226話初登場。 両方の前足の部分で連続でパンチを繰り出して攻撃をおこなう。

変身(トランスポーク) ホーク
七つの大罪
第157話初登場。 魔力を持った生物を食べることによって、その生物の能力や特性を得ることが出来る魔力。 排泄によって出すものを出せば元に戻ってしまう。

フォゲット・ミール ホーク
七つの大罪
第76話初登場。 自身の気配を消した状態から、相手の死角より 不意を繰り出すという本人曰く禁断の超必殺技。

ローリング・ハムアタック ホーク
七つの大罪
第45話初登場。 ブタながらアクロバティックな動きと共に突進をおこなう。

水の衣(アクアドレス) マーリン
七つの大罪
番外編にて登場。水を体に巻きつけて水着のようにする。 光の屈折で透けることはなく、炎にも強い。

絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル) マーリン
七つの大罪
第84話初登場。対象を消し去ることが出来る力。 いかなる攻撃を避けつけないという「完璧なる立方体(パーフェクト・キューブ)」も消し去っている。

無限(インフィニティ) マーリン
七つの大罪
第191話初登場。自身が持つ魔力。 炎を放てば無限に燃え続け、凍らせれば無限に凍らせることが出来る。 時間さえも止め続けることが可能。自身が解除しない限りは効果は持続する。

波竜(ウェーブドラゴン) マーリン
七つの大罪
番外編にて登場。 大量の水を竜の形に変化させて操る。

殲滅の光(エクスターミネイトレイ) マーリン
七つの大罪
第191話初登場。 強力なレーザーのような光を放出する。

終わりなき渦(エンドレス・ワール) マーリン
七つの大罪
第191話初登場。「無限」の魔力によって、 巨大な渦を回転し続ける。

呪いの婚約(カオスエンゲージ) マーリン
七つの大罪
アニメ版聖戦の予兆の4話初登場。 相手に呪いの指輪を強制的にはめる。 パスワードのような呪文を唱えることによって、指輪をはめられたものに 苦痛を与える。またパスワードを唱えたものに危害や魔力を行使しようとしても 苦痛を与える。苦痛を重ねるごとに指輪からアザが広がっていき、全身まで到達すると死亡してしまう。

衝撃の尾針(ショックスティンガー) マーリン
七つの大罪
第233話初登場。 エネルギーの針を飛ばして命中させた相手の意識を奪う。

イカの丸焼き(ファイアストーム) マーリン
七つの大罪
番外編にて登場。巨大イカを丸焼きにするために使用した炎。

魔力封じ(マジックシール) マーリン
七つの大罪
第237話初登場。 対象の魔力を封じることが出来る。

獄握 マトローナ
七つの大罪
第127話初登場。 相手の周囲に大量の岩石の欠片を展開させ、 一斉に全方向から襲いかからせて、 球状にして閉じ込める。

砕破 マトローナ
七つの大罪
第127話初登場。 大量の岩石の欠片をまるで雨のごとく 飛ばして攻撃をする。

流撃掌 マトローナ
七つの大罪
第155話初登場。 地面に掌底を繰り出すことによって、 震動が波紋のように広がり、伝わるものを砂へと変化させる。

重力×10(グラビティーテン) マルマス
七つの大罪
第43話初登場。一定範囲に強力な重力場を展開させる。

重力×30(ハイパーグラビティ) マルマス
七つの大罪
第98話初登場。 「重力×10」より強力な重力を範囲内に浴びせる魔法。

暗澹の繭(あんたんのまゆ) メラスキュラ
七つの大罪
第145話初登場。 対象を黒きドームのようなもに閉じ込めることが出来る。

招来魂 メラスキュラ
七つの大罪
第176話初登場。 対象の魂を抜くことが出来る。

蛇毒散腐(デッドリーポイズン) メラスキュラ
七つの大罪
第230話初登場。 大蛇の口の部分から強烈な毒を吐き出す。 触れるor蒸気を吸っただけでも死んでしまう。

カウンターバニッシュ メリオダス
七つの大罪
第39話初登場。 自身に飛ばされてきた攻撃魔法などを消失させることが出来る技。

神千斬り メリオダス
七つの大罪
第81話初登場。 武器に黒炎をまとわせた状態で斬りつけて攻撃をおこなう。

実像分身 メリオダス
七つの大罪
名称は第119話初登場。 神器「ロストヴェイン」の特性で、自身の分身を実体として 一定時間生み出すことが出来る。分身は作れば作るほど弱くなってしまい、 1体だけ生み出すなら本体の半分程度のパワーで、4体作れば1/4になってしまう。

全反撃(フルカウンター) メリオダス、エスタロッサ、チャンドラー
七つの大罪
第22話初登場。メダリオスのは 自身に向けられた攻撃的魔力を倍にして返すことが出来る魔力。 自身からは仕掛けることが出来ない。
エスタロッサが使用するのは物理的攻撃に対して、 倍以上に跳ね返すことが出来る。元々はチャンドラーがメリオダスに教えたもの。

獄炎(ヘルブレイズ) メリオダス
七つの大罪
第56話初登場。 武器などに黒き炎をまとわせて攻撃をする。

リベンジ・カウンター メリオダス
七つの大罪
第99話初登場。 あらゆる魔力に対して無防備になることによって、 その力を受け止めて自身にチャージする。 それによって自身をパワーアップさせる。 加減を間違えれば自滅する可能性がある危険な技。

灰燼龍 モンスピート
七つの大罪
第189話初登場。 人間の数百倍のサイズはあろうかという 巨大な龍の形をした炎を飛ばす。

獄炎鳥 モンスピート
七つの大罪
第128話初登場。 強大な魔力の塊を飛ばして攻撃をする。 通った軌跡に炎を迸らせる。 何百マイルに離れた10秒で到達する。

十字射撃(クロスシューティング) ディアンヌ&キング
七つの大罪
アニメ版聖戦の予兆の3話初登場。 ディアンヌが大地を操り大量の岩石の弾丸を飛ばして、 キングが霊槍を飛ばして攻撃をおこなう。

鉱樹オルドーラ ドロール&グロキシニア
七つの大罪
第241話初登場。 巨人族の数十倍はある程の巨大な 鉱物の樹によって対象を閉じ込める合体技。

天空の光弓(セレスティアルアロー) ゴウセル&キング
七つの大罪
第237話初登場。 巨大な光の弓矢を展開させる合体技。

雷竜の城(ドラゴンキャッスル) ギルサンダー&ハウザー
七つの大罪
第66話初登場。 電撃と竜巻の合体技で、巨大な黒い雷の竜巻を発生させる。

ボム・サイクロン ハウザー&ギーラ
七つの大罪
第68話初登場。 ハウザーの「ライジングトルネード」とギーラの「ショットボム」を合体させた技で、 爆発の竜巻を発生させる。互いに自己紹介をした後で使用したことから即興での技名のようである。

メタル・クラッシュ ディアンヌ&メリオダス
七つの大罪
第92話初登場。 ディアンヌの「双拳(ダブル・ハンマー)」で 相手の動きを封じた所に、メリオダスが剣で 一瞬でバラバラにする。

ウインドシューター
七つの大罪
第62話初登場。 無数の風の刃を飛ばして攻撃をおこなう。

オーラ・バースト
七つの大罪
第62話初登場。 2本の刃を振るいエネルギーの刃を飛ばす。

豪炎の呪陣
七つの大罪
第62話初登場。 炎のようなものを飛ばす攻撃。

召喚の輪(サモン・リング)
七つの大罪
第122話初登場。 巨大なリングから魔神を召喚させることが出来る。

識別(ディスクリミネイト)
七つの大罪
第68話初登場。 相手の魔力のタイプなどを人物を見ただけで分析することが出来る。

死神の息吹(デスブレス)
七つの大罪
第62話初登場。 大量の亡霊のようなものを飛ばして攻撃をおこなう。

鈍痛の霧
七つの大罪
第98話初登場。 霧を吸い込んだ相手に内部からダメージを与える魔法。 相手が強靭な肉体を持っていても、皮膚などから入り込む。

弾雨(バレットスコール)
七つの大罪
第62話初登場。大量の弾を雨のように降らして攻撃をおこなう。

暗緑鞭(プラントウィップ)
七つの大罪
第62話初登場。 巨大な木の根っこをまるで無数の鞭のように振るって攻撃をおこなう。

フリックストーン
七つの大罪
第62話初登場。 武器で地面を振るうことによって、大量の土砂を飛ばして攻撃をおこなう。


TOPへ